CUCURU(ククル) > グルメ > 【決定版!】名古屋・大須で出会えるオススメ「激うまランチ」15選

【決定版!】名古屋・大須で出会えるオススメ「激うまランチ」15選

画像:木村純子

名古屋にはたくさんの美食が溢れています。その中でも“大須”は、グルメの激戦区と呼ばれるほど、おいしいお店が集結しています。

そこで今回は、以前CUCURUでご紹介したランチがおいしい大須のお店を、15店舗ピックアップしてご紹介します!

 

■1:手のひらサイズのスライダーズ!『ロッキンロビン』

画像:大橋千珠

『ロッキンロビン』は、通常のハンバーガーをそのまま小さくしたような手のひらサイズのハンバーガー“スライダーズ”が食べられるお店。

画像:大橋千珠

スライダーズの味は見た目の可愛らしさとは裏腹に本格的。優しい甘みがあり、ふんわりした食感のバンズは大府のパン屋さんと試行錯誤しながら作り上げたものなのだとか。

パテは飛騨牛を練りこんだ国産牛100%のお肉を使用しており、旨味がぎゅっと濃縮されています。

中身をチーズ、ケチャップ・マヨネーズでシンプルな仕上がり。複数注文もできますよ。

20個注文すると綺麗なピラミッド型に盛り付けてくれます。ぜひ友達や家族と利用してみてくださいね!

<店舗情報>
ROCKIN’ROBIN(ロッキンロビン)
住所:愛知県名古屋市中区大須3-44-20 小田ビル1F
電話:052-684-7855
営業時間:11:30~23:00(L.O.22:00)
定休日:年中無休

 

■2:少女マンガ風な看板も要チェック!『大須メンチ』

画像:木村純子

インパクトある少女マンガ風な看板で大きな話題を呼んだ『大須メンチ』は、6月14日(木)にオープンしたばかり。

こちらでは、こだわりの豚肉100%で作られた“大須メンチ”がいただけます。

画像:木村純子

気になるメニューは、無敵(税別180円)、カレー(税別220円)、味玉(税別300円)、紅しょうが(税別220円)、チーズ(税別220円)、台湾(税別220円)の全6種類。

お値打ち価格なので、気軽に買って食べ歩きを楽しむのもいいですよ。また、お店の奥には本格的熟成豚も食べられる居酒屋『豚八堂』もあります。

画像:木村純子

ランチには、6種類のメンチカツをコンプリートできる『スペシャルメンチ定食』(1,680円)を! 好きなメンチ2個を選べる『メンチ定食』(780円)、『塩麹ロースとんかつ定食』(880円)も必見ですよ。

30分以内に完食できたら無料になる、総重量が1.6キロの『メガ盛り丼』(4,200円)もあるので、こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

<店舗情報>
大須メンチ
住所:愛知県名古屋市中区大須3-22-30 KGビル1F
電話:052-262-8838
営業時間:火~木・日11:30~22:00、金・土11:30~24:00
定休日:月曜日
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)

 

■3:上前津駅からすぐ!『レッドロック 大須まねき猫店』

画像:大橋千珠

名古屋駅の地下鉄上前津駅8番出口から3分ほどの距離にある『Red Rock(レッドロック)大須まねき猫店』は、ボリューミーなローストビーフ丼が味わえるお店です。

一番人気の『ローストビーフ丼』(880円)は、10枚ほどあるローストビーフにごはんが包まれています。

画像:大橋千珠

ローストビーフはアメリカンビーフを低温でじっくり火入れし、旨味を一番感じられる状態で提供されています。

キラキラの卵黄や特製の甘ダレ、あらびき黒胡椒が合わさった至極の一品は箸が止まりません!

こちらでは、お店に入る前に券売機で食券を購入するため、ランチ時もスムーズに食事が楽しめますよ。

<店舗情報>
Red Rock(レッドロック)大須まねき猫店
住所:愛知県名古屋市中区大須3-31-42 ニチユウビル2F
電話:052-251-5300
営業時間:11:30~23:00(L.O.22:00)
定休日:年中無休

 

■4:オマール海老ラーメンが話題『麺屋はやぶさ』

画像:木村純子

「ラーメン屋は女性ひとりでは入りにくい……」そんなイメージを払拭してくれるのが、2018年3月22日にオープンした『麺屋はやぶさ』。店内には木の温もりが漂っており、おしゃれな雰囲気です。

こちらでは『オマール海老湯(オマールエビタン)』(税込950円~)、『豊潤やはぶさ』(税込890円~)、『にぼし醤油』(税込880円~)、『大潮まぜそば』(税込890円~)、『中華そば』(税込780円~)といった全5種類ラーメン楽しめます。

ランチタイム(11:30~14:30)には、ライスが無料で付いてきますよ!

