CUCURU(ククル) > グルメ > 名古屋・覚王山で見つけた!絶対行きたい「おしゃれカフェ」15選

名古屋・覚王山で見つけた!絶対行きたい「おしゃれカフェ」15選

おしゃれなお店が数多く立ち並ぶ、名古屋・覚王山周辺。特に注目したいのは、やっぱり“カフェ”ですよね。

そこで今回は、以前CUCURUでご紹介した名古屋・覚王山のお店のうち、カフェ好きにたまらないお店をピックアップしてご紹介します!

■1:PEGGY珈琲(ペギーコーヒー) 本店

画像:木村純子

池下の『PEGGY珈琲(ペギーコーヒー)本店』は、自家焙煎の美味しいコーヒーが飲めるとして数々の雑誌でも紹介されるほどの人気店です。

店内には常時13~14種類の豆があり、カップオブエクセレンス2017を受賞した『エルサルバドル ロレニャ農園』など、数多くのスペシャルティコーヒーを扱っています。

画像:木村純子

イートインコーナーも併設されていて、気軽に店内で飲食を楽しむことができます。コーヒー以外にも、創業当時から大人気の自家製『レアチーズケーキ』(380円)がおすすめ!

1981年創業ですが、2017年 7月に珈琲豆販売の専門店としてリニューアルしたばかり。ゆったりとしたスペースで午後のひと時を過ごすことができます。

ペギーコーヒーの記事はこちら!

<店舗情報>
PEGGY珈琲 本店(ペギーコーヒー)
住所:愛知県名古屋市千種区若水3-30-2 みずのビル1F
電話:052-722-9726
営業時間:10:00~19:00
定休日:水曜日
駐車場:有6台(店舗横に1台、店舗北の敷地に5台停めることができます)

 

■2:カンノンベイク(KANNON BAKE)

画像:木村純子

『カンノンベイク(KANNON BAKE)』は、大須で大人気のコーヒースタンド『カンノンコーヒー』の2号店で、焼き菓子がメインのお店として人気です。

店内でつくる焼き菓子は素材にもこだわり、小麦粉だけでなくほとんどの材料で国産のものを使っています。

画像:木村純子

人気の秘密は、なんといっても“フォトジェニック”なスイーツ。『タルト』(税込450円~)、『スコーンサンド』は(税込450円~)など、種類も豊富に取り揃えられています。スイーツ以外では、『ビーフパイ(ハーフ)』(税込280円~)もおすすめ。

また、自家製シロップのソーダもお店イチオシです。季節によってラインナップが異なるので、次回訪れるときの楽しみもできそうですね。

カンノンベイクの記事はこちら!

<店舗情報>
カンノンベイク(KANNON BAKE)
住所:愛知県名古屋市千種区末盛通5-18 サンライズ本山2F
電話:052-753-3703
営業時間:11:00~19:00
定休日:月曜日
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)

 

■3:ハンバーガー生活のすすめ

画像:川口めぐみ

少し変わった名前が印象的ですが、『ハンバーガー生活のすすめ』では、肉食女子が大満足できるハンバーガー専門店として人気があります。

ランチで訪れる人が多く、『本覚バーガー』や『ダブルチーズバーガー』『アボカドバーガー』などが女性の心を鷲づかみにするのだとか!

画像:川口めぐみ

パティは、日本人好みの“グレインフェッド種”という穀物を食べて育った牛肉を使用し、臭みがまったくなく、とても食べやすいのが特徴的です。

店内は落ち着いた印象で、幅広い年代の方が利用されています。また、子ども用の机に取り付けできる椅子などの用意もあり、お子さま連れでも安心してハンバーガーを楽しめますよ。

ハンバーガー生活の記事はこちら!

