CUCURU(ククル) > グルメ > 丸ごとレンジでチン!? 驚くほど簡単な「生のカボチャ」の切り方&レシピ3つ

丸ごとレンジでチン!? 驚くほど簡単な「生のカボチャ」の切り方&レシピ3つ

画像:大橋千珠

まだまだ残暑が厳しいですが、暦の上ではもう秋。

秋といえばスーパーではかぼちゃの品種がたくさん並びます。ケーキ屋さんでもかぼちゃのスイーツが販売されますよね。直売所でも丸ごとのかぼちゃが安く手に入ることもあります。

しかし丸ごとのかぼちゃは硬くて切りにくい……という方も多いのでは? そんなときは、“あるポイント”をおさえれば簡単に包丁が入るんですよ!

レシピの記事をもっと見る!

 

■ポイント1:硬いかぼちゃは丸ごとレンジでチン!

かぼちゃを切るときには、ポイントが2つあります。まずは皮をやわらかくするため、電子レンジを使いましょう。

画像:大橋千珠

なんと、お皿にかぼちゃを丸ごと1個乗せて、そのまま温めてしまいます。切り込み等は不要です。

ラップをせずに、700Wの電子レンジで4分間加熱しましょう。その後包丁を入れると、すっと刃がが入りやすいですよ。

 

■ポイント2:切るときは下の方から!

電子レンジで温めるだけでもかなり切りやすくなりますが、もう一点、“切り方のポイント”も覚えておくとさらにラクに切れますよ。

画像:大橋千珠

丸ごとのかぼちゃを切るとき、ヘタの部分から包丁を入れる方が多いのでないでしょうか? しかし実は、ヘタのン部分から包丁を入れると切りにくく、なかなか刃が入らないんです。

画像:大橋千珠

そこで、ひっくり返して、下の部分から刃を入れてみなしょう。すると、意外なと割とすっと簡単に刃が入りますよ。

画像:大橋千珠

画像:大橋千珠

半分に切れたら、今度は4分の1にカットにする方法です。

画像:大橋千珠

切り口を下にして包丁を入れると、4分の1に切ることができます。

画像:大橋千珠

切り口を上にして切っても切れますが、まな板との接地面が少なく、コロコロ揺れるので危ないです。

画像:大橋千珠

4分の1カットにしたらスプーンなどでワタと種を取り除きます。

画像:大橋千珠

キレイに切ることができました!

 

■丸ごと使い切りレシピ3つ

丸ごとのかぼちゃが手に入ったら、使い切って常備菜にしましょう。今回は簡単レシピを3つご紹介します。

(1)めんつゆでかぼちゃの煮物

画像:大橋千珠

一口大の大きさにカットしたかぼちゃを鍋に入れて、半分くらい浸るほどの水を入れます。

めんつゆ、砂糖、醤油を入れて味を確認し、好みの味になったら火にかけ、柔らかくなるまで煮込んで出来上がり! めんつゆを使うので味がピタッと決まりますよ。

(2)サラダチキンとかぼちゃのサラダ

画像:大橋千珠

かぼちゃを一口大に切り、皿に入れてラップをし、(上記の下ごしらえで4分加熱していますが)さらに1〜2分ほど加熱します。ラップの上からスプーンなどで触ってみて柔らかくなっていたらOK(熱いので火傷に注意)。

ボウルに入れてかぼちゃをつぶします。塩コショウ、マヨネーズで好みの味にし、市販のサラダチキンを細かく切り練りこんだら完成! 好みでサラダを周りにちらしてもOK。

好みでレーズンを入れても美味しいですよ。

(3)オリーブオイルソテー

画像:大橋千珠

上記で下処理したかぼちゃを7〜8ミリ程度の幅に切り、オリーブオイルをひいたフライパンでじっくり表面を焼きます。火が通ったら皿に出して塩をふりかけたら完成。

じっくり加熱して甘みを出したかぼちゃと塩味の相性は抜群です!

 

いかがですか?

丸ごとかぼちゃが手に入ったらまずはレンジで柔らかくして調理をすると切りやすいし、調理の加熱時間が少なくて時短にもなりますよ。

【画像】
※ 大橋千珠

Recommend今あなたにおすすめ