CUCURU(ククル) > グルメ > ベーグルの先にある笑顔を形に!名古屋・名東区『coharu*bagel』のこれから

ベーグルの先にある笑顔を形に!名古屋・名東区『coharu*bagel』のこれから

ベーグル

画像:Roman Debree / Shutterstock

ベーグルの販売を通して、さまざまなお客さんの笑顔に癒されたという名古屋・名東区の『coharu*bagel(コハルベーグル)』オーナー兼駆け出しフォトグラファーの榊原満美子さん。

そんな榊原満美子さんに今回は、“これから『coharu*bagel(コハルベーグル)』を通してやりたいこと”を伺いました。

■フォトグラファーとして活動するきっかけとは?

榊原満美子さん

画像:CUCURU編集部

『coharu*bagel(コハルベーグル)』のオーナーとしてのお仕事以外に、フォトグラファーとしても活動されている榊原満美子さん。フォトグラファーとして活動するきっかけとは?

「以前、友人がマルシェに出店している姿をスマートフォンで撮ってくれたんです。そのとき、その写真に写るお客さんがトレーいっぱいにベーグルを積んで笑顔であふれていたんです。

その写真は、心が揺さぶられるほどうれしいものでした。その日は、徹夜で作業をしていて疲れていたのですが、お客さんの笑顔を見ると、とても気持ちが明るくなりました。

そのとき、自分が作るベーグルの先にお客さんの笑顔があったんだと気がついたんです。そして、できあがったベーグルをおいしそうに写真に撮ってSNSに載せるだけでなく、自分でもそんな写真を撮りたいと思いました。

そのことがきっかけで、今はカメラの勉強をしているんです。将来的には、お客さんの笑顔の写真を撮ってフォトブックなども作りたいなと思っています。

写真を通して、商品の先にある笑顔やマルシェに参加されている方々の生き生きとした姿を、みなさんにも発信していきたいです」

 

■これからも笑顔を引き出すベーグルを

画像:CUCURU編集部

色々なストーリーがその写真の中に生まれるんですね。

「“笑顔”というと綺麗事のように聞こえるかもしれませんが、私は本当にその写真の笑顔に癒されました。何度見ても顔が思わず緩んでしまうぐらいなんです。

その写真をみると、これからもそんな笑顔を引き出せるようなベーグルを作っていきたいと思うんです」

素敵ですね。仕事をしていると、“自分のしていることが何かの役に立っているのだろうか”と迷うときもありますよね。そんなとき、自分の力で周りを笑顔にしていると感じられると、また頑張ろう!という気にさせてくれますよね。

「そうなんです。今まで私はそのことに気がつけていませんでした。私の作るベーグルでこんなにも笑顔になってくれる方たちが1人でもいてくれるなら、それだけで頑張れます」

初めてベーグルを焼いたときから今の状態は想像できなかったですよね。

「そうですね。ベーグル屋として立ち上げてから11年目になりますが、まさか自分がベーグル屋になるなんて思ってもいませんでした。なにか自分で始めたいと思って走りだしたことが、こんなに長続きしているとは驚きです」

始めることで次が見えてきて、その連鎖が最初は気がつかなかった楽しいことをどんどん見せてくれるのかもしれませんね。

 

おいしいベーグルにお客さんが笑顔になり、その笑顔がまた誰かを幸せにする。そんな笑顔の連鎖をこれからももっとつないでいきたいですね!

 

『キラママ de CUCURU』は、『radiko(ラジコ)』で聴取することができます。(※放送後1週間まで聴取可能です。エリア内は無料で聴取いただけますが、エリア外はプレミアム会員登録が必要です。スマートフォンの場合はアプリダウンロードが必要です。詳細はhttp://radiko.jp/まで)

【10月31日(水)放送】

 

<今日の出演ママ情報>

榊原 満美子(さかきはら まみこ)
『coharu*bagel』ショップオーナー×時々駆け出しフォトグラファー HP:http://www.coharubagel.com/

<番組情報>
CBCラジオ キラママ de CUCURU
東海エリア最大級のママコミュニティ『キラキラママ☆プロジェクト(通称:キラママ)』と、女性のための地域密着型情報サイト『CUCURU(ククル)』がコラボした、ママのための情報発信番組。パーソナリティは、平野裕加里さん。出演は『キラキラママ☆プロジェクト』の元気なママたち。
放送日時:毎週月曜~金曜夕方17:22頃
ラジオ公式HP:http://hicbc.com/radio/kiramama/

【画像】
※ CUCURU編集部
※ Roman Debree / Shutterstock