<店舗情報>
ハンバーガー生活のすすめ
住所:愛知県名古屋市千種区末盛通3-30 マ・シャンブル富士2F
電話:052-761-0339
営業時間:月~土 11:29~15:00/18:00~22:00、日・祝 11:29~16:00/18:00~22:00
定休日:不定休

 

■4:覚王山カフェ Ji.Coo.(ジクー)

画像:木村純子

ワンランク上の食材を扱うスーパーとして知られる『覚王山フランテ』の2階にあるのが、こだわりのメニューをそろえた『覚王山カフェ Ji.Coo.(ジクー)』です。

使っている野菜は自然農法で栽培されたものを農家から直接仕入れるなど、シェフが厳選した素材を使ったメニューはスイーツまで自家製のものがほとんど。

画像:木村純子

覚王山のマダムが集まるカフェで人気なのは、やはりランチです。5種類のランチには、各メニューとも具だくさんのスープ、デザート3種、ドリンクがついてきます。

また、15時を過ぎるころには、自家製のスイーツを目当てにティータイムを楽しむ方も多く来店します。旬の果物をふんだんに使ったフルーツタルトやロールケーキなど、豊富に取り揃えられていますよ。

ジクーの記事はこちら!

<店舗情報>
覚王山カフェ Ji.Coo.(ジクー)
住所:愛知県名古屋市千種区丘上町1-39 覚王山フランテ2F
電話:052-751-1234
営業時間:モーニング09:30~10:30、ランチ11:00~17:00、ティータイム15:00~17:00、ディナータイム17:00~23:00(FOOD L.O. 21:00/DRINK L.O.22:00)
定休日:不定休
駐車場:スーパー併設駐車場が利用可能(食事した方は駐車場代サービス)

 

■5:NOTE COFFEE HOUSE(ノートコーヒーハウス)

画像:河村弘子

『NOTE COFFEE HOUSE(ノートコーヒーハウス)』では、雑味がなく、飲みやすいとして人気があるスペシャルティコーヒーを提供しています。

こちらのお店では、お客さんに“価格に見合ったコーヒー”のクオリティを維持しつつ提供することを目指して、美味しいコーヒーを提供するための最低条件に、質の高いスペシャルティコーヒーを使用しています。

画像:河村弘子

いつでも6種類以上のコーヒーを提供しており、珈琲専門店としては珍しい、ドリンク代のみでトーストとチキンサラダがついてくるモーニングも実施中。

ほかにも、コーヒーとの相性が抜群なフードやスイーツも数多く取り揃えられています。

『ティラミス』380円(税込)や『抹茶ラテ』580円(税込)、『クロックムッシュ』(税込450円)などが人気。気になる方はぜひ足を運んでみてくださいね。

ノートコーヒーハウスの記事はこちら!

<店舗情報>
NOTE COFFEE HOUSE(ノートコーヒーハウス)
住所:愛知県名古屋市千種区山門町2-50-6
アクセス:名古屋市営地下鉄東山線 『覚王山駅』1番出口徒歩1分
電話:052-762-0177
営業時間:日・月・火・水9:00~18:00、木・金・土9:00~22:00
定休日:不定休

 

■6:和諷瑠’S(わっふるず)

画像:夏目佳代

千種区姫池通にある『和諷瑠’S(わっふるず)』は、ワッフル専門店として20年以上、その味を守り続けている人気店です。

保存料や防腐剤などは一切使用せず、地元・奥三河小原の卵などの食材を使うなど、素材にこだわっています。

画像:夏目佳代

一番人気は、ホイップクリームとカスタードクリームが絶妙にマッチした『生クリーム&カスタード』(250円)で、甘いものが少し苦手な人でも食べられます。

ほかにも、女子大生とコラボして生まれた『黒ねりごま』(270円)や、老舗の果物店『弘法屋』の新鮮なフルーツを使った『フルーツトリオ』(325円)などが人気です。

和諷瑠’Sの記事はこちら!

