CUCURU(ククル) > エンタメ > 全て受け入れてくれる人の存在に涙!金曜ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第2話振り返り

全て受け入れてくれる人の存在に涙!金曜ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』第2話振り返り

画像:TBSテレビ『大恋愛~僕を忘れる君と』

今週から、金曜ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』について、CBCテレビ・ウォッチャーが、『大恋愛~僕を忘れる君と』のここがイチオシ!という場面を振り返ります。

このドラマは、若年性アルツハイマーにおかされる女医と、彼女を明るく健気に支え続ける元小説家の男の、10年にわたる愛の奇跡を描く王道の純愛ラブストーリー。

本作は、数々の人気ドラマの脚本を手掛け、“ラブストーリーの名手”と称される大石静が描く完全オリジナルドラマです。

主人公・北澤尚を演じるのは圧巻の演技力を持つ女優・戸田恵梨香。尚の恋人・間宮真司役は、「2018年 エランドール賞」の新人賞を42歳にして受賞した話題の個性派俳優・ムロツヨシ。人気、実力を兼ね備えた二人が、本格ラブストーリーに挑みます!

 

第2話は……真司(ムロツヨシさん)のアパートへ急ぐ途中、交通事故に遭ってしまった尚(戸田恵梨香さん)。

病院へ運ばれ検査するも、幸い大きなケガはなかった。だが、偶然、尚のMRIを目にした尚の婚約者で医師の侑市(松岡昌宏さん)は、尚の脳に軽度認知障害の兆候を感じ取っていた……。

婚約解消の話を進めるつもりで侑市に会った尚は、軽度認知障害の疑いがあると聞き、簡単な“物忘れ検査”を受けることに。

 

10月19日(金)に放送された第2話の印象に残った場面は……。

■病気を受け入れる苦悩と葛藤

検査を受けて軽度認知障害(MCI)と診断された尚。これから先、大切な人のことも、自分のことも忘れてしまい、日常生活も困難になっていく現実を受け止めることは、本当にツライこと。

何より現時点で治療法や治療薬がないということは、とても厳しい現実です。筆者も昨年大きな病気を患ったのですが、何万人に1人という確率で起こる病気で、しかも命を落とす病気ではないので、治療法や治療薬の研究がなかなか進んでおらず……。

麻痺が残るかもしれないし、残らないかもしれないと言われ、この先どうなるんだろうと不安な気持ちで押し潰されそうになった経験があります。

病気を発症してしばらくは、麻痺の影響で食べたり飲んだりも時間がかかり、麻痺が原因で外出も億劫になり、日常生活が困難になりました。

幸いにも筆者はまだ一部麻痺が残っているものの、日常生活ができるまでに復活したのですが、大きな病気を受け入れるには、毎日のように押し寄せる苦悩と葛藤がある為、尚の気持ちが痛いほどよく分かった第2話でした。

 

■全てを受け入れてくれる人の存在に涙

侑市と住む新居のマンションの上の階から水が漏れて水びたしに……。尚が困っていたところに、引越しの段ボール回収に来た真司が現れ、助けを求める。

そのお礼に2人で居酒屋に行くのですが、そこでのシーンは必見! 真司が店長と店員の会話をアフレコしますが、不倫カップルに見立てて即興でセリフを作るというシーンは絶妙でした。

 

■若年性アルツハイマー

軽度認知障害(MCI)と診断され、アルツハイマー病になっていく可能性が高いことを母・薫(草刈民代さん)と真司にそれぞれ告白する尚。この2つのシーンはどちらも泣けます!

「どんな尚ちゃんだって、ママの大事な尚ちゃんだもん」と母が娘を抱きしめる姿。

そして、「親も、金も、学歴も、資格も、将来も、希望もない自分にとって、尚の病気なんて屁でもない。どんな病気でも一緒にいたい!」と、どんな尚であろうと、まるごと受け止める気持ちがあることを伝える真司の姿は、この先、尚にとってどんなに大きな心の支えになることか……。

筆者も病気になって、心が折れそうになったとき、心配して温かい言葉をかけて下さった知人や友人、そしてどんな状況でも励まし支えてくれた家族の存在は、かけがえのないモノでした。

これから尚は悲しい現実に向き合っていくこととなるかと思いますが、頑張って生きてほしい!と強く思います。

 

■アルツハイマー病の検査と対策

簡単な“物忘れ検査”に始まり、脳波検査、スペクト検査・無呼吸検査・アミロイドPET検査など、脳の機能を調べる検査には、様々な検査があることを知りました。

またアルツハイマー病は、脳にアミロイドβというタンパク質がたまる病気だということも……。

そして治療法や治療薬がない現状、一番大切なのは、適度な運動とバランスの良い食事と睡眠の確保の3つだと知り、筆者も生活習慣を見直していこうという気持ちになりました。

よく言われる“健康法”って、本当に大事ですね。

 

■気になる次回第3話の予告は!?

自分がやがて若年性アルツハイマーになってしまうことを真司に告白した尚。尚を病気ごと受け入れる覚悟をした真司だったが、その先に待ち受ける困難をまだ予想できないでいた。

一緒に暮らすことを決めた2人。金銭感覚の違いに真司は戸惑いながらも、2人は幸せな時間を過ごす。そんな中、仕事を辞める決意をする尚。今度は真司の体に異変が?

 

■最後に、もう一度、第2話のおさらい!

真司(ムロツヨシさん)のアパートへ急ぐ途中、交通事故に遭ってしまった尚(戸田恵梨香さん)。病院へ運ばれ検査するも、幸い大きなケガはなかった。

だが、偶然、尚のMRIを目にした侑市(松岡昌宏さん)は、尚の脳に軽度認知障害の兆候を感じ取っていた……。交通事故に遭ったことなど気にしていない様子の尚が、真司と一緒にアパートで過ごしていると、侑市から連絡が入り会う約束をする。

結婚を自分勝手に破談にしてしまったことに負い目を感じていた尚だったが、侑市がまさか自分の脳に起こっている異変に気付いたとは思ってもいなかった。翌日、婚約解消の話を進めるつもりで侑市に会った尚は、軽度認知障害の疑いがあると聞き、簡単な“物忘れ検査”を受けることに。

一方、尚の母・薫(草刈民代さん)は1人で真司のアパートを訪ねていた。そして「娘と別れてほしい」と真司に手切れ金の入った封筒を手渡し……。

文/テレビウォッチャーCHINATSU

【画像】
※ TBSテレビ『大恋愛~僕を忘れる君と』