CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 料理の時短も叶う!セリアの冷凍&電子レンジ対応『フリーザーバッグ』活用法

料理の時短も叶う!セリアの冷凍&電子レンジ対応『フリーザーバッグ』活用法

画像:BIBIKO

朝食はパン派! 夕食にパンをちょこっとそえるなど、パンが日常にあるご家庭は多いのではないでしょうか?

パンが安いときはまとめて購入し冷凍。でもパン用サイズの保存袋はなかなかないので、パッケージのまま冷凍するなんてこともありますよね。

そこで今回ご紹介するのは、セリアから新登場した『フリーザーバッグ 食パン用 5枚入』。パンを保存するフリーザーバッグなのですが、その他にも活用できるんです!

デザインまでおしゃれで、キッチンに置くだけで気分が上がっちゃいますよ。

■調理の時短もできちゃう!『フリーザーバッグ』

おしゃれなロゴデザインが際立つこちらのフリーザーバッグ、材質はポリエチレンで、サイズ横約25cm×縦約22cm×底マチ10cmです。

耐熱温度70度、耐冷温度マイナス30度と電子レンジや冷凍冷蔵もできちゃうので活用もさまざま。

ロゴには“ベーカリー”と書いてありますが、もちろん色んな食材を保存するのに役立つのです。

 

■フリーザーバッグの活用法3つ

それでは、実際の活用法をご紹介します!

(1)食パンもすっぽり&安心保存

画像:BIBIKO

食パン8枚切りを入れてもまだ少し余裕があるくらいで、山型の食パンもつぶれずにストックできます。袋の空きには、ひと口サイズのパンなどを一緒に入れてもよさそうです。

(2)調理時間を時短にする!

画像:BIBIKO

購入してきた野菜類などをきって、フリーザーバッグにストックすることもできます。食パン用サイズなので、長さのある野菜もそのまま保存できます。

冷蔵庫に入れる前にこうして、下ごしらえをしておくことで、すぐに取り出せるし調理も時短になりますよね!

(2)電子レンジでの解凍もOK!

画像 : BIBIKO

冷凍したものを解凍するのに電子レンジが使えるのはとっても便利ですよね。電子レンジで解凍する際には、袋の口を少し開け、深めのお皿を敷き使用します。

ただし、揚げ物などの油分の多い食品は、部分的に高温になったりして袋が破けてしまったりするので注意が必要です。

今回はカットして冷凍保存したかぼちゃを冷凍し電子レンジで解凍してみました。電子レンジで解凍し柔らかくしてから使用すると調理しやすかったです。

 

いかがですか?

パンを焼くときも食材を使用するときも、見やすく取り出しやすい! そしていろいろな使い方ができる、セリアの『フリーザーバッグ 食パン用 5枚入』

毎日の食卓に置いておくだけでも、おしゃれで気分が上がります。ぜひお試しくださいね。

【画像】
※ BIBIKO

※ この記事は、2018年10月時点の情報です。

Recommend今あなたにおすすめ