<店舗情報>
和諷瑠’S(わっふるず)
住所:愛知県名古屋市千種区姫池道2-26-5
電話番号:052-763-2001
営業時間:10:00~18:00
定休日:月曜日

 

■7:ocobo(おこぼ)

画像:木村純子

閑静な住宅街にありながら、口コミで客足が絶えない『ocobo(おこぼ)』は、美味しい和菓子とお茶をいただくことができる和カフェです。

店内で販売している和菓子はどれも素材にこだわり、上質なものを使っているのだとか。オシャレなカフェで美味しい和菓子をいただく……とっても贅沢なひとときが過ごせますよ。

画像:木村純子

たとえば、『あんみつ くき茶セット』(税込1,000円)で使われているあんみつは、岐阜県・恵那市産の寒天に、つぶ餡、赤エンドウ豆、あんず、求肥、糖蜜羹、黒豆、黒蜜を使用しています。

また、お店の名前がついた『おこぼ餅』は1個190円(税込)、5個入りで950円(税込)です。甘いものが苦手な方でも食べられると評判で、手土産としても人気です。

おこぼの記事はこちら!

<店舗情報>
和菓子菓寮 ocobo(おこぼ)
住所:愛知県名古屋市千種区観月町1-8 ツインビービル1F
電話:052-752-6789
営業時間:12:00~18:30(L.O.17:30)
定休日:水曜・木曜
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)

 

■8:ハレラニテラス

画像:ハレラニテラス

ハワイのリゾートをイメージした『ハレラニテラス』では、自然農法で栽培した旬の野菜を契約農家から仕入れる食材を使い、自家製にこだわっています。

人気のランチメニューは、定番の7種類と日替わりの2種類があり、その中でも一番人気は『スペシャルロコモコランチ』(税別1,800円)。

 

画像:木村純子

ロコモコ、たっぷりの野菜やオムレツなどがつくメインプレートのほか、無添加の人参スープ、サラダは自家製パパイヤドレッシングなど、素材を活かしたメニューが特徴的です。

国産牛100%のハンバーグにかけるソースは、デミグラス・和風オニオン・トマトサルサの3種類から選べ、ドリンクには『自家製ジンジャーエール』(税別600円)などが人気です。

ハレラニテラスの記事はこちら!

<店舗情報>
Hale Lani Terrace (ハレラニテラス)
住所:愛知県名古屋市千種区覚王山通り9-16-3 La’a Kea 覚王山 1F・2F
電話:052-764-7778
営業時間:11:00~21:00、ランチ11:00~14:00(ランチメニューのみ)、カフェ&ディナー14:00~21:00(フードL.O. 20:00、ドリンクL.O. 20:30)
定休日:火曜日
駐車場:有(4台)、提携コインパーキング有(3,000円以上の利用でサービス券がいただけます)

 

■9:ZARAME NAGOYA(ザラメナゴヤ)

画像:河村弘子

『ZARAME NAGOYA(ザラメナゴヤ)』はドーナツとモーニングが人気のお店で、愛知県岡崎市の『ZARAME』の2号店としてオープンしました。

3種類のモーニングが人気で、ドリンクを注文すると、こだわりのトーストが無料でついてきます。また、+200円(税抜)でチーズとベーコンがサンドされた『チャパタサンド』、+350円(税抜)でリコッタチーズ入りの『パンケーキ』も注文可能です。

画像:河村弘子

大きめのサイズが特徴的なドーナツは、常時12種類のドーナツ(シーズン限定ドーナツ含む)と、シナモンロールやスコーンが並んでいます。

『バニラグレーズ』(税抜260円)、『ベイクドマシュー』(税抜320円)だけでなく、『BRFジンジャーエールライム付』(税抜560円)といったドリンクもおすすめですよ。

ザラメナゴヤの記事はこちら!

<店舗情報>
ZARAME NAGOYA(ザラメナゴヤ)
住所:愛知県名古屋市千種区山門町2-36
アクセス:名古屋市市営地下鉄東山線『覚王山駅』1番出口徒歩2分
電話:052-763-7662
営業時間:9:00~20:00
定休日:無休

 

■10:London Cupcakes(ロンドンカップケーキ)名古屋店

画像:河村弘子

ロンドン生まれのオーナーのこだわりが光る『London Cupcakes(ロンドンカップケーキ)名古屋店』は、伝統的なイギリスのカップケーキと紅茶の専門店。

あまりの可愛さにファンが続出しているというカップケーキは常時9種類が用意されており、季節のカップケーキも2種類ほどあります。

画像:河村弘子

おすすめは、『チョコオレオ』(税込370円)、『キャロットバニラ』(税込360円)、『バニラレモン』(税込360円)、『チョコラズベリー』(税込350円)など。

どれもお値打ちなものばかりで、SNS映えにも抜群! テイクアウトの場合は、個数によって大きさの異なる箱に入れてくれるので、手土産にもおすすめです。

ロンドンカップケーキの記事はこちら!

