CUCURU(ククル) > 美容・健康 > たったの3ステップで出来る!簡単にヨーグルトを手作りする方法

たったの3ステップで出来る!簡単にヨーグルトを手作りする方法

画像:C・F・E masaco

ヨーグルトは小さなお子様からお年寄りまで人気のある食べ物の一つ。現在も様々な効果を謳ったヨーグルトが発売されていますよね。

でも、離乳食に使ったり、食べ盛りのお子様がいらっしゃったりすると、あっという間に無くなってしまうのが悩みどころ……。また、健康や美容にいいからと毎日食べたくても、なかなか市販のヨーグルトを買い続けるのはお財布にも優しくないですよね。

そんな方に朗報! 今回は、自宅でできる、美味しくて節約にもなる簡単ヨーグルトレシピをご紹介します。

 

■3ステップでできる!ヨーグルトメーカーで簡単手作りヨーグルト

手作りヨーグルトにおすすめなのが“ヨーグルトメーカー”です。様々な種類のものが発売されていますが、2,000円くらいのものでも充分に美味しいヨーグルトが作れるんです。

では簡単に作れるレシピをご紹介しましょう。

<材料>

・牛乳・・・1本1,000cc(生乳100%がおすすめ。低脂肪乳は向きません)

・ドリンクタイプのヨーグルト・・・1/2本(R1やPA3などのタイプのもの)

<作り方>

(1)牛乳1リットルにドリンクタイプのヨーグルト半量を入れます。

画像:C・F・E masaco

少し牛乳の量を減らしておくのがポイントです。目安はこれくらいです。

画像:C・F・E masaco

(2)清潔なテープで封をして、軽く混ざるように容器を振ります。

画像:C・F・E masaco

(3)ヨーグルトメーカーに牛乳パックごと入れ10時間(メーカーや機種により変わりますのでご注意ください)。

画像:C・F・E masaco

出来上がり。たったこれだけです。何と簡単なんでしょう!

ちなみに出来たては温かいので、冷蔵庫で冷やしてから召し上がってください。また、召し上がる際は、お好みのフルーツやソースなどで楽しんでください。

 

■美味しく簡単に作るポイントは3つ

(1)牛乳は生乳100%を使ってください。低脂肪乳やフルーツ牛乳などはヨーグルト作りには向きません。

(2)牛乳は常温に戻してから使ってください。お急ぎの時はレンジで1分~3分温めてください(レンジの機種により様子をみてください)。

(3)種にするヨーグルトはカップのものでも可能ですが、液状のものの方が混ぜやすく簡単です。もし、カップのヨーグルトを使う場合は、使う牛乳で柔らかく解いてから混ぜ合わせるのがオススメ(※ただし、混ぜるマドラーは消毒が必要になります)。

 

いかがですか? ヨーグルトメーカーがあると、とても簡単に沢山の量が作れてしまい節約にもなります。さらに家族が多くても全員でたっぷり楽しめますね。

炊飯器でご飯を炊くのと同じくらいの驚きの手軽さです。健康や美容のために、ぜひ手作りヨーグルトにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

【画像】

※ C・F・E masaco