画像:木村純子

話題の『オマール海老湯』は、オマール海老をふんだんに使って抽出した濃厚なエスプーマを、あっさり味のスープに重ねています。

ふわふわと泡立つクリーミーなスープのおかげで、口いっぱいにエビの味が広がります。ちなみに麺は北海道小麦粉の全粒粉を使っているのでモチモチとした食感。

鶏・豚・魚介の3つのダシを絶妙な黄金比でブレンド『豊潤はやぶさ』(税込890円~)も人気ですよ。

<店舗情報>
麺屋はやぶさ
住所:愛知県名古屋市中区大須3-40-26
電話:052-238-0133
営業時間:11:30~14:30、17:30~23:30
定休日:無休
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)

 

■5:カレーうどん好きが虜になる!? 『ゑぐち屋 本店』

画像:木村純子

地下鉄上前津駅10番出入口を出てすぐのところにある『ゑぐち屋』は、限定のサイドメニューやトッピングが豊富なランチメニューが大人気。

看板商品は『ゑぐち屋特製カレーつけうどん』(税込850円)。温・冷が選べます。

画像:木村純子

コシのあるうどんは4種の小麦粉を使用し、塩・水・酢だけで練り上げて一晩寝かしています。名古屋カレーは、高知県土佐清水の鰹と静岡県沼津産のムロ鯵から毎朝だしをとっている本格派。

つけうどんの後は、シメの“チーズカレーリゾット”を味わうのもおすすめ。チーズカレーリゾットは、石鍋のカレーをうどんで食べ切ってしまっていても注文可能です。

通常、リゾットの追加は200円(税込)ですが、ランチタイムは150円(税込)になりますよ。

<店舗情報>
ゑぐち屋 本店
住所:愛知県名古屋市中区大須4-11-44 チサンマンション上前津1F
アクセス:名古屋市営地下鉄上前津駅10番で入り口すぐ
電話:052-264-1924
営業時間:昼の部11:30~15:00(L.O14:30)、夜の部17:30~23:00(L.O22:30)
定休日:不定休駐車場:無(近隣にコインパーキング有)

 

■6:本格的な自家製生パスタランチを堪能できる『カブトナゴヤ』

画像:木村純子

インパクトのある看板が目印な『Kabuto Nagoya(カブトナゴヤ)』は、自家製生パスタランチを食べることができるお店。

和洋折衷をイメージし、古い民家をDIYで改装したレトロかつ和モダンな店内はとってもおしゃれ。

ランチタイムに女性を虜にしているのが『海老とアボカドのトマトソース』(1,180円)。

画像:木村純子

パスタにミニサラダとソフトドリンクが付いて980円から楽しめるというコスパの良さも魅力的です。

もっちりとした食感の生パスタは粉から手作りし、本場イタリア製パスタマシーンで製麺しています。

こだわり抜かれた自家製生パスタは、一度食べたらやみつきになってしまいますよ!

<店舗情報>
Kabuto Nagoya カブトナゴヤ
住所:愛知県名古屋市中区大須3-42-23
アクセス:上前津駅から278m
電話:052-264-3662
営業時間:月~木11:30~15:00、17:30~22:00 金11:30~15:00、17:30~23:00 土日祝11:30 ~23:00
定休日:火曜日

 

■7:自分好みの焼き加減が楽しめる『大須deステーキ』

画像:大橋千珠

数あるお肉専門レストランの中でも珍しい、焼きながらステーキを食べることができるのが『大須deステーキ』。

こちらでは保温性の高い富士溶岩石プレートでステーキを焼きあげるため、アツアツなお肉が楽しめます。

表面に焼き目が付けられたお肉は、中がレアで提供されるので富士溶岩石プレートを使用し、好みの焼き加減に調節して食べることができます。

画像:大橋千珠

気になるランチメニューは『大須deステーキ』(200g・1,200円)、『サーロインステーキ』(200g・2,400円)、『ヒレステーキ』(200g・2,800円)、『骨つき鶏のやみつき唐揚げ&ポテト盛り』(1,000円)、『ステーキ屋のまかないカレー』(1,000円)など。