<店舗情報>
London Cupcakes(ロンドンカップケーキ)名古屋店
住所:愛知県名古屋市千種区姫池通3-25-2
電話:050-1355-0245
営業時間:10:00~19:00
定休日:火曜日、第3水曜日

 

■11:Bon Materiel(ボン マテリエル)

画像:木村純子

『Bon Materiel(ボン マテリエル)』は旬のフルーツを使った美味しいフルーツサンドのお店。季節ごとに違ったフルーツが楽しめますよ。

常時6種類ほど店頭に並び、一番人気はなんといっても『イチゴ』(税込550円)! 大粒のイチゴと、北海道の産地指定の単一生乳を使った生クリームのハーモニーが自慢の一品です。

画像:木村純子

他にも、『まっちゃあん いちご』(税込550円)や『デコポン』(税込550円)、ふんわりと黒糖の香りが広がる『黒糖イチゴ』(税込570円)も人気です。

店内にはイートインコーナーもあり、コーヒー、ティー、フルーツジュースなどのドリンクを300円でオーダーすることができますよ。

ボン マテリエルの記事はこちら!

<店舗情報>
Bon Materiel(ボン マテリエル )
住所:愛知県名古屋市千種区山門町2-39-2
アクセス:名古屋市営地下鉄『覚王山駅』徒歩3分
電話:052-751-3133
営業時間:11:00~17:00
定休日:月曜日、火曜日

 

■12:いち倫

画像:木村純子

日泰寺からすぐの静かな場所に、庭園のある一軒家をそのままカフェにした庭園ギャラリー『いち倫』があります。

おいしいお水で淹れる珈琲やお茶、自家製ランチや甘味だけでなく、とっても居心地の良い空間も人気の理由。思わず長居してしまう人も多いのだとか。

画像:木村純子

竹篭(たけかご)に美しく盛られたランチは豪華そのもの。たっぷりと野菜を使った料理はすべて手づくりで、材料も国産にこだわっているそうです。

また、毎週水曜日には、オーナーが地元の三重県から新鮮野菜や果物を持ち帰ってきたものを販売しています。

いち倫の記事はこちら!

<店舗情報>
いち倫 (いちりん)
住所:愛知県名古屋市千種区西山元町1-58
電話:052-751-1953
営業時間:10:00~17:00(L.O)
定休日:月・火・水(毎月21日は営業)
駐車場:有(3台)

 

■13:マミーズ・アンクール

画像:大橋千珠

美味しいアップルパイが評判の『マミーズ・アンクール』では、毎月21日の縁日にお店の前に露店を出してアップルパイ(1個入りと2個入り)を販売しています。

店内では、『パイセット』(税込712円)を注文すると、好きな飲み物とショーケースのパイを1個ずつ選ぶことができます。ちなみに、9:00〜11:00(モーニング)の間は、パイセットを540円で注文することができますよ。

画像:大橋千珠

『大人のアップルパイ』は、素材の味をしっかり感じられると人気です。信州産のリンゴを大きめにカットし、パイ生地には国産の小麦粉とよつ葉バターを使っています。

ほかにも、『プレーン』『クリームチーズアップルパイ』『アップルチョコパイ』と合わせて4種類のアップルパイが用意され、その他に期間限定のパイなども随時販売されています。

マミーズ・アンクールの記事はこちら!

