CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > ママに嬉しい!タリーズコーヒー豊橋駅前店「キッズスペース」が素敵すぎ

ママに嬉しい!タリーズコーヒー豊橋駅前店「キッズスペース」が素敵すぎ

画像:BIBIKO

タリーズコーヒーの『タリーズスノーマンラテ』ご存知ですか? たっぷりのホイップとチョコソースの上に、雪だるまのマシュマロが可愛い季節限定のドリンク。それだけでフォトジェニックになり、SNSでも話題ですよね!

こうした話題になるドリンクやフードを飲んだり食べたりしたいけど、子どもが小さいから……などの悩みで、お洒落なカフェに行きにくいというお母さんたちも多いのではないでしょうか?

今回は愛知県豊橋市の『タリーズコーヒー豊橋駅前店』に、子ども連れの方に向けて、キッズスペースが毎週金曜日に作られている!と聞いたので、実際に筆者が取材をしてきました。

 

■子どもを見守りながらカフェタイムできる空間

タリーズコーヒー豊橋駅前店は、毎週金曜日の午前7時30分から午前11時30分までキッズスペースが設けられます。店内の一角にプレイマットが敷かれて、子どもが自由に動き回れるようになっています。

ゆっくりカフェタイムを過ごせるので、ママにとっては本当に助かりますよね!

画像:BIBIKO

さらにタリーズコーヒーに入り、目にとまるのが、絵本の設置。「子どもたちや青少年の成長を促すために、夢や目標のお手伝いをする」という理念に基づき、絵本を通じて、アーティストの発掘・支援を行う“タリーズピクチャーブックアワード”という取り組みが、タリーズコーヒーで、毎年開催されています。

そしてこの“タリーズピクチャーブックアワード”に選ばれた作品は、本屋さんでは見れない、タリーズコーヒーのお店でしか読むことができない特別な本なんです。

また絵本を購入したら、売上金の一部は、子どもたちのためのNGO団体『セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン』に寄付されているようです。素敵な取り組みですよね!  絵本を思わず集めたくなってしまいます。

 

■ベビーキッズふれあい教室の講師に聞くキッズスペースでの過ごし方2つ

画像:BIBIKO

“タリーズピクチャーブックアワード”で選ばれた本を使って、3ヶ月の赤ちゃんとお母さん達に、読み聞かせ会を開いている『おやこのあそび保育~ふたば~ ベビーキッズふれあい教室』の講師、鈴木和子さんに、キッズスペースがあるカフェでの子どもとの過ごし方について、お話を伺いました。

以下の2つがポイントだそうです。

(1)子どもは、お父さん、お母さんと同じ目線で遊ぶことが好きなので、カフェにキッズスペースがある場合は、椅子に座るのではなく、下に子どもと座って、子どもと同じ目線で過ごしてみましょう。

(2)読み聞かせする際には、絵を楽しむだけでも良し、ペラペラめくって楽しむのも良し、ストーリーを子どもと共有するのも良し。本は子どもにとってはオモチャなので、本というオモチャを使用して親子で楽しむことは、子どもの豊かな心を育む効果もあります。

家で過ごす時間とはまた違ったふれあいをしながら、親子の時間を楽しむのもいいですね!

 

■バレンタイン限定『タリーズ ショコラ ビジュー』のお土産も

画像:BIBIKO

季節やイベントの度に、素敵な限定商品が楽しみなタリーズコーヒー。ゆっくりカフェタイムを終えたら、「お土産に何か買っていこうかなぁ……」「自分へのご褒美に何か購入しよう」となりますよね!

バレンタインに向けてチョコレートもたくさん発売されています。

なかでも、6種類の味が楽しめるオリジナルアソートのチョコレートとドリンクチケットがセットになった期間限定のチョコレートギフト『タリーズ ショコラ ビジュー』が人気だそうです。タリーズのクマさん『ベアフル』も種類豊富でわくわくしちゃいます!

 

いかがでしたか? こうして、子どもを持つお母さんの悩みを考慮して、キッズスペースを作ってくれると本当に嬉しいですよね!

『タリーズコーヒー 豊橋駅前店』は新豊橋駅の近くにありアクセスも便利です。ママ友の集まりや、ゆっくり子どもとお洒落な空間でくつろぎたい時にぜひ利用してみてくださいね!

 

<店舗情報>

タリーズコーヒー 豊橋駅前店

住所:愛知県豊橋市 駅前大通1-132
営業時間:7:30~22:00
TEL: 0532-57-2202
URL:www.tullys.co.jp/sp/

 

【取材協力】

※ 鈴木 和子さん・・・おやこのあそび保育~ふたば~ベビーキッズふれあい教室講師。ブログ http://ameblo.jp/healingsalon-w-leaf

 

【画像】

※ BIBIKO