CUCURU(ククル) > グルメ > 梅干しみたい!? 愛知・津島市『ベジタリ菜』がおすすめするローゼルの意外な食べ方

梅干しみたい!? 愛知・津島市『ベジタリ菜』がおすすめするローゼルの意外な食べ方

ベジタリ菜【愛知県・津島市】

画像:大橋千珠

みなさんは、“ローゼル”をご存知ですか? かの有名なクレオパトラも愛飲していたと言われている“ローゼルティー”が有名ですよね。真紅の見た目に心ときめく女子が多くいるとか。

今回は愛知県・津島市のローゼル農家『ベジタリ菜』の杉山さんに、ローゼルの魅力、料理の仕方、ローゼルを使った料理を食べられるお店を聞いてきましたので、ご紹介します!

■ローゼルって何?

ベジタリ菜【愛知県・津島市】

画像:大橋千珠

ローゼルの生産者である杉山さんは耕作放棄地をローゼルの畑にし、今年で6年目。現在は7,000本のローゼルを管理しているようです。

ベジタリ菜【愛知県・津島市】

画像:大橋千珠

ローゼルはがくや花を支えている“総苞”という部分を生食、加熱して食べるものです。加熱の場合はジャムやローゼルティーにして食べるのがメジャーです。総苞が肥大して大きくなったら収穫時。

ベジタリ菜【愛知県・津島市】

画像:大橋千珠

収穫した総苞は種を取り除き、ローゼルティー、砂糖漬け、はちみつ漬けや塩漬けなどに加工していただきます。

主に飲食店に卸しているベジタリ菜ですが、一般向けには去年から始めたローゼル収穫体験が人気になり、リピートする人も多いとか。

ベジタリ菜【愛知県・津島市】

画像:大橋千珠

収穫体験は、1時間ローゼルを指定の袋いっぱいに収穫して、1,500円。その後希望者は近くのお店でローゼルを使用したランチ(別途料金かかります)を食べることができるようですよ。

日程は決まっていますが、5名以上で日程を決めることもできるようなので、気になる方は杉山さんに問い合わせてみてくださいね。

ローゼル農園は津島市の名鉄青塚駅から徒歩7分ほどなので名古屋からもアクセスは便利です。

 

■ローゼルの料理の仕方

ベジタリ菜【愛知県・津島市】

画像:大橋千珠

ローゼルは種を取り出して加工します。ローゼルの下の部分を切り落とします。

ベジタリ菜【愛知県・津島市】

画像:大橋千珠

切り落とした部分から箸の背を突っ込み、種を取り出します。

ベジタリ菜【愛知県・津島市】

画像:大橋千珠

この状態になったらしっかり洗って、調理に使えます。

ベジタリ菜【愛知県・津島市】

画像:大橋千珠

種はお茶袋などに入れてお風呂の入浴剤としても良いそうですよ。

ベジタリ菜【愛知県・津島市】

画像:大橋千珠

教えてもらった食べ方を色々試しましたが、一番お気に入りだったのが、塩漬け。分量はお好みですが、種を取ったローゼルの1/3の塩で漬け込むだけ。

ベジタリ菜【愛知県・津島市】

画像:大橋千珠

1日でつけられるので、とっても簡単! 味はまるで梅干しのよう。

ベジタリ菜【愛知県・津島市】

画像:大橋千珠

細かく刻んで、もやし、水菜のおひたしに和えても絶品! ローゼルが手に入ったらぜひやってみてくださいね。

 

■ローゼルを食べられるお店『あまテラスカフェ』

ベジタリ菜【愛知県・津島市】

画像:大橋千珠

愛知県には何軒かベジタリ菜のローゼルを食べられるお店はありますが、今回は『あまテラスカフェ』をご紹介します。

ドリンクはレモングラスとローゼルのブレンドティー。酸味をきゅっと感じますが、すっきりした飲み口で爽やかです。お好みで砂糖を入れても美味しいですよ。

ベジタリ菜【愛知県・津島市】

画像:大橋千珠

さらに追加50円でローゼルジャムを付けることができます。赤紫のきれいなジャムで爽やかな朝を迎えてはいかがでしょうか?

ベジタリ菜【愛知県・津島市】

画像:大橋千珠

モーニングについてくるサラダにももちろんローゼルが入っています。

 

いかがですか? ローゼルを食べてみたい方、ローゼルを収穫してみたい方、ぜひ行かれてみてくださいね。

<店舗情報>
ベジタリ菜
住所:愛知県津島市城之越町
TEL:090-6466-1504
メール:hibisnomegami@gmail.com

あまテラスカフェ
住所:愛知県あま市七宝町遠島十坪119-2 あま市七宝産業会館1F
電話:052-444-4936
営業時間:8:30~17:15
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日休み)

 

【画像】
※ 大橋千珠