<店舗情報>
mammies un coeur(マミーズ・アンクール)
住所:愛知県名古屋市千種区山門町2-44-5
電話:052-761-8880
営業時間:9:00~19:00
定休日:不定休

 

■14:山門米屋(さんもんこめや)

画像:河村弘子

覚王山山門町で創業70年の老舗お米屋さんが営むお茶屋『山門米屋(さんもんこめや)』では、懐かしの団子や五平餅などが販売されています。

昔ながらのどこか懐かしい店内では、いつもできたての食事が味わえます。食べ歩きメニューからランチとして食べたいものまで幅広く取り揃えられているのも人気の理由です。

画像:河村弘子

一番人気は、1本120円(税込)の『みたらし団子』。注文してから1本ずつ丁寧に焼いてくれるので、いつでもできたてを美味しくいただくことができます。

ほかにも、『五平餅』(税込200~300円)や、手づくりのこんにゃく屋さんから仕入れてつくられる『ところてん』(税込200円)などが人気です。

山門米屋の記事はこちら!

<店舗情報>
山門米屋(さんもんこめや)
住所:愛知県名古屋市千種区山門町1-31
アクセス:名古屋市営地下鉄東山線『覚王山駅』1番出口徒歩5分
電話:052-762-0235
営業時間:11:00~18:00
定休日:無休

 

■15:セルフカフェ

画像:夏目佳代

もっと気軽に安くカフェを利用したい! そんな方におすすめなのが、自動販売機がメインとなっている不思議なカフェ『セルフカフェ』です。

オシャレな店内には、センスの良いソファやテーブルの他に、自動販売機がずらり。実はこちらのカフェ、飲食サービスがすべて自動販売なんです。

画像:夏目佳代

自動販売機の中身を覗いてみると、他では販売されていないようなものばかり! 『アンソニーズポップコーン』(250円)や、『スワンサイダー』(200円)、『NOCORITA(ノコリータ)』(210円)など、こだわりの品が入っています。

また、カフェらしく、コーヒーにもこだわっています。ブラジルから直輸入した豆を使い、『コロンビア』(300円)、『モカブレンド』(300円)、『カフェラテ』(400円)などが用意されていますよ。

セルフカフェの記事はこちら!

<店舗情報>
セルフカフェ
住所:愛知県名古屋市千種区末盛通3-41-3
電話:052-759-5525
営業時間:9:00~18:00
定休日:水曜日

 

いかがですか?

おしゃれが集まるエリアだからこそ、たくさんの人気カフェがあります。どこに行こうか迷ったら、ぜひ今回ご紹介したお店の中から選んでみてくださいね!

【画像】
木村純子、川口めぐみ、河村弘子、夏目佳代、大橋千珠

【関連記事】
※ なんと月800kgを焙煎!名古屋・池下の焙煎珈琲専門店『ペギーコーヒー』
※ 季節のスイーツにメロメロ!名古屋・本山『カンノンベイク』人気の秘密
※ ゴツゴツの粗びき肉が最高!名古屋・本山で話題『ハンバーガー生活のすすめ』
※ ランチは野菜盛りだくさん!名古屋『覚王山カフェ ジクー』に人が集まる理由
※ モーニングサービスも大人気!名古屋・覚王山の「絶品コーヒー専門店」とは
※ 一口食べたらやみつきに!伝統のワッフル専門店『和諷瑠’S(わっふるず)』
※ ブレンド餡が絶妙!覚王山の和カフェ・ocoboの「大人気あんみつ」とは
※ 覚王山マダムに大人気!名古屋『ハレラニテラス』の本格ハワイアンランチとは
※ 大きなドーナツが大人気!名古屋・覚王山のおしゃれカフェ『ザラメナゴヤ』
※ 可愛さのあまりファン続出!名古屋・覚王山で見つけた「カップケーキ専門店」
※ 見た目もキュート!名古屋・覚王山『ボン マテリエル』の大粒イチゴサンド
※ 庭園がすてきな古民家カフェ!名古屋・覚王山『いち倫』の優雅ランチとは
※ 大人のアップルパイが絶品!名古屋・覚王山の『マミーズ・アンクール』
※ 朝ドラで話題の五平餅も!名古屋・覚王山『山門米屋』のほっこりおやつ
※ 自販機だらけのカフェ!? 名古屋・千種『セルフカフェ』がオシャレで安い

※ この記事は、2018年1月~2018年6月に取材した情報です。

Recommend今あなたにおすすめ