CUCURU(ククル) > グルメ > タイ料理の新名物!? 名古屋・浄心『ヤンガオ』のカレー&卵がクセになる

タイ料理の新名物!? 名古屋・浄心『ヤンガオ』のカレー&卵がクセになる

名古屋・浄心『ヤンガオ』

画像:スズキカオリ

すっかり人気となったタイ料理。今回は“だし・うま味料理研究家”の筆者が、2018年4月にオープンしてすでに話題となってるタイカレーのお店『ヤンガオ』をご紹介します。

タイカレーは、グリーンやレッドカレーなどココナッツ風味のカレーが有名ですが『ヤンガオ』で食べられるのは、タイ北部・チェンマイ地方の家庭料理“ゲーンハンレー・カレー”です。

日本ではあまり馴染みのないカレーですが、あまりの美味しさにリピーターが続出で、完売する日もあるとか。さて、いったいどんなカレーなのでしょうか?

 

■場所は、地下鉄浄心駅からすぐ

名古屋・浄心『ヤンガオ』

画像:スズキカオリ

『ヤンガオ』は、地下鉄浄心駅4番出口からすぐの右手にあります。お店の前にある小さな看板が目印ですよ。

名古屋・浄心『ヤンガオ』

画像:スズキカオリ

階段を3階まで登ると、目に飛び込んでくる鮮やかな黄色の入り口が登場。まるで洋服屋さんやカフェを思わせるオシャレな雰囲気!

名古屋・浄心『ヤンガオ』

画像:スズキカオリ

明るい店内には、デザイナーでDJでもあるオーナーがセレクトした雑貨、タイミュージックCD、カラフルなバッグやアパレルなど、タイ好きの方もそうでない方もきっと欲しくなる、かわいい商品が並んでいます。

 

■ランチは2種類!

名古屋・浄心『ヤンガオ』

画像:スズキカオリ

ランチは、ゲーンハンレー・カレーの『ヤンガオカレー』と『マッサマンカレー』の2種類。その他、ココナッツミルクアイスクリームや、タイティーなどカフェメニューもあります。

名古屋・浄心『ヤンガオ』

画像:スズキカオリ

『ヤンガオカレー』はS・M・Lサイズがあり、値段は800円から。トッピングのゆで卵(80円)はオススメなので、ぜひ一緒に注文してみてください!

タイではカレーにゆで卵をトッピングするのが定番なんですよ。

名古屋・浄心『ヤンガオ』

画像:スズキカオリ

山型のジャスミンライスにサラダとチャツネが添えられた『ヤンガオカレー』がこちら。トロッとした茹で加減の卵も食欲をそそります!

名古屋・浄心『ヤンガオ』

画像:スズキカオリ

ゲーンハンレー・カレーの特徴である、ホロホロの豚肉がたっぷり! コクのあるカレーは、甘味の中にピリッと効いたスパイスが絶妙で、生姜とレモングラスの爽やかさがプラスされているのも美味しさの秘密です。

一口食べるごとにクセになる不思議なカレー。またすぐに食べたくなるのも納得です!

 

名古屋・浄心『ヤンガオ』

画像:スズキカオリ

いかがですか?

『ヤンガオ』は、タイにいる気分が楽しめるタイビールやアルコール系も充実していますよ。ぜひ新しいタイの魅力を発見してみてくださいね!

<店舗情報>
ヤンガオ
住所:愛知県名古屋市西区花の木3-13-23 クレスト浄心303
アクセス:地下鉄浄心駅4番出口すぐ右
電話:070-4469-6412
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30)、18:00~21:00(L.O.20:30)

【画像】
※ スズキカオリ

※ この記事は、2018年9月時点の情報です。