CUCURU(ククル) > エンタメ > 愛知県常滑市で出会える!SNSで話題の巨大スイーツ『マカボン』とは

愛知県常滑市で出会える!SNSで話題の巨大スイーツ『マカボン』とは

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

今回の旅の舞台は、“愛知県常滑市”。セントレアの新施設『FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)』が来週いよいよオープンする常滑市の魅力を、アジアン馬場園さんと渡辺直美さんが探ります。

果たしてどんな旅になったのでしょうか?

■SNSで話題の『マカボン』とは?

まず2人がやってきたのは、フランスのパリの食堂をイメージして作られた『ビストロ バルフルール』。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

ボリューム満点なフレンチをリーズナブルに食べられると地元の主婦に大人気なこちらでは、オーナーの紀平さんがオリジナルで考えた『マカボン』がSNSで話題沸騰中なんです!

昨年誕生したマカボンは、お店オリジナルのジェラートを巨大マカロンでサンドした新スイーツ。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

オーナーの紀平さんは、これまであったスイーツを一新し、大きくてインパクトがあるスイーツを作ろうと思い考案されたのだとか。

北海道産のクリームチーズに柚子とヨーグルトが入った『ユズグルト』や、ヘーゼルナッツとロイヤルミルクティーが入った『アガベナッツクイーン』は、SNSでシェアしたくなること間違いなし!

今月からは紫芋・カボチャのフレーバー『ハロウィンデゴースト』が登場するので、そちらもお見逃しなく。

 

■茶芸師に教わる「中国茶体験」

続いて2人は『甚秋陶苑(じんしゅうとうえん)』で、常滑焼を使ったある体験をすることに。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

こちらの急須は伊藤園のCMで使われるなど、有名な急須職人の窯元。そんな場所をお借りしてできるのが、常滑焼を使って“中国茶”を入れる体験です。

教えてくださるのは、中国政府から認定された茶芸師の国家資格を持つ中谷先生。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

中国茶の葉っぱは1種類ですが、発酵程度や製造方法によって大きく6つのカテゴリーに分類されます。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

その中でも今の時期におすすめなのが、体を温めてくれる『黒茶』。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

黒茶を入れるときは、まず熱々のお湯で急須とお茶を注ぎ分けるためのピッチャー茶海を温めるところからスタート。

果たして、中国茶を入れる体験をした2人はどんな様子だったのでしょうか?

2人は他にも、1日で完成する焼き物体験を楽しんだり、知多牛のステーキランチを満喫したりしたそうです。

気になる旅の全容は、2018年10月6日(土)9:25放送の、CBCテレビ『花咲かタイムズ』でチェックしてみてくださいね!

【画像】
※ CBCテレビ『花咲かタイムズ』

※ この記事は、2018年10月時点の情報です。

Recommend今あなたにおすすめ