CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > 受験生あるある…!勉強がはかどらない時の対処法3つ

受験生あるある…!勉強がはかどらない時の対処法3つ

https://www.shutterstock.com

受験生のみなさんは、本番を控えてラストスパートの時期ですね。これまで努力してきた成果をしっかり発揮できるか、ご家族はただただ見守ることしかできません。

だけど食事面、健康面、そしてゲン担ぎ……何かしてあげたいのが親心というものですよね。

そこで今回は、勉強がはかどらないといにありがちな原因と、その対処法を3つご紹介します。もし近くの受験生が勉強に集中できないようだったら、声をかけてあげるといいかもしれませんよ。

 

■1:細かいことが気になる

誰しも経験があるのではないでしょうか。テスト勉強を始めようと思ったら、机の散らかりや散乱した本などが気になって、そちらを片づけているうちに時間が無くなるというパターン。

ふだんは机が散らかっていても気にも留めないのに、いざ勉強を始めようとしたときに、チラチラと目に入ってしまうのが厄介です。

親世代が学生の頃にはなかったスマホですが、LINEグループからメッセージが次々くるとそのたびに気になって手を止めてしまいます。気になるものは時間を決めて先に片づけ、耳障りな音などもできるだけシャットダウンするといいでしょう。

 

■2:すぐに小腹が空く

さっき昼食をとったばかりなのに、もう小腹が空いてくる。空腹が気になりだしたら、勉強どころではなくなりますよね。1日3食摂ることが前提ですが、その食事内容も見直してみましょう。

“脳には糖質が必要”と言われたりしますが、急激に血糖値が上がったり、腹八分目以上にドカ食いすると眠くなることがあり、受験勉強の妨げになりかねません。

また、タンパク質や脂質に比べたら、糖質は消化・吸収にかかる時間が早い分、空腹感に陥りがちです。食べるヒマすらもったいないと思うのも分かりますが、食事時間を削ったところで大差はありません。菓子パンやカップ麺を片手に机に向かうのは避け、バランスのいい食事を心がけましょう。

もしも夜遅くまで頑張っている受験生に夜食を出す場合は、温かくて満腹感の出やすい具だくさんのスープ類がおすすめです。

 

■3:集中力が続かない

アロマの研究論文によると、小学生がペパーミントやオレンジスイートの天然精油の香りを嗅いでから『百ます計算』をしたら、対照として精製水の香りを嗅いだときよりも計算ミスが減ったという報告があります。

被験者である小学生の回答よると、ペパーミントの香りを嗅ぐことによって「頭がすっきり」「集中している」と感じ、オレンジスイートの香りを嗅ぐことによって「イライラ」「不安」が軽減され、「やる気」が出たと感じられたそうです。

同じ姿勢で何時間も勉強を続けていれば、疲労感によって集中できなくなるのは当然のこと。1~2時間続けたらアロマでリフレッシュをはかるなど、試してみる価値はありそうですね。

画像:野村純子

画像:野村 純子

 

いかがでしたか? 日頃の成果を出すためには、“直前になって変わったことをしない”ということも重要です。毎朝パン食の人が、受験の朝にいきなりかつ丼を食べてお腹の調子が悪くなったり、いつもと違うルートを通って結局遠回りになったりと、慣れないことをするとペースを乱して動揺してしまうことも。

本命の受験を間近に控えたとき、「ちょっとでも多くの問題を解こうとして新しい問題集を買うのはやめなさい」とも言いますよね。最後は体調を整えつつ、本来の力が発揮できるよう頑張ってくださいね。

 

【参考】

※ 公益社団法人 日本アロマ環境協会 原著論文「小学生の計算力と気分に与える精油の影響」 熊谷千津、永山香織

 

【画像】

※ ESB Professional / Shutterstock

※ 野村 純子