CUCURU(ククル) > グルメ > あっというまに焼き立ての味に!「冷めたベーグルのおいしい食べ方」とは

あっというまに焼き立ての味に!「冷めたベーグルのおいしい食べ方」とは

ベーグル

画像:Olga Miltsova / Shutterstock

名古屋・名東区の『coharu*bagel(コハルベーグル)』は知る人ぞ知る、絶品ベーグルがいただけるお店。

そんな人気のお店では、最近、食材が挟み込まれていないサンド用のベーグルも発売し始めたとのこと。

そこで今回は、オーナーである榊原満美子さんに“ベーグルのおいしい食べ方”をお聞きしました!

■冷めたベーグルをおいしく食べるには?

今日の出演ママ

画像:CUCURU編集部

お店では、ベーグル以外も色々販売されているのでしょうか?

「はい、イングリッシュマフィンやベーグルサンドも販売しています。ただ、当店のベーグルは天然酵母を使用しているため、冷めると歯ごたえが強くなってしまいがちなんです。

そのため、初めて来店されたお客様には必ず、“ベーグルのおいしい食べ方”をお教えしています」

どうすればおいしく食べられるのでしょうか?

「レンジで30秒温めてから、トースターでも2~3分温めるんです。

こうすることで、中はもっちり、外はカリっとした食感が楽しめますよ」

まるで焼き立てのような食感が味わえるんですね! ぜひ試してみたいですね。

 

■ベーグルに合う意外な食材とは?

他にも、ベーグルをより一層おいしく食べる方法はありますか?

「ベーグルはそのまま召し上がっていただいてももちろんおいしいですが、少しアレンジするだけでボリューミーでさらにおいしく食べられるベーグルサンドを2つご紹介します。

ベーグル

画像:CUCURU編集部

まずは、柿とあんバターのベーグルサンド(写真:左)です。粒あんとバター、そして柿をサンドするだけの簡単な一品です」

早速私もいただいてみます! バターとあんはもちろん合いますが、柿も合いますね。ベーグルもすごくおいしいです。

「一般的なベーグルでフルーツサンドを作ると、食感が固いので食べるときにフルーツやクリームが端からこぼれてしまいやすかったんです。

そこで、サンドにしても食べやすいようにベーグルを改良し、今召し上がっているベーグルにたどり着きました。

また、和風のベーグルサンド(写真:右)もお持ちしました。クリームチーズしらす、枝豆、かつおぶしを振りかけて食べるサンドです」

こちらもとてもおいしいですね! 意外にも、チーズがしらすや枝豆と相性抜群でびっくりです。

 

いかがでしたか?

さまざまな食材を組み合わせられるサンドベーグルは、おうちでの女子会のときにも活躍しそうですね!

 

『キラママ de CUCURU』は、『radiko(ラジコ)』で聴取することができます。(※放送後1週間まで聴取可能です。エリア内は無料で聴取いただけますが、エリア外はプレミアム会員登録が必要です。スマートフォンの場合はアプリダウンロードが必要です。詳細はhttp://radiko.jp/まで)

【10月24日(水)放送】

 

<今日の出演ママ情報>

画像:CUCURU編集部

榊原 満美子(さかきはら まみこ)
『coharu*bagel』ショップオーナー×時々駆け出しフォトグラファー HP:http://www.coharubagel.com/

<番組情報>
CBCラジオ キラママ de CUCURU
東海エリア最大級のママコミュニティ『キラキラママ☆プロジェクト(通称:キラママ)』と、女性のための地域密着型情報サイト『CUCURU(ククル)』がコラボした、ママのための情報発信番組。パーソナリティは、平野裕加里さん。出演は『キラキラママ☆プロジェクト』の元気なママたち。
放送日時:毎週月曜~金曜夕方17:22頃
ラジオ公式HP:http://hicbc.com/radio/kiramama/

【画像】
※ CUCURU編集部
※ Olga Miltsova / Shutterstock