ランチタイム時は消費税無料+ライス・サラダ・スープが食べ放題となりお得。家族で訪れるのもおすすめです。

<店舗情報>
大須deステーキ
住所:愛知県名古屋市中区大須2-24-45 ホテルアベスト大須観音駅前1階
電話:052-212-8629
営業時間:11:30~14:30(L.O.)、17:30~22:30(L.O.)
定休日:年中無休

 

■8:お値打ち本格フレンチが大好評!『ラ ペッシュ』

画像:木村純子

良質な食材を使用した本格フレンチをお得に食べられるのが『ラ ペッシュ(La Pêche)』。カジュアルなビストロ風のこちらにはテラス席も用意されており、ペット同伴もOK。

ランチはお魚、鶏、豚、牛(税別+700円)と、メインが異なる4種類のコースから選ぶことができ、価格はなんと税別1,111円から! ※ メインによって価格が変わります。

画像:木村純子

サラダ、パン、メイン料理、ドリンクはどのコースにもついてきますが、追加で『本日のスープ』(税別380円)や『デザート』(税別480円)を注文するのもおすすめです。

なお、豊富なランチメニューの中でもブイヤベースは本場フランスをしのぐ味とも称されています。

ランチ時はOLさんなどで賑わうため、気になった方は事前に予約をしてから訪れてみてくださいね。

<店舗情報>
ラ ペッシュ(La Pêche)
住所:愛知県名古屋市中区大須4-13-46 ウィストリアビル1F
電話:052-262-8689
営業時間:11:30~14:00(L.O.)、18:00~23:00(L.O.)
定休日:水曜日
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)

 

■9:450円のステーキ丼が味わえる!『白肉屋』

画像:大橋千珠

リースナブルなステーキ丼を楽しみたいときは、幅広い世代のお客さんに愛されている『白肉屋』へ。

『ステーキ重』『ホルモン丼』『豚生姜焼き丼』など、種類が豊富なランチメニューの中でもぜひチェックしてほしいのが、甘めのタレにこだわった『ステーキ丼』。

画像:大橋千珠

並がなんと450円(税別)でいただける『ステーキ丼』は、+210円(税別)でサラダ味噌汁のセットにすることができます。

一度食べるとクセになる甘辛いタレは、三重県伊賀『福岡醤油店』の“はさめず醤油”に、玉ネギ、人参、リンゴをじっくり漬け込み、ニンニク、生姜、調味料で味を整え、火をかけずに作られています。

レアのステーキ×甘めのタレのコンビにごはんが進みますよ!

<店舗情報>
白肉屋
住所:愛知県名古屋市中区大須2-32-24
電話:052-223-1919
営業時間:11:30~14:00、17:30~23:00(L.O.22:30)
定休日:不定休

 

■10:宇宙レベルなカレーの辛さにしびれる『マジックスパイス』

画像:木村純子

激辛料理でスタミナをつけたいときは、『マジックスパイス』のカレーがおすすめ。

スープカレーの元祖といわれるこちらでは、覚醒(かくせい)、瞑想(めいそう)、悶絶(もんぜつ)、涅槃(ねはん)、極楽(ごくらく)、天空(てんくう)、虚空(こくう)という、8段階の辛さから好みのものを選ぶ仕組みに。

単にスパイスを増やして辛くするのではなく、スパイスの種類や配合で辛さをコントロールしています。

そして、白菜・きゃべつ・玉ねぎ・ヤングコーンなどといった、20種類以上の野菜を入れ込み、コクやうまみも引き出しています。

画像:木村純子

カレーはチキンの他にもポーク、シーフードなど全10種類あり、お好みでトッピングを追加することも可能。

なお、一日5食限定の超激辛『アクエリアス』(1,660円)は、初心者だと“注意書”を熟読してからでないとオーダーできないほどの辛さ!

