CUCURU(ククル) > グルメ > 夏を乗り切る!「スタミナレシピ」5選

夏を乗り切る!「スタミナレシピ」5選

画像:CBCテレビ『キユーピー3分クッキング』

連日の暑さで、夏バテ気味という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、『キユーピー3分クッキング』で過去に放送した中から、夏を乗り切る“スタミナレシピ”をご紹介します!

 

■夏を乗り切る!「スタミナレシピ」5選

(1)ガーリックライスの焼き肉丼

画像:CBCテレビ『キユーピー3分クッキング』

スタミナがつくガーリックライスと焼き肉を一緒に食べられるレシピです。

にんにくの“アリシン”という成分はビタミンB1の吸収に役立ち、代謝を活性化させると言われています。

おろしにんにくとにんにくチップも使うことで、よりにんにくの風味が引き立ちます。

ごはんは卵を混ぜてから炒めると、パラパラに仕上がりますよ。

 

(2)具だくさんのネバとろ冷やし汁

画像:CBCテレビ『キユーピー3分クッキング』

オクラや長芋など、ネバネバ食材がたっぷり入った、さっぱりとした冷やし汁です。

鶏ささ身は弱火でゆっくり加熱することでうまみが引き出され、パサつかずしっとり仕上がります。

だしと鶏ささ身の風味がおいしく、食べやすいひと品です。

 

(3)レバにら炒め

画像:CBCテレビ『キユーピー3分クッキング』

スタミナ食材といえば思いつく方も多い、“レバー”を使った炒めものです。

レバーには代謝に関わるビタミンB2が含まれています。

シャキシャキの野菜と、片栗粉でとろみをつけたソースが食欲をそそります。

レバーは湯通しをしてから下味をなじませて炒めることで、香ばしく仕上がりますよ。

 

(4)かつおとエリンギのにんにくしょうゆ焼き

画像:CBCテレビ『キユーピー3分クッキング』

にんにくの香りを移した油で、エリンギとかつおを焼いたひと品。

にんにくを和風の料理で楽しみたいときにおすすめです。

かつおは火を入れすぎないようにして、素材のおいしさを楽しみましょう。

 

(5)モロヘイヤのチキンスープ

画像:CBCテレビ『キユーピー3分クッキング』

アラビア語で「王様が食べる野菜」といわれ、栄養価の高いモロヘイヤを使ったチキンスープです。

モロヘイヤには、ビタミンB2・鉄などが含まれています。

赤唐辛子をピリッと効かせることで、程よい辛さが楽しめます。

ゆでたモロヘイヤは刻んでからたたいて、粘りを出すのがポイントです。

 

いかがですか?

今回は夏を乗り切る“スタミナレシピ”をご紹介しました。ぜひご家庭で作ってみてくださいね!

【画像】
※ CBCテレビ『キユーピー3分クッキング』アーカイブ動画 – キユーピー3分クッキング | CBCテレビ | 月~金曜 午前11:20 土曜 午前11:30