CUCURU(ククル) > グルメ > 思わず立ち寄りたくなる!「名古屋・天白区」のパン屋さん7選

思わず立ち寄りたくなる!「名古屋・天白区」のパン屋さん7選

画像:夏目佳代

朝食などで、毎日のようにパンを食べている人も多いのではないでしょうか。名古屋市内には、全国でも有数のこだわりのパン屋さんがたくさん立ち並んでいます。

そこで今回は、以前CUCURUでご紹介した思わず立ち寄りたくなる、名古屋・天白区のパン屋さんをピックアップしてご紹介したいと思います!

 

■1:Blanc Pain(ブランパン)本店

 

画像:夏目佳代

全国のパン好きから高い支持を集めているのが、『Blanc Pain(ブランパン)本店』で販売されている本場フランスのクロワッサンです。

フランスで15歳からパン職人として働いていたというムッシュがつくる『ムッシュの特製クロワッサン』(180円)は、過去に人気テレビ番組にも出演し、日本で一番おいしいと絶賛された過去があるほど。

画像:ブランパン

外はパリッパリ、中はふわふわで濃厚な発酵バターの香りがたまりません!

また、人気のクロワッサンはモーニングでも楽しむことができます。平日のランチタイムには、多種多様なサンドイッチが食べられる『サンドイッチランチ』(1,070円)をオーダーすることができますよ。

Blanc Pain(ブランパン)本店の記事はこちら!

<店舗情報>
Blanc Pain(ブランパン)本店
住所:愛知県名古屋市天白区植田山1-410
電話:052-783-1131
営業時間:9:00〜19:00
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)

 

■2:一本堂

画像:夏目佳代

食パン専門店として、いろいろな種類の食パンを販売している『一本堂』。

種類によって、小麦の配合やバター、生クリーム、具材を変えて、毎日丁寧に焼き上げられているところも人気の秘密です。

画像:夏目佳代

定番の『一本堂(プレーン)』(260円)だけでなく、『レーズン』(380円)や『チーズ』(480円)など、種類豊富な食パンを購入することができます。

他にも、『ハニーレモン』(550円)、『コーヒーミルク』(500円)、『メープル』(500円)、『練乳レモン』(500円)、『大人チョコ』(550円)といった日替わり食パンを販売していますよ。

一本堂の記事はこちら!

<店舗情報>
一本堂
住所:愛知県名古屋市天白区原2-3501 おがわビル1D
電話:052-801-3970
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日

 

■3:Suntan(さんたん)

画像:夏目佳代

昨年の9月にオープンしたばかりのベーカリーカフェ『Suntan(さんたん)』では、30種類以上の豊富なパンが取り揃えられています。

総菜パンから菓子パンまで、ジャンルを問わずにさまざまなパンを購入することができます。また、夕方には売り切れてしまうそうなので、早めに行くのがベスト!

画像:夏目佳代

こちらのお店では、店内で焼きたてのパンを味わうこともできます。特に、安くておいしいと評判の『パン食べ放題ランチ』はおすすめ!

唐揚げ、ジャンボコロッケ、ソース焼きそば、ビーフハヤシ、カレー、ホワイトシチューの中からメインを一つ選んで、さらにサラダとドリンク、店内で焼き上げたパンが90分食べ放題となっています。

Suntan(さんたん)の記事はこちら!

<店舗情報>
Suntan(さんたん)
住所:愛知県名古屋市天白区植田本町1-508 愛英Park1
電話:052-808-3160
営業時間:9:00~17:00(パンの販売は18:00まで)、モーニング9:00~11:00、ランチ11:00~14:00(食べ放題は15:00まで)
定休日:日曜日

 

■4:VAGOT(ヴァゴット)

画像:大橋千珠

もともとは『高級パン専門店フランスパン』という名前で喫茶店やホテル、レストランなどへパンを卸していた『VAGOT(ヴァゴット)』。その歴史は、なんと1965年から続いているのだとか!

「訪れた人にワクワクしてもらいたい」という想いをテーマにした店内では、40種類以上のパンが並んでいます。人気店と言うこともあり、常にお客さんが出入りしているのですが、平均で1日約900個も売れるのだそう!

画像:大橋千珠

ほんのり香る優しい甘さがたまらない『イギリス山型食パン』(2斤500円)や、チョコクリームとカスタードクリームの2種類が挟まった『デラックス』(200円)が特に人気。

また、店内にはイートインスペースも設けられています。コーヒーはセルフサービスとなっていますので、ゆったりとおいしいパンを味わいながら過ごしてくださいね。

VAGOT(ヴァゴット)の記事はこちら!

