CUCURU(ククル) > グルメ > コシのある麺と優しいダシが決め手!名古屋・東区『マドカ』の沖縄そば

コシのある麺と優しいダシが決め手!名古屋・東区『マドカ』の沖縄そば

画像:大橋千珠

真夏の厳しい暑さが穏やかになってきました。しかし、まだ夏の疲れがたまっていませんか? そんなときはダシのきいた優しい“沖縄そば”がオススメ!

名古屋・東区にある『沖縄そばの店マドカ』は、沖縄そばの専門店。2017年9月にオープンしたのでもうすぐ1周年になります。

優しいダシとコシのあるそば、トッピングも魅力的で、食べると気分はまるで沖縄! そんな『マドカ』の魅力に迫りました。

 

■メニューは「沖縄そば」と「ソーキそば」の2種類

画像:大橋千珠

こちらは“沖縄そば”(850円)。ラフテー(豚角煮)、もずく、ネギ、かまぼこ、紅生姜がトッピングされています。

もずくが乗っている沖縄そばは珍しいそう。かまぼこも沖縄のかまぼこを使用していて、一度素揚げしたものを使っています。歯ごたえが抜群に良いですよ。

そして、豚角煮はびっくりするくらいほろほろです。自家製の豚角煮で、ほろほろにするコツは下処理をしっかりすることだそうです。下ゆでになんと1時間もかけているそうですよ!

画像:大橋千珠

麺はもっちり歯ごたえがあります。首里製粉の麺を使っていて、噛むほどに美味しさを感じます。

優しい味わいのダシは昆布と鰹がベースで、最後まで飲み干してしまうほど! ちぢれ麺にスープが優しく絡みますよ。また、磯の香りのするもずくもたまらなく美味しいです。

“ソーキそば”(900円)もあり、こちらははラフテーの代わりに“軟骨ソーキ”が入っているとのこと。

画像:大橋千珠

こちらの“こーれーぐーす”は、島唐辛子を泡盛でつけた調味料で、ソーキそばや沖縄そばにかけていただくとピリッとした味わいになるそうです。

また、ランチタイムにはご飯(通常150円)が無料! セルフサービスなので自分で取りにいきましょう。

 

■泡盛やオリオンビールなど、沖縄ドリンクも揃う

画像:大橋千珠

セルフサービスのお水には備長炭が入っています。ご飯にも備長炭を入れて炊いているんだそう。

画像:大橋千珠

ドリンクは泡盛、オリオンビール、オキナワンラムなどがあります。ゴーヤードライというものもありました。お昼の営業からでもアルコールは飲めるそうです。

画像:大橋千珠

さらに、マドカのオリジナルドリンク“甘酒シークァーサー”もあります。甘酒好きな方は見逃せませんね!

 

■アットホームな店内がいい感じ!

画像:大橋千珠

店内はカウンター席とテーブル席のコンパクトな造り。家庭のような温かみがあります。

画像:大橋千珠

アットホームな雰囲気なので、リラックスして食事ができますよ。

 

いかがですか? スープまで飲み干せるほど優しくて旨味の強い沖縄そば。ぜひ食べてみてくださいね!

 

<店舗情報>
沖縄そばの店マドカ
住所:愛知県名古屋市東区筒井3-9-11
電話:052-931-6588
営業時間:11:00~14:30、18:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:水曜日

【画像】
※ 大橋千珠

※ この記事は、2018年9月時点の情報です。