やみつき注意な旨激辛カレーは、夏バテ解消にも役立ってくれそうですね。

<店舗情報>
マジックスパイス 名古屋店(MAGIC SPICE)
住所:愛知県名古屋市中区大須3-15-13
電話:052-249-8884
営業時間:月木金11:30~15:00・17:30~23:00(L.O.22:30)、土日祝11:30~23:00(L.O.22:30)
定休日:火曜日、水曜日
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)

 

■11:韓国人シェフのキンパ付きランチが人気な『ワイズカフェ』

画像:夏目佳代

大型のキッズルームがあることで、ママたちにも人気がある『The Y’s CAFE(ワイズカフェ)』では、韓国シェフが作る本格的な“キンパ”が食べられます。

キンパは日本ののり巻きと違い、ごま油を塗った韓国のりを使用して作られるので香ばしさがあります。

たくあん、野菜、玉子焼きなどと共にメインの食材が巻かれていており、名古屋らしい『エビフライキンパ』、さらにシェフオリジナルの『クリームチーズキンパ』もあります。

ランチメニューには米粉を使ったベトナムの麺『尾張牛肉のフォー』(980円)も注文できますよ。

画像:夏目佳代

本場ベトナムのレシピを元に作られた出汁にパクチーの香りが効いた『尾張牛肉のフォー』は、女性に大人気!

お店には他にも、『国産牛ローストビーフ』(1,280円)や『チキンフライ』(980円)など全5種類のランチがあり、そのほとんどにキンパが付いてきます。

キンパはプルコギキンパ、エビフライキンパ、クリームチーズキンパの3種類から好きなものをチョイス可能。

また、年間1,000円でファミリーメンバーに登録すると、注文時にメンバーズカードの提示で、ソフトドリンクが1杯無料になったり、誕生月にデザートプレートのプレゼントが貰えたりするので、そちらも要チェックですよ!

<店舗情報>
The Y’s CAFE(ワイズカフェ)
住所: 愛知県名古屋市中区大須1-7-26
電話:052-228-7780
営業時間:11:00~18:00(土曜日11:00~20:00)、ランチタイム11:00~15:00
定休日:日曜日

 

■12:かぶりつきたい食べ歩きトルコ料理『メガケバブ』

画像:河村弘子

世界3大料理である“トルコ料理”を手軽においしく楽しみたいときは、大須商店街にあるトルコ料理のファストフード店『Mega Kebab(メガケバブ)大須3号店』へ。

創業10年の『メガケバブ』の3号店としてオープンしたこちらでは、定番の“のびるトルコアイス”や“ケバブサンド”も食べることができます。また、ランチメニューも豊富ですよ。

トルコ料理に欠かすことのできない“ピタパン”は店内で焼かれており、お店ではイスラム法上で飲食を許されたものを指す“ハラール食材”のみを使用しています。

画像:河村弘子

また、個性的な見た目をした『トルコピザチーズ』(税込950円)も大人気!

ピタパンと同じ生地を伸ばし、チーズをたっぷりのせた、さらに溶き卵とサラミソーセージをトッピングして焼いています。もっちりとした歯ごたえとサラミソーセージのスパイシーさがたまらない一品。

プラス100円で卵とサラミソーセージを追加することもできるので、ケバブやアイス以外のトルコ料理を食べたいときに、ぜひチェックしてみましょう。

<店舗情報>
Mega Kebab(メガケバブ)大須3号店
住所:愛知県名古屋市中区大須3-36-1
アクセス:名古屋市営鶴舞線上前津駅8番口から徒歩3分
電話:052-265-7883
営業時間:平日・祭日10:30~21:00 (ファーストオーダー11:00、ラストオーダー20:00)、週末10:00~22:00(ファーストオーダー10:30、ラストオーダー21:00)
定休日:年中無休

 

■13:鶏の丸焼きがすごい!リピーター続出『オッソブラジル』

画像:河村弘子

創業24年のブラジル料理店『OSSO BRASIL(オッソブラジル)』の名物は、迫力のある“鶏の丸焼き”。

画像:河村弘子

1羽1,600円(税込)のこちらは、職人さんが専用の機械を使い、一晩タレに漬け込んだ生鶏をじっくり焼き上げています。

平日の11:00~15:00には、ドリンク付きのランチを注文でき、中でも名物の鶏の丸焼きがセットになった『Aランチ』(850円)が大人気。

画像:河村弘子

外はパリパリで中はジューシーな“鶏の丸焼き”はリピートしたくなるのも頷けるほどのおいしさです。

また、ランチメニューにはライスやサラダ、ブラジル豆のスープ、ドリンクも付いてくるため、ボリューム的にも満足できますよ。

スープに入っている豆はご飯にかけて食べるのがブラジル流なので、ぜひチャレンジしてくださいね!

