CUCURU(ククル) > グルメ > 限定商品も!大評判の食パン専門店『一本堂』名古屋上小田井店をレポ

限定商品も!大評判の食パン専門店『一本堂』名古屋上小田井店をレポ

画像:西川 奈穂美

今注目を浴びている食パン専門店の『一本堂』。皆さんご存知ですか? 『一本堂』は大阪生まれの食パン専門店。現在は東京を中心に全国でフランチャイズ展開していて、各メディアでも取り上げられるなど大評判なのです。

名古屋では、名古屋市千種区仲田に昨年7月に初めてオープン。そして2号店が、昨年9月に名古屋市西区上小田井に進出しました。

実は、西区上小田井にはヤマザキパンの工場があるのですが、直売はしておらず、直接買える食パン専門店はここが初めて。こだわりのお店が近くにあるのはかなり嬉しいですよね。

今回は、まだ足を運んだことのない方のために、『一本堂 名古屋上小田井店』を取材レポートします!

 

■味も食感も種類が豊富!上小田井店の一番人気は…?

『一本堂 名古屋上小田井店』は、ショッピングセンター『mozo ワンダーシティ』や、ケーキ屋さん『レニエ』からほど近い住宅街にあります。

画像:西川奈穂美

店頭には、パンの種類ごとの焼き上がり時間が掲示してあります。焼きたてが買えるような心遣いが嬉しいですね。

画像:西川 奈穂美

店内に入ると、小麦の良い香りが立ち込めています。種類豊富な食パンが並べられていました。

画像:西川 奈穂美

国産の小麦を使ったものと、カナダ産の小麦を使ったもの。材料の分量をかえて、さらりと食べられるものや、もっちりした食感のものなど、一口に「食パン」といっても様々な種類が楽しめます。

生地にチーズやメイプルなどを巻き込んで焼き上げた食パンもあり、選ぶのに迷ってしまいそうです。

中に何も入っていない食パンは、その場で希望の厚さにスライスもしてくれますよ。

上小田井店の一番人気の食パンは“あんこ”。仲田店にはない、上小田井店限定商品です。数量限定のため、筆者が取材に伺った日も午前中には売り切れてしまいました。予約しておくと確実だそうです。

画像:西川 奈穂美

 

■実際に“れーずん”を食べてみました!

画像:西川 奈穂美

筆者が選んだのは、“ゆたか”と“れーずん”。一つひとつ丁寧に包装してくれます。

ちなみに“ゆたか”は、信州産と北海道産の小麦をブレンドした商品なのだとか。小麦の風味がしっかり味わえる贅沢な一品です。こちらはお友達のお家へお邪魔するときの手土産にも良いですね。

“れーずん”はラム酒に1週間以上漬け込んだレーズンがたっぷり入った、味わい深いレーズンパンです。

美味しい食パンは、もらう側もワクワク嬉しいですよね。さっそく“れーずん”を試食してみました。

画像:西川 奈穂美

焼き模様をよく見ると、渦になっている面があります。そこを切ると、下のような感じに。

画像:西川 奈穂美

給食に出てきたようなレーズンパンではなく、レーズンがぐるぐる巻きこんでありました。“チーズ”や“メープル”、“あんこ”も同じように作っているのだとか。

ふわっとした生地も、しっとり風味の良いレーズンもそれぞれ楽しめて美味しかったです。トーストすると、さらに香りが際立ちますよ。

レーズンがあまり好きじゃない子どもたちもパクパク食べてしまうほど!

画像:西川 奈穂美

ちなみに、お店には、国産のこだわりジャムも置いてありました。原材料も書いてあるので、安心ですよね。

 

以上、『一本堂 名古屋上小田井店』をご紹介させていただきましたがいかがでしたか?

食パンは、コンビニでもスーパーで、値段もそこそこで買えます。でも食パン専門店なら、確かにお値段は少し張りますが、その分の美味しさと原料にこだわった安心があります。

作り手の顔を見ながら、話をしながら購入できるって素敵ですよね。

住宅街の片隅ですが、すごく混雑はしていないものの、ひっきりなしにお客様がみえていました。お店の方も色々なことを教えてくれるので、気軽に話しかけて自分にぴったりの食パンを見つけてみてくださいね。

<店舗情報>

一本堂 名古屋上小田井店

住所:名古屋市西区赤城町1ネオ赤城1番F3号
TEL:052-508-6675
営業時間:9:30~19:00(売切れ次第終了)
定休日:日曜日
駐車場2台あり
※予約はお電話か店頭で。多数の場合は予約数制限あり。
HP:http://ippondo-nagoyakamiotai.crayonsite.net/

 

【画像】

※ 西川 奈穂美

Recommend今あなたにおすすめ