CUCURU(ククル) > グルメ > ちゃんとチーズが伸びる!流行りの「チーズハッドグ」を家で簡単に作る方法

ちゃんとチーズが伸びる!流行りの「チーズハッドグ」を家で簡単に作る方法

画像:大橋千珠

東京・新大久保をはじめ、今や名古屋・大須などでも人気の“チーズハッドグ”。チーズハッドグは韓国のチーズドックのことで、びよ〜んと伸びるチーズが入っているのが特徴的。

いろんなお店で食べることができますが、実は家でも簡単に作ることができるんです!

というわけで今回は、簡単な“チーズハッドグ”の作り方をご紹介します。

■材料は5つ!簡単ミニチーズハッドグの作り方

<材料>8個分

さけるチーズ・・・4本

ウインナー・・・・4本

ホットケーキミックス・・・150g

水・・・130cc

パン粉・・・適量

揚げ油・・・適量

びよ~んと伸びるチーズハッドグを作るには、さけるチーズが便利!

<作り方>

(1)さけるチーズを半分に切ります。

画像:大橋千珠

 

(2)ウインナーも半分に切ります。

画像:大橋千珠

 

(3)串にウインナー、チーズを刺します。串はチーズに全て刺すと割けてしまうため、1/3程度にしておくと良いですよ。

画像:大橋千珠

(4)ホットケーキミックスと水を混ぜて、(3)をくぐらせます。

画像:大橋千珠

(5)パン粉をまぶして、油でカリッと揚げたら完成!

画像:大橋千珠

画像:大橋千珠

できあがったら、ケチャップやからしをかけて食べてくださいね。より本格的に食べたい場合は、グラニュー糖をまぶすのもオススメです。

 

■チーズハッドグを作るときの注意点3つ

(1)竹串など、耐久性のある棒を使う

画像:大橋千珠

チーズハッドグに欠かせない棒。100均などでも購入できる“丸竹箸”が便利!

画像:大橋千珠

ミニサイズだからとはいえ、爪楊枝で作るとチーズに耐え切れず折れることがあるので、耐久性のある丸竹箸や竹串が便利ですよ。

(2)チーズは冷凍しておく必要なし

筆者は最初、揚げているにチーズが衣からもれてきたら……と心配して、チーズを一旦冷凍して揚げてみましたが、逆に中のチーズが凍ったままになってしまいました。

さけるチーズを使用する場合は、常温でもすぐにはだれないので、冷凍せず、すぐに揚げることをオススメします。

(3)できあがったらすぐ食べる!

 

画像:大橋千珠

そして、チーズハッドグを食べるときに一番注意してほしいのは、“揚げたらすぐに食べる”こと。冷めてしまうとチーズがゴムのように硬くなってしまい、おいしさが半減してしまいます。

カラッと揚げたら、火傷しないように気を付けながらチーズをびよ〜んとしてみてくださいね。

 

食べ歩きグルメとして大人気の“チーズハッドグ”。手作りなら好みのサイズにできるので、子供のおやつにもぴったり!

みなさんもぜひ作ってみてくださいね。

【画像】
※ 大橋千珠

Recommend今あなたにおすすめ