<店舗情報>
OSSO BRASIL(オッソブラジル)
住所:愛知県名古屋市中区大須3-41-13
アクセス:名古屋市営地下鉄上前津・大須観音駅徒歩5分
電話:052-238-5151
営業時間:10:30~19:30
定休日:月曜、火曜、不定休(祝日は営業)

 

■14:『大久保』のワンコインランチが話題!

画像:河村弘子

創業40年のお好み焼き屋さん『大久保』には、休日でも注文できるコスパ最強の日替わりランチがあります。

ランチはワンコインで楽しめます。メニューが日替わりとなっており、すべて女将さんが手作りしています。

画像:河村弘子

取材時はオムライスでしたが、1か月の間に同じメイン料理が登場することはほとんどありません。カレーライスや魚の煮つけなど、さまざまなメニューが登場しますよ。

『大久保』では30cm以上もあるロングポテトや、タピオカドリンクのような食べ歩きメニューも充実しています。ぜひみなさんもご利用くださいね。

<店舗情報>
大久保
住所:愛知県名古屋市中区大須3-30-1
アクセス:地下鉄矢場町駅より徒歩10分
営業時間:11:00~21:00
電話:052-263-1107
定休日:火曜日

 

■15:『オキナワカフェ』で本場の沖縄料理を堪能!

画像:Yuka Inayoshi

大須商店街の万松寺ビルにある『okinawa cafe(オキナワカフェ)』では、縄そば、サーターアンダーギーなどの沖縄料理が味えます。

中でもぜひ味わってほしいのが、沖縄の代表的料理でもある『沖縄そば』(780円)。

画像:Yuka Inayoshi

小麦粉でできているこちらの麺は、うどんとラーメンの中間のような独特の食感。あっさりと優しい味わいなので暑い季節でもスルスルっと食べられます。

ちなみに、11:30〜15:30のランチタイムには、880円で沖縄そばに“ジューシーごはん”(沖縄の混ぜごはん)か白ごはん、サラダ、飲み物が付いてくるというコスパの良さ!

ごはんの大盛りは無料なので、ボリューミーなランチが食べたい方にもぴったりです。

そして、お子さん限定で“ごはんの食べ放題”を+100円で付けることも可能! ぜひ親子でおいしい沖縄料理を満喫してみてくださいね。

<店舗情報>
okinawa cafe(オキナワカフェ)
住所:愛知県名古屋市中区大須3-30-40 万松寺ビル1F
アクセス:地下鉄上前津駅より徒歩約3分
電話:052-262-5570
営業時間:10:00~23:00(L.O.22:00)、ランチタイム11:30~15:30
定休日:無休

 

いかがでしたか?

大須にはまだまだ知られざる激うまグルメがたくさんあります。ぜひこれを機に、自分のお気に入りを見つけに足を運んでみてくださいね!

【スポット情報】
※ 手のひらサイズが超かわいい!名古屋・大須『ロッキンロビン』のハンバーガー
※ なぜ少女まんがチックな看板!? 名古屋『大須メンチ』の楽しみ方
※ ローストビーフ丼の火付け役!名古屋・大須『レッドロック』が肉々しい
※ オマール海老ラーメンが話題!名古屋・大須に『麺屋はやぶさ』2号店オープン
※ 〆のリゾットがたまらん!名古屋・大須『ゑぐち屋』の特製カレーつけうどん
※ 自家製生パスタが絶品!名古屋・大須のおしゃれ和ダイニング『Kabuto Nagoya』
※ 「爆肉丼」って何だ!? 名古屋『大須deステーキ』のデカ盛りメニューがスゴイ
※ ランチ1,111円!? 名古屋『ラ ペッシュ』お値打ち本格フレンチにファン続出
※ ステーキ丼が450円!? 名古屋・大須『白肉屋』のコスパ最強ランチ
※ 辛さ宇宙レベル?名古屋・大須『マジックスパイス』の超激辛カレー
※ キンパ付きランチが人気!名古屋・大須『ワイズカフェ』がリニューアル
※ かぶりつきたい食べ歩きグルメ!名古屋・大須『メガケバブ』の人気メニュー
※ リピーター続出!大須・オッソブラジルの名物「鶏の丸焼き」とは
※ ワンコインでボリュームランチ!大須商店街『大久保』がコスパ最高
※ ランチが激安!名古屋・大須『オキナワカフェ』で本場の沖縄料理を堪能

【画像】
※ 大橋千珠、木村純子、夏目佳代、河村弘子、Yuka Inayoshi

※ この記事は、2017年10月~2018年7月に取材した情報です。