CUCURU(ククル) > 美容・健康 > SNSで人気再燃!ダイエットにも好都合の「チアシードプリン」レシピ

SNSで人気再燃!ダイエットにも好都合の「チアシードプリン」レシピ

画像:野村純子

美意識高め女子の間で一躍有名になったスーパーフード“チアシード”。数年前はオーガニック食品店など、限られたお店でしか入手できませんでしたが、今や100均やスーパーでも安価で販売されています。

愛用している上級者さんも、初めての人も、食欲が暴走しがちな秋に活用できそうですよ! 今回はSNSで人気の“チアシードプリン”をご紹介します。

■今さら聞けない「チアシード」って何?

黒ゴマみたいですが、チア(Chia、チーア)はミント属のハーブで、その種子(シード)なのです。古代アステカでは主食とされていたそうで、栄養価が高いことが知られていました。

参考文献『健康食品・サプリメント[成分]のすべて』によると、健康によいオメガ3系、オメガ6系、オメガ9系の脂肪酸と、食物繊維が豊富であることが記されています(※)。

画像:野村純子

水に浸すとみるみるうちに吸収し、周りに水をまとったようになります。これが少量でも満腹感を得られるポイント。

同様に水分で膨張してお腹を満たす食材としては “オオバコダイエット”が20年くらい前に流行りましたが、必須脂肪酸を含んでいるという点ではチアシードは栄養的な価値もありそうです。

 

■混ぜて放置!? 「チアシードプリン」のレシピ

画像:野村純子

<材料>

・チアシード大さじ1に対し、お好みのドリンク類は約60CC(多ければゆるめになります)の割合

・フルーツ

<作り方>

手順はとっても簡単。ドリンクにチアシードを入れ、冷蔵庫で放置するだけ! 30分ほどでもふやけてきますが、より‘‘プリンっぽく’’するには一晩くらい放置してもいいでしょう。

チアシードを入れて放置することで、チアシードが水分を吸収し、まるでプリンのような一品に仕上がるのです。

しかし、プリンといっても卵や生クリームは使わないため、ドリンクはコクのあるココナッツミルクや豆乳などがいいようです。

チアシードは、水に浸しただけの場合、特に味がないので、味のあるドリンクと混ぜることで食べやすくなりますよ。

画像:野村純子

タネっぽい見た目が苦手な方は、キウイのようなタネのあるフルーツと混ぜれば違和感が薄れます。

画像:野村純子

旬のいちじくと合わせてみるのも良いですね。

チアシードがジェルっぽいので、ゼリー飲料とも相性がよく、小腹が空いたときにはプチプチした食感とともに楽しめます。

画像:野村純子

今回筆者が購入したチアシードは、小袋に8g(大さじ1程度)入りで、38.1キロカロリーと表示されていました。ヨーグルトや豆乳と合わせて試してみた結果、半量でも満腹感がありましたよ。

 

いかがですか?

ちょっと小腹が空いたときにチアシードでまぎらわせるなど、うまく活用してくださいね。

【参考文献】
※ 田中平三ほか(2017)『健康食品・サプリメント[成分]のすべて2017』日本医師会・日本薬剤師会・日本歯科医師会同文書院監修, 同文書院.

【画像】
※ 野村純子