<店舗情報>
VAGOT(ヴァゴット)
住所:愛知県名古屋市天白区菅田2−603
電話:052-715-9611
営業時間:9:00〜19:00
定休日:月曜日、第2・4日曜日

 

■5:ブランジェリーぱん・くまくる

画像:田原 綾

名古屋市営地下鉄桜通線野並駅の近くにある『ブランジェリーぱん・くまく』。お店の名前でもあるブランジェリーとは、“職人が小麦を選び、そこで焼き上げたパンをそのまま売る店”のことです。

お店のこだわりは、良質な素材を使うこと。バックヤードもフルオープンにしてあり、作り手の顔が見えるというのは安心感が増すのではないでしょうか。

画像:田原 綾

また、営業時間は19時半までとなっていますが、ギリギリまで何かしらのパンは焼き続けているのだとか! いつ誰が来ても焼きたてのパンに出会えるようにしています。

さらに、こちらのお店でつくられているパンには食品添加物が一切使われていません。お子さまにも安心・安全なパンを提供したいという思いからで、「お母さんの手伝い」のような存在を目指しているそうですよ。

ブランジェリーぱん・くまくるの記事はこちら!

<店舗情報>
ブランジェリーぱん・くまくる
住所:名古屋市天白区野並3-404メゾン野並1A
電話:052-893-9860
営業時間:8:00~19:30
定休日:日曜日

 

■6:こどもぱんや

画像:夏目佳代

いろいろな特徴があるお店は少なくありませんよね。『こどもぱんや』もその一つで、手作りのおいしいパンを小さなお子さまでも自分で買うことができます。

店内では、小さな子どもたちが自分で好きなパンを取れるようにと低いところに棚が設置されています。また、育児書などを参考にして、子どもの手に合う小さなトレーやトングも用意。

画像:夏目佳代

普段は時計店を営んでいるため週に一度しかオープンしていないパン屋さんですが、午前中には売り切れてしまうという人気ぶり!

昭和30年代から続く老舗時計店の職人が手掛ける無添加天然酵母のパン。こどもの「やりたい」をかたちにしたお店ですので、ぜひお子さまと一緒に足を運んでみてくださいね。

こどもぱんやの記事はこちら!

<店舗情報>
こどもぱんや
住所:愛知県名古屋市天白区土原4-415
営業時間:052-803-0015
定休日:水曜日 ※ パンの販売は金曜日のみ(7、8月はお休み)

 

■7:シャンテーコジマ

画像:夏目佳代

名古屋の朝といえば、喫茶店のモーニングですよね。こちらの『シャンテーコジマ』は、なんと200種類以上のパンがドリンク代のみで食べ放題になるんです!

パンの種類はお店の方にお任せとなっています。初めは3種類のパンを持ってきてくれて、お皿が空いたら次のパンをおかわりできる仕組み。

画像:夏目佳代

また、100円プラスすれば目玉焼きとサラダが、200円プラスすればベーコンエッグとサラダが付いてきます。

さらに、12:00~18:00まではドリンクを頼むと好きなパンが1個サービス、18:00~20:00まではなんと2個サービス! 出血大サービスすぎるカフェベーカリーなのです。

シャンテーコジマの記事はこちら!

<店舗情報>
シャンテーコジマ
住所:愛知県名古屋市天白区中平1-701
電話:052-802-5590
営業時間:7:00~20:00
定休日:火曜日、第3水曜  ※ 8月は1ヶ月間お休み

 

いかがでしたか?

パンを普段あまり食べないという人でも、気になるお店が見つかったのではないでしょうか。地元に愛され続けているパン屋さん、ぜひ足を運んでみてくださいね。

パンの記事をもっと見る!

【画像】
※ 夏目佳代、ブランパン、大橋千珠、田原綾

【関連記事】
※ 名古屋の有名すぎる名店!天白区『ブランパン』の超人気クロワッサン
※ 生とトーストで味が変わる!? 名古屋・天白『一本堂』夏の限定メニュー3つ
※ 980円パン食べ放題ランチが話題!名古屋市天白区『Suntan(さんたん)』
※ 食パンが超やわらか!1日900個も売れる名古屋・天白のパン屋さん『VAGOT』
※ 名古屋市天白区『ブランジェリーぱん・くまくる』は街の優しいパン屋さん
※ 時計店がパン屋さんに!? 週に1度しか買えない人気店『こどもぱんや』
※ 200種類のパンが食べ放題!名古屋の老舗ベーカリーカフェが凄い

※ この記事は、2017年2月~2018年7月に取材した情報です。