CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 秋のおでかけにいかが?愛知県『おかざき自然体験の森』で大自然を満喫

秋のおでかけにいかが?愛知県『おかざき自然体験の森』で大自然を満喫

愛知県岡崎市『おかざき自然体験の森』

画像:大橋麻美子

今回ご紹介するのは、愛知県岡崎市にある『おかざき自然体験の森』。こちらでは普段の生活では味わうことができない、貴重な体験をすることができます。

今回は大自然の中で『流しそうめん体験』をしてきたので、その様子を中心に、魅力をたっぷりとご紹介します!

おでかけ情報をもっと見る!

 

■『おかざき自然体験の森』とは

愛知県岡崎市『おかざき自然体験の森』

画像:大橋麻美子

愛知県豊田市に隣接する岡崎市の北部にある里山を利用した施設です。市民が利用を考え運営するという市民主体のスタイルをとっています。

里山の維持管理を中心に、豊かな自然の中で生き物を観察したり、さまざまな体験したりすることができます。環境教育も行っている森なんですよ。

 

■「誰でも参加できる体験」が充実!

2000年になったころから、全国で“里山保全”が注目されるようになりましたが、こちらもまさに、里山保全事業の一つとして2002年につくられました。

里山再生のために活動する市民のサポーターズクラブがメインとなり、森でのさまざまな活動も行われています。その中で月2回くらい、それぞれの市民団体が“誰でも参加できる体験”の活動日を設けているんです。

愛知県岡崎市『おかざき自然体験の森』

画像:大橋麻美子

例えば、炭焼き、竹工作、わらぞうり作り、ほうき作りなど。様々な体験環境プログラムが充実しています。

 

■8月の体験「流しそうめん」をレポート!

筆者は今回、この中の一つ『竹林保全と流しそうめん体験』というものに参加してきました! この森には竹林もありますが、定期的に間引きやら手入れをしないと守ることができません。

そこで、伐採した竹を流しそうめん用に改良し、みんなでそうめんを楽しみます。

愛知県岡崎市『おかざき自然体験の森』

画像:大橋麻美子

まず、竹の性質の説明をボランティアの方からじっくり伺います。「竹は細い方に裂けていくので、均等に2つに割るにはくるくる回しながらよく見て割らなければいけない」とか、「竹には上下があり、上から切らなければならない」など、コツを聞きながら実際に子どもたちもお手伝いします。

他にも、2つに割れた竹の節を金づちでガンガン叩き割って取るという作業もあります。あとは、電動の研磨機で滑らかにした4メートルほどの竹を8本組み合わせて、全長30メートルの流しそうめん装置の完成です!

愛知県岡崎市『おかざき自然体験の森』

画像:大橋麻美子

竹林の前に立っていると、涼しい風が吹き込んでくるのを感じることができます。また、そうめんを冷たい水からすくって口に入れると、暑さを忘れることができました。

愛知県岡崎市『おかざき自然体験の森』

画像:大橋麻美子

このイベントは毎年8月の中旬に行われています。この作業を行った“管理棟”は、築250年の農家を移築した懐かしい雰囲気の建物で、家の中には森で拾えるどんぐりや、木の枝、栗、竹の切れ端などを自由に使って工作ができるスペースもあります。無料で色々な工作ができるので親子で楽しめますよ。

愛知県岡崎市『おかざき自然体験の森』

画像:大橋麻美子

この他にも炭火焼き窯があり、本格的な竹炭や木炭を作る体験もできます。森の中には7つのハイキングコースもあるので、バードウォッチングやウォーキングに訪れる人もいるそうですよ。

綺麗に整備された里山は、自然をそのままに感じられ、適度に道などは整備されています。とても心地よい森ですよ。

 

いかがですか?

貴重な体験ができる『おかざき自然体験の森』。公式サイトによれば、9月には草木染め、10月にはサツマイモ掘り体験ができるそう。

これからの季節、森林浴や環境学習におでかけしてみてくださいね。

<施設概要>
おかざき自然体験の森
住所:愛知県岡崎市八ツ木町字池ノ上10
電話:0564-45-5544
営業時間:3月~10月 8:30~17:00、11月~2月 8:30~16:00
定休日;月曜日、12月28日~1月4日

【画像】
※ 大橋麻美子

※ この記事は、2018年9月時点の情報です。