CUCURU(ククル) > グルメ > 古き良き雰囲気が魅力!「名古屋・円頓寺周辺」で行きたいランチのお店5選

古き良き雰囲気が魅力!「名古屋・円頓寺周辺」で行きたいランチのお店5選

画像:野村純子

かつては門前町として栄えていた円頓寺界隈。昭和を思い出させるようなレトロなお店が立ち並ぶ商店街があり、飲食店も多くあるので、ぜひランチなど楽しみながら散策したいところ!

そこで今回は、以前CUCURUでご紹介した円頓寺周辺のランチがおいしいと評判のお店を、ピックアップしてご紹介したいと思います。

 

■1:喫茶・食道・民宿。なごのや

画像:野村純子

創業80年の喫茶店が2015年にリニューアルオープンした『喫茶・食道・民宿。なごのや』。

かつては人気バラエティ番組で“一見小汚く見えるがうまい店”として紹介されていたこちらのお店ですが、改装後はスタイリッシュで明るい雰囲気に生まれ変わっています。

画像:野村純子

そして、いまも昔も変わらず人気があるメニューが『タマゴサンド』(750円)です。なんと、8割以上の方が注文するという定番メニューで、温かくふわふわのオムレツは食パンの約3倍の厚さがあります。

また、こちらのお店ではランチメニューも大人気! お隣の『肉の丸小商会』とコラボしたガッツリ系の『ミンチカツとからあげ定食』(800円)は、お肉屋さんならではのおいしいミンチカツがアツアツでいただけますよ。

<店舗情報>
喫茶・食道・民宿。なごのや
住所:愛知県名古屋市西区那古野1-6-13(近隣コインパーキング1時間200円程度)
電話:052-551-6800
営業時間:11:30~23:00
定休日:月曜日

 

■2:芒種(ぼうしゅ)

画像:大橋千珠

円頓寺商店街の中でも人気のパン屋さん『芒種(ぼうしゅ)』。こぢんまりとした店内には無駄なものが一切なく、すっきりとした木目と白い壁がおいしそうなパンを一層際立たせています。

国産小麦にこだわり、天然酵母を使用しているので、どのパンも表面はパリッとフランスパンのような歯ごたえ。中身は驚くくらいふんわりとしているのが特徴です。

画像:大橋千珠

お店で大人気なのが『クランベリーパン』。隙間がないくらいに入っているクランベリーの甘さが前面にきて、すっきりした酸味が後を引くおいしさです。

他にも『ココナッツプチ』『ココア』『緑茶の豆ぱん』など、種類が豊富。とても人気のため、早めに行かないと売り切れてしまうこともあるそうですよ。

<店舗情報>
芒種(ぼうしゅ)
住所:愛知県名古屋市西区那古野1-2-16
電話:052-551-8170
営業時間:10:00〜18:00
定休日:火曜、水曜

 

■3:鉄板焼 日喜屋(ひよしや)

画像:野村純子

“サラリーマンの聖地”のようなお店『鉄板焼 日喜屋(ひよしや)』は、50年以上続く老舗で「つい寄りたくなるお店」として評判です。

こちらで人気なのが、ご飯にもビールにも合う味噌味で炒めた『豚ホルモン』(380円)! 牛ホルモンより脂が少なくてヘルシーなのも人気の秘密。

画像:野村純子

また、630円~いただける焼きそばやお好み焼きも大人気です。

夜も十分にお値打ちですが、ランチはさらにお得。味噌味のホルモン焼きがご飯に乗った『ホルモン丼』(400円)など、ボリューム満点のメニューが揃っていますよ。

<店舗情報>
鉄板焼 日喜屋(ひよしや)
住所:愛知県名古屋市西区那古野1-21-21
電話:052-565-0598
営業時間:17:00~22:00、ランチは月~金11:30~13:30
定休日:日曜、祝日

 

■4:御食事処 はね海老

画像:野村純子

名古屋名物であるエビフライや味噌カツ。そんな人気の“フライ”が、ランチでお得に食べられると評判なのが『御食事処 はね海老』です。

昭和から続く有名店なだけあり、店内はどこかレトロな雰囲気が漂っています。店内は奥に広く、4人掛けテーブルが6台並べられています。

画像:野村純子

お店の看板メニューは、なんといってもエビフライ! 人気の『エビフライ定食』ならライスと赤だしがついて900円です。

エビの殻は尻尾の直前の部分まで丁寧に処理されているので、尻尾の付け根まで食べやすく、おいしくいただけます。

他にもトンカツ、貝柱フライ、カニクリームコロッケなどの揚げ物系メニューがたくさん! 迷ったらお好きな二種類をチョイスできる『二種盛り』(900円)がおすすめですよ。

<店舗情報>
御食事処 はね海老
住所:愛知県名古屋市西区那古野1-20-37
電話:052-551-1671
営業時間:11:30~14:00、金・土17:30~20:00
定休日:日曜日

 

■5:カフェドリオン

画像:カフェドリオン

最後は、食後のデザートにぴったりなとっておきのお店をご紹介します。

ランチでお腹いっぱいになったら、甘くておいしいスイーツを食べたくなりますよね。そんな方におすすめしたいのが、極上パフェが食べられるとして評判の『カフェドリオン』。

1玉6,000円もする静岡県産のクラウンメロンを、1/4玉も使用している『メロンパフェ』(税込1,630円)は、赤字覚悟で質にこだわることを重視したのだとか!

画像:カフェドリオン

また、マンゴーがどっさりのったインパクト絶大な『完熟空輸マンゴーパフェ』(税込1,510円)も大人気! タイから空輸したマンゴーを贅沢に使っています。ソフトクリーム、バニラビーンズアイス、マンゴープリンも入っていますよ。

こちらも期間限定ですが、6月初旬~中旬まで販売される『白桃パフェ』(税込1,580円)もおすすめですよ。“日川白鳳(ひかわはくほう)”という桃を、一つのパフェになんと1.5~2玉も使っています。

<店舗情報>
カフェドリオン
住所:愛知県名古屋市西区那古野1-23-8
電話:052-571-9571
営業時間:平日11:00~19:00、土日祝9:00~18:00 (オーダーストップは閉店30分前)
定休日:水曜日、第2・4火曜日

 

いかがでしたか?

歴史ある商店街の中には、ランチがおいしいと評判のお店もたくさん! 古き良き雰囲気が漂う街並みを散歩しながら、お気に入りのお店でランチを楽しんでくださいね!

【画像】
※ 野村純子、大橋千珠、花井ゆり、カフェドリオン

【関連記事】
※ 名物タマゴサンドがふわふわ!名古屋・円頓寺商店街の穴場カフェ『なごのや』
※ 自家製天然酵母でふわふわっ…!円頓寺商店街の大人気パン屋『芒種』
※ 野菜大盛ホルモン焼きが380円!円頓寺商店街『日喜屋』がコスパ最強
※ 名古屋・円頓寺商店街『はね海老』の平たいエビフライが美味い!
※ 赤字覚悟のクラウンメロンも登場!『カフェドリオン』の極上パフェ3つ

※ この記事は、2017年5月~2018年3月に取材した情報です。