CUCURU(ククル) > グルメ > 冷凍保存もできる!朝食にスイーツにアレンジ自在の「さつまいも餡」レシピ

冷凍保存もできる!朝食にスイーツにアレンジ自在の「さつまいも餡」レシピ

画像:藤波久仁子

秋から冬にかけてが旬の“さつまいも”。スーパーでお値打ちにゲットできたりして、家にたくさんのさつまいもが……というシチュエーションもあるのではないでしょうか?

さつまいもといえば、やはり“焼き芋”というイメージですが……毎回焼き芋だと飽きちゃいますよね。

そんなとき、冷凍保存できて簡単にアレンジもできるおやつが作れたら助かりますよね。そんな超便利な、“さつまいも餡”を作ってみましょう!

■レンジとフードプロセッサー作る!「さつまいも餡」レシピ

<材料>

さつま芋(皮を剥いたもの)・・・300g

グラニュー糖・・・90g

塩・・・ひとつまみ

グラニュー糖の量は、おいもの甘さやお好みによって調節してくださいね。

<作り方>

(1)さつまいもの皮をピーラーで剥き、1cmくらいの輪切りにします。

(2)レンジ対応容器に(1)を入れてラップをし、600Wで5分間加熱しましょう。

(3)熱いうちに、フードプロセッサーやバーミックスなどに(2)のさつまいもとグラニュー糖を入れてよく混ぜます。

画像:藤波久仁子

(4)混ぜ終わったらボウルにうつします。最後に、甘さを引き立たせるために塩をひとつまみ入れ、ヘラなどざっくり混ぜれば完成!

 

■さつまいも餡で「オープントースト」

画像:藤波久仁子

<材料>

バケット・・・食べる分

さつまいも餡・・・適量

マーガリン・・・適量

黒胡麻・・・適量

<作り方>

画像:藤波久仁子

(1)バケットは、適当な大きさにカットします。

画像:藤波久仁子

(2)マーガリンを塗ります。

画像:藤波久仁子

(3)バゲットにさつまいも餡をたっぷり塗ります。

画像:藤波久仁子

(4)黒胡麻をのせ、オーブントースターで3分程焼きます。

焼き時間は、お持ちのオーブントースターに合わせてくださいね。

画像:藤波久仁子

完成! 秋らしい一品がとっても簡単にできあがりました。

 

■簡単和菓子

もちろんそのまま食べてもおいしいさつまいも餡。餡の味を活かした料理もおすすめです。

<材料>

さつまいも餡・・・適量

白胡麻・・・適量

<作り方>

(1)さつまいも餡を適量ラップに包んで絞り、栗の形をつくります。

(2)絞った餡の下の部分に白胡麻をつければ完成!

画像:藤波久仁子

他にも、餡にバターやマーガリンを足して混ぜ、適当な大きさにし、卵黄を塗ってオーブンで焼けば“スイートポテト”を作ることができますよ。

さつまいも餡は、さまざまなアレンジレシピに使えてとっても便利なんですよ。

 

■餡が残ってしまったら…冷凍保存!

餡を作りすぎて、一度では食べきれない!というときも大丈夫。使いやすいよう適当な大きさに丸め、タッパーなどに詰めて冷凍庫で保存すればOKです。冷凍保存ができるタッパーを使ってくださいね。

適当な容器がなければ、ジッパーバッグでも大丈夫です。

 

いかがですか?

ドーナツ生地に包んで一口ドーナツにしてみたり、パン生地の中に包んで焼いたり、アレンジは無限大。

ぜひみなさんも試してみてくださいね。

【画像】
※ 藤波久仁子