CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 心の声に耳を傾けてみて!子どもの「あれ買って」の裏に隠された本音とは

心の声に耳を傾けてみて!子どもの「あれ買って」の裏に隠された本音とは

画像:Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

子育て中は我が子になかなか気持ちが伝わらなくて、もどかしい思いをすることも多いもの。しかし、それはもしかしたら我が子の“心の声”に耳を傾けることで解決するかもしれません。

そこで今回は、誰もが本来の自分を発揮して生き生きと輝くためのお手伝いをしているEsperanza(エスペランサ)さんに、“心の声”をテーマにお話を伺いました!

 

■「あれ買って」の裏に隠された本音とは?

画像:CUCURU編集部

「小さな子どもが言うことを聞かなくて困っている……という子育てママは多いかと思います。

私もママから相談を受けることがありますが、そんなときは“お母さんは子どもの言うことを聞いていますか”と尋ねています」

“子どもの言うことを聞く”とは、具体的にどういうことなのでしょうか?

「決して、子どものわがままを聞いたり、なんでも買い与えたりするということではありません。

子どもの“心の声”を聞くということです。

例えば、子どもの“あれ買って”という言葉の裏には、“自分は愛されていて、大切にされていると感じたい”という気持ちが含まれているケースがあります。

それは、“自分が誰からも愛されていない、必要とされていない”ということに対して、子どもは恐れを感じるものだからです。これは、子どもに限らず大人も同じです。

そんな悲しい思いをさせないために、表面的な声だけでなく、“心の声”に耳を傾けてあげることが必要なのです」

子どもの気持ちを満たしてあげるには、“愛している”という気持ちを大人がきちんと表現することが大切なのですね!

 

■ママの「心の声」も、子どもに伝える

「同時に、ママの気持ちも子どもにしっかりと伝えてください。

例えば、中高生の子どもが門限を守らずに夜遅く帰宅したときは、まず“何していたの”と怒ってしまいがちです。

しかし、よく思い返してみると、怒りの前に“安堵の気持ち”を抱いているはずです」

確かに! 怒りはホッとした後に込み上げてきますものね。

「怒りの裏には“心配したけれど無事でよかった”という心の声があります。

だからこそ、真っ先に怒るのではなく、まずは“無事に帰って来てくれてよかった”という気持ちを伝えてみてください。

そうすれば、子どももただ怒られたときよりも“門限を守ろう”と思ってくれるはずです」

 

いかがでしたか?

我が子に対しては厳しい言葉をかけてしまうことも多いものですが、心が伝えられる言葉を大人のほうから積極的にかけ続けていけば、子どもの言動も変わっていくのかもしれませんね!

 

『キラママ de CUCURU』は、『radiko(ラジコ)』で聴取することができます。(※放送後1週間まで聴取可能です。エリア内は無料で聴取いただけますが、エリア外はプレミアム会員登録が必要です。スマートフォンの場合はアプリダウンロードが必要です。詳細はhttp://radiko.jp/まで)

【10月22日(月)放送】

 

<今日の出演ママ情報>

Espera nza(エスペランサ)
知らない自分と出会うをテーマに、人生を根底から変えるセミナーを主催 Facebook:https://www.facebook.com/funstudio.nagoya/

<番組情報>
CBCラジオ キラママ de CUCURU
東海エリア最大級のママコミュニティ『キラキラママ☆プロジェクト(通称:キラママ)』と、女性のための地域密着型情報サイト『CUCURU(ククル)』がコラボした、ママのための情報発信番組。パーソナリティは、平野裕加里さん。出演は『キラキラママ☆プロジェクト』の元気なママたち。
放送日時:毎週月曜~金曜夕方17:22頃
ラジオ公式HP:http://hicbc.com/radio/kiramama/

【画像】
※ CUCURU編集部
※ Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)