CUCURU(ククル) > グルメ > 話題の間借りカレーが名古屋に!スパイスがクセになる『ANDY CURRY』

話題の間借りカレーが名古屋に!スパイスがクセになる『ANDY CURRY』

画像:夏目佳代

最近話題の『間借りカレー』をご存知ですか?

飲食店のお休みの時間を借りて、カレーを提供するスタイルのカレー屋さんです。東京や大阪では、行列ができるほど人気の『間借りカレー』のお店がたくさんありますが、名古屋でもだんだん増えてきて人気沸騰中なんですよ。

そんな中でもカレー通に人気の『ANDY CURRY(アンディカリー)』をご紹介します。

■おしゃれなBARを「間借り」

画像:夏目佳代

『ANDY CURRY』が間借りしているのは、地下鉄久屋大通駅から北へ徒歩8分ほどのところにある、おしゃれなBAR『ALLAN』。

画像:夏目佳代

『ALLAN』が営業していないお昼の11:30~14:00までの間は『ANDY CURRY』が食べられます。外に看板も出ているのでわかりやすいですよ。

画像:夏目佳代

カウンターにはワイングラスやお酒のボトルが並ぶシックなBAR。ここでカレーのランチが食べられるなんて、食べる前からワクワクしますね。

 

■スパイスとだしの効いたカレーが絶品

画像:夏目佳代

一番のおすすめは『チキンカレー』(800円)。だしに入れた数種類のスパイスはまろやかさも辛さも程よく、煮込まれた手羽元チキンは3本も付いています。

使われているのは、岐阜県の奥美濃地鶏。旨みが強く柔らかいのが特徴です。サラサラのカレーにターメリックライスがよく合い、サラダ、マッシュポテト、キャベツなどがワンプレートになっています。

お客さんからの「合い掛けしたい」との声を受け、200円でキーマカレーをトッピングすることができますよ。

キーマカレーのトッピングには、中がトロットロの温泉卵も乗ってきます。黄身を絡めて食べるのも、また味が変わって美味!

そんなキーマカレーは単品でも食べられます。おすすめは、台湾ラーメン好きな名古屋人に合わせて考えられた『台湾風キーマカレー』(800円)。

中国の薬味もブレンドされていて、台湾ラーメンのようなピリッとした辛みも感じられます。

その他、週替わりのカレーもあるので、週一で通いたくなってしまうほどですね。

カレーはすべて800円。土日祝は900円です。

油や小麦粉を使わずに煮込まれたカレーは味わい深く、数種類のスパイスが代謝を揚げてくれるので食べているとじんわり汗ばんできますよ。

 

画像:夏目佳代

全国から、カレー好きや、カレー通が集まってくるという、名古屋の間借りカレー『ANDY CURRY』。ぜひ一度、足を運んでみてくださいね。

<店舗情報>
ANDY CURRY(アンディカリー)
住所:名古屋市東区泉1丁目11-8
電話:052-684-5221(ALLAN)
営業時間:11:30~14:00
定休日:日曜日、祝日(連休の時は営業の場合有り)
駐車場:なし(近隣にコインパーキング有)

 

【画像】
※夏目佳代

※この記事は、2018年9月時点の情報です。