CUCURU(ククル) > 美容・健康 > 普段のメイクにちょい足しするだけ!「イエローグロス」で旬顔になるテク

普段のメイクにちょい足しするだけ!「イエローグロス」で旬顔になるテク

画像:継田理恵

毎日、無難なブラウン系メイクで過ごしていませんか? ファッション同様、メイクも季節感を大事にしないと、あか抜けない印象になってしまいます。とくに、お出かけやレジャー時には、おしゃれに仕上げていきたいですよね。

そこで今回は、オフィス向けの落ち着いたメイクや、子育てでバタバタ中の簡単メイクに“ちょい足し”するだけの、お手軽夏メイクテクをご紹介します。100均アイテムでもOKなので、ぜひ休日やアフター5にトライしてみてくださいね。

 

■ブルー系アイシャドウとイエローグロスを用意

画像:継田理恵

用意するのは、ターコイズブルーやグリーンなど、夏を感じさせる寒色系のアイシャドウ。リップには、イエローグロスを使います。普段のブラウン系アイメイクやヌーディーなリップの上から“ちょい足し”するだけなので、デパートコスメなどではなく、100均などのプチプラコスメでもOK!

目もと全体に使うと思うと勇気がいるアイカラーでも、部分的に少しつけることで、誰にでも似合うようになります。またイエローグロスには、みずみずしさや元気な印象を与えたり、血色をよく見せたりする効果も期待できます。

イエローグロスは、秋冬のディープカラーを唇になじませるのにも役立つ便利なアイテム。ぜひ、今からでも調達しましょう!

 

■ブルー系アイシャドウの入れ方How To

画像:継田理恵

アイシャドウの“ちょい足し”方法はとっても簡単! 普段のブラウン系アイシャドウの上から、目尻にブルーやグリーンをONするだけ。

ポイントは、引き締めカラー用の細めのアイシャドウチップを使って、まつ毛の生え際までつけること。また、目を開いたときに色が隠れてしまわないか、目を開いた状態で確認しながらカラーをプラスすることです。目尻に高さの低い三角形を作るイメージでつけるとよいでしょう。

画像:継田理恵

アイライナーが消えてしまったら、上から描き足して目元を引き締めるのを忘れずに!

 

■イエローグロスの塗り方How To

画像:継田理恵

イエローグロスは、オフィスや普段の無難メイクに使いやすいピンクやローズ、ベージュ系のリップの上からつけるだけ。主張しない落ち着いたカラーのリップに、ほんの少しの黄みとみずみずしさがプラスされることで、夏らしい元気で爽やかな印象になります。

明るめの赤やオレンジのリップに足すのもOKですが、ブルーやグリーンのアイシャドウと合わせるとトゥーマッチになってしまうことがあるので、上級テクといえます。挑戦するときは、アイメイクとのバランスに注意しましょう。

 

いかがですか?

なかなか夏色に手を出せない方も、プチプラコスメでちょい足しするだけなら、ハードルは低く感じるはず。ぜひアフター5や休日のお出かけのときには、夏顔に変身してみてくださいね!

【画像】
※ 継田理恵