CUCURU(ククル) > ライフスタイル > お水と素材を求めて…産地でお店をオープン!愛知・豊田の隠れ家的名店『山武喜』

お水と素材を求めて…産地でお店をオープン!愛知・豊田の隠れ家的名店『山武喜』

愛知県・豊田市『山武喜』

画像:かねお友香

こだわりのお店を出すなら、一般的には駅前などのアクセスの良い場所を選びますよね。そして、食材は生産地から取り寄せるもの。

しかし今回ご紹介するお店は、おいしい水と食材がとれる生産地の近くに、お店をオープンさせたんだそう!

愛知県・豊田市にある、その名も『山武喜(やまぶき)』。そのこだわりと料理に迫りました。

■素材がいいから料理もおいしい!

『山武喜(やまぶき)』があるのは、学生の林間学校の場としても有名な『名古屋市稲武野外学習センター』のすぐ近く。自然豊かなエリアです。

愛知県・豊田市『山武喜』

画像:かねお友香

その豊かな自然は、お店のエントランスを見ても分かりますね。建物の後ろにはそびえたつ山々が見えるほど。

地元でとれた素材をふんだんに使用した料理がいただける山武喜。川魚料理を注文すると、エントランス右側の池から魚を釣り上げてお刺身にしてくれます。

愛知県・豊田市『山武喜』

画像:かねお友香

こちらは『いわなのお造り』(税別1,200円)。ぷりっぷりで、川魚特有の旨味が楽しめます。

愛知県・豊田市『山武喜』

画像:かねお友香

あまご料理も絶品です。とれたてのあまごは、街の中ではなかなか食べられませんね。もちろん塩焼きもありますよ。

川魚料理では、ご飯や味噌汁とのセットもあります。メニュー数が多いのも魅力ですよ。

愛知県・豊田市『山武喜』

画像:かねお友香

地元でとれる新鮮な素材で作られた『地材弁当』(1,600円)は、それぞれの料理がとても丁寧に作られていました。

 

■「名古屋コーチン」もおいしい!

料理の内容は、季節ごとに変わります。筆者自身も何度かお店に行ったことがありますが、料理の内容は毎回違います。そして、どの料理ももちろんおいしい!

愛知県・豊田市『山武喜』

画像:かねお友香

お店の近くには“名古屋コーチン”の生産地もあり、山武喜の料理にもよく登場します。石焼きのほか、たたきや味噌鍋も楽しめます。

名古屋コーチンを石板の上で焼くと、ふっくらおいしく、鶏皮もぱりっとして食べやすくなります。

愛知県・豊田市『山武喜』

画像:かねお友香

鍋物も多種類用意されています。こちらはきのこ鍋。10月の前半の数日だけは、何種類もの近くの山でとれたきのこだけで出汁をとったきのこ鍋があり名物です。

他の鍋も最後はおじやにしてもらえるのですが、おじやに使う卵も名古屋コーチンしか使いません。こだわっていますね。

 

■地域に愛されるお店

愛知県・豊田市『山武喜』

画像:かねお友香

店内には座敷席とテーブル席があり、広々としていて落ち着く空間。地元の人は、ランチなど普段の食事以外に、法事などにもよく使うそうで、地域に愛されていることがよく分かりますね。

年配のご夫婦が二人で切り盛りしているのですが、いつも店内に奥さんの元気な声が響いていますよ。

 

いかがですか?

おいしい料理のほか、こだわりのお水で淹れたコーヒーもいただけます。素敵なカップで食後のコーヒーを楽しんでくださいね。

<店舗情報>
山武喜(やまぶき)
住所:愛知県豊田市黒田町北水別732-1
アクセス:グリーンロード力石インターから約40分、国道153号線沿い
電話:0565ー82ー3780
営業時間:11:30~14:00、17:00~21:00
定休日:水曜日(祝日の場合は翌日休み)
駐車場:約20台

【画像】
※ かねお友香

※ この記事は、2018年11月時点の情報です。

Recommend今あなたにおすすめ