CUCURU(ククル) > ライフスタイル > ダルくて月曜が憂鬱…そんなお疲れ女子を救う「元気回復メシ」4つ

ダルくて月曜が憂鬱…そんなお疲れ女子を救う「元気回復メシ」4つ

いまの時期は、忙しかった年末年始の疲れが出やすいですよね。しかも、厳しい冷え込みで風邪をひいたりと、なんだかコンディションがイマイチな方も多いでしょう。

そこで今回は、胃に優しくて栄養もしっかり摂取できる“パワー回復食”を4つご紹介します。

 

■1:おかゆ・雑炊

ご飯をお湯やスープで柔らかくなるまで煮込んたおかゆや雑炊は、消化しやすく胃や腸が酷使されることがないため、内臓への負担を軽減させることができます。

また、体が冷えていると血液やリンパの流れが悪くなり、ますます体調を悪化させる原因に。しかし、グツグツと煮込んだおかゆや雑炊は、食べるだけで体が温まるので冷え対策の面でも優秀。

つくるのも簡単なので、疲れているときや体調がイマイチのときでもオススメです。

 

■2:野菜スープ

人参やごぼうなどの好きな野菜と固形スープの素を一緒に鍋に入れ、煮込むだけの簡単スープも疲れた体にはピッタリ。

体を温めながら野菜の栄養をしっかり摂れます。

姉妹サイト『VenusTap』の記事「冷えてる女は痩せない!医師も実践“最強の体温UP調味料”とは」で紹介しているように、オリーブオイルを少し垂らすのもオススメ。

オリーブオイルが体内に薄く均一な油膜を張り、熱を逃がさない蓋の役割をするため保温持続効果があります。温かいものと一緒に摂ることで、ずっと体がポカポカするそうです。

 

■3:温野菜のサラダ

「野菜をしっかり食べて栄養補給したい」と思うのなら、体を冷やす可能性のある冷たいサラダより、温野菜を食べましょう。

電子レンジで簡単に蒸し野菜ができる調理グッズを使えば、野菜に含まれた栄養を逃さず丸ごと食べることができるでしょう。

今の時期は『美レンジャー』の過去記事で「ハァ…疲れた!スタミナ切れを救う“β-カロテン”を多く含む食材3つ」ご紹介している食材を摂り入れて、疲れ知らずな体をつくりましょう。

 

■4:味噌汁

体に必要な栄養をしっかり摂れる、優秀メニューが味噌汁。味噌には大豆由来の乳酸菌がたくさん含まれています。

このお味噌の乳酸菌は、温度変化にも強く、腸までたどり着く確率が高いとされています。乳酸菌の働きで腸内環境がアップすると、免疫力も高まります。

わかめなどの海藻類や玉ねぎや人参など、栄養たっぷりの野菜を加えていただきましょう。

 

ここで紹介したリセット食は体調不良のときだけでなく、ダイエットや健康目的で体をリセットさせるときにもおすすめのメニューです。

たとえば、『美レンジャー』の過去記事「1週間で-1.5kg!“味噌汁ダイエット”成功の鍵は3つの黄金ルール」や「週末2日で…疲れ胃腸をリセット!劉先生の“痩せるおかゆダイエット”」などでも、活用法をご紹介しています。

平日の忙しさに備えるため、週末は体を労ってくださいね。