CUCURU(ククル) > 美容・健康 > 朝から化粧と汗が流れる…夏にやりがち!「NG&正解メイク」2つ

朝から化粧と汗が流れる…夏にやりがち!「NG&正解メイク」2つ

画像:野村純子

朝から気温が高い日は「メイクを塗ったそばから汗で流れる」と嘆く声をよく聞きます。

ファンデーションは「夏はベタつかないパウダー、冬はしっとりのリキッド」と決めている人もいますが、実際にはパウダー派でもリキッド派でも、“メイク崩れ”のお悩みがあるのではないでしょうか。

そこで今回は、エステティシャンでもある筆者が、“夏にやりがちなメイクのNG”を2つ、解決策とともにご紹介します。

 

■「化粧水+α」の保湿ケアがポイント!

「どうせアブラが出るのに、乳液まで塗ったらベタつきそう」と思っていませんか? 気持ちは分かりますが、こちらをご覧ください。

画像:野村純子

化粧水だけを付けた後、パウダーファンデーションを直