CUCURU(ククル) > グルメ > 約50種のパンが常にずらり!名古屋・名東区『トレマタン ブーランジェリー』

約50種のパンが常にずらり!名古屋・名東区『トレマタン ブーランジェリー』

名古屋・名東区『トレマタン ブーランジェリー』

画像:河村弘子

何を食べようかとパンを選ぶ時間は、至福のときですよね! そんな時間をとても大切にしてくれるベーカリーを、名古屋市名東区に発見しました。

というわけで今回は、2018年4月にOPENしたベーカリー『Tôt le matin boulangerie(トレマタン ブーランジェリー)』をご紹介いたします。

■お客さんとの対話を大事にする、女性だけのベーカリー

名古屋・名東区『トレマタン ブーランジェリー』

画像:河村弘子

もともと、絵を勉強していたオーナー。趣味のお菓子やパン作りを通して“人に喜ばれる”経験し、パン屋を開きたいという想いを持つようになりました。

それから一念発起し、名古屋のベーカリーで修業を積みお店をOPEN。

名古屋・名東区『トレマタン ブーランジェリー』

画像:Tôt le matin boulangerie

オーナーの「お客さまとの対話を大事にしたい。心を込めた接客、ものづくりをしたい」という想いから、セルフサービスではなく、対面式の販売形式を取り入れています。

お店の向かいに公園があることから、子ども連れのお客さんも多く、子どもを抱っこしたままでも買い物ができると好評です。

また、パン職人、スタッフすべてが女性のみで構成され、女性だから気付くさりげない心遣いや、優しい雰囲気も人気の秘密です。

名古屋・名東区『トレマタン ブーランジェリー』

画像:河村弘子

添加物不使用で、パンに合うカナダ、フランス、国産の小麦を使用し作られるパンは、ハード系から食パン、パイ、デニッシュ、タルト、キッシュなど、常に50種類ほどが並びます。

とても人気で、早い時間帯に売り切れるパンもあるんですよ。

 

■こだわり人気パン4選

販売されている約50種類のパンの中から、オーナーおすすめの人気パンを4つご紹介いたします。

(1)トレマタン パン・ド・ミ(1本 税込580円、ハーフ 税込290円)

名古屋・名東区『トレマタン ブーランジェリー』

画像:河村弘子

飽きのこない味で、しっかり焼き込んでいる食パンです。しっとりきめの細かいのが特徴で、生のままサンドイッチで食べるのがおすすめ。トーストにしても、バターなしで美味しいと評判です。

低速でこね、発酵に時間を掛けることで生地にストレスをかけずにパンを焼くことができるのだとか。売り切れになることが多いので、焼き上がる11~12時ごろに買いにいくのがおすすめです。

(2)バタール(税込290円)

名古屋・名東区『トレマタン ブーランジェリー』

画像:河村弘子

外はパリッと、中はみずみずしいフランスパンです。低温長時間発酵のため、焼き上がりまで3日間かかるそう。フランスパンが苦手な方にもおすすめのパンです。

こちらのパンは、OPENしてすぐの8時半ごろから購入可能です。

(3)クリームパン(税込200円)

名古屋・名東区『トレマタン ブーランジェリー』

画像:河村弘子

見た目も可愛いクリームパンです。ブリオッシュ生地を使用し、濃厚な卵を使った手作りのカスタードが入っています。

カスタードは練り上げるのではなく、ふわふわに仕上げています。食べやすいサイズも人気ですよ。毎日11時ごろに焼きあがるので、焼きたてが食べたい方は時間に合わせて行ってみてくださいね。

(4)ミートチーズパイ(税込390円)

名古屋・名東区『トレマタン ブーランジェリー』

画像:河村弘子

野菜と合いびき肉のフィリングが入ったパイです。隠し味に味噌を入れ、レッドチェダーチーズでコクを出しています。パイのサクサクと野菜の旨味が楽しめますよ。

こちらはお昼前後に焼きあがるので、ランチにもおすすめです。

 

いかがですか?

パンを買って斜め向かいにある公園で食べるのもおすすめです。パン、キッシュ、タルトなど、すべての商品が1個からでも予約可能ですので、気になる方は予約をして購入してくださいね。

<店舗情報>
Tôt le matin boulangerie(トレマタン ブーランジェリー)
住所:愛知県名古屋市名東区一社2-136 パークサイドマンション1F
アクセス:名古屋市営地下鉄東山線一社駅徒歩5分
営業時間:8:00~18:00
定休日:月曜日、火曜日
駐車場:店舗前に2台あり

【画像】
※ Tôt le matin boulangerie、河村弘子

※この記事は、2018年11月時点の情報です。