CUCURU(ククル) > グルメ > 名古屋にも「〆パフェ専門店」が!名駅近くに『イエロートマト』オープン

名古屋にも「〆パフェ専門店」が!名駅近くに『イエロートマト』オープン

名古屋駅『イエロートマト』

画像:のこ

みなさんは、“〆パフェ”をご存知ですか? 北海道・札幌では夜の定番となっているという、食事や飲み会後の締めにパフェをいただく〆パフェ。

そんな〆パフェ専門店『YELLOW TOMATO(イエロートマト)』が名古屋駅にひっそりオープンしました。ジェラートもシャーベットも自家製にこだわったケーキのようなパフェは、見た目を遥かに超える満足感です。

「あまりお客さんが増えると困る」ともおっしゃる店主から、そのこだわりを伺いました。

■夜遅くまで営業している〆パフェ専門店『YELLOW TOMATO』

名古屋駅『イエロートマト』

画像:のこ

〆パフェとは、締めのラーメンを楽しむ感覚でパフェを食べに立ち寄れる、夜まで営業しているパフェ専門店で、札幌では夜スイーツの定番です。

札幌まで出向いて研究を重ねた店主が、2018年7月に名古屋駅のほど近くにオープンしたのが、〆パフェ専門店イエロートマトです。

個性的なデザインと、こだわり抜いた自家製のジェラートをたっぷり使用したケーキのようなパフェが美味しいと、口コミで評判が広がっています。

名古屋駅『イエロートマト』

画像:のこ

店舗の外壁には大きな〆パフェの文字と、“YELLOW TOMATO”のロゴが印象的。写真を撮るのをお忘れなく!

名古屋駅『イエロートマト』

画像:のこ

店の前にある手作りの看板とメニューに、前を通りかかる人々が立ち止まって見入っています。

 

■すべて手作りを目指した自家製ジェラートの〆パフェ

名古屋駅『イエロートマト』

画像:のこ

イエロートマトでは、季節で品質にばらつきのある果物はあえて使用せず、自家製のジェラートをたっぷり使って、ケーキのような感覚でパフェを作っています。

すべて自家製でパフェを作ることを目指しており、ジェラート、アイスクリーム、パルフェ、クリームなど、たくさんの試作品からベストな組み合わせを見つけ出しているそう。

 

■材料は全12種類!妥協なしの『スーパーモンブランパフェ』

名古屋駅『イエロートマト』

画像:YELLOW TOMATO

この季節のおすすめが『スーパーモンブランパフェ』(1,600円)。上からマロンクリーム、焼きメレンゲ、マロンソフト、栗の甘煮、黒糖チュイル、マロンアイス、栗の甘煮、渋皮栗アイス、チョコスクランブル 、くるみ、なつめ蜜煮、チョコブラウニーと、なんと全部で12種類の材料が入っています。

しかも3種類入っている栗のアイスは全て自家製で、渋皮栗アイスは栗の粒の食感がたまらないのです。

材料をケチらずに本当に美味しいと思うものを商品にしているので、すべてに妥協がありません。まさに“スーパー”なモンブランパフェです!

 

いかがですか?

パフェのメニューを考えるときには、何度も試作品を作っては食べたときの組み合わせを確認して作り出しているそうです。

自家製にこだわっているため、大量に商品を作ることができません。売り切れ次第終了となります。

ひっそりオープンしてから約3ヶ月、口コミでじわじわその人気が広がっています。ぜひご自身で、こだわりの〆パフェの味を確かめてくださいね。

<店舗情報>
YELLOW TOMATO(イエロートマト)
住所:愛知県名古屋市中村区名駅4-13-5協栄ビル1F
営業時間:13:00〜23:30(L.O.23:00)
定休日:不定休

【画像】
※ のこ
※ YELLOW TOMATO

※ この記事は、2018年11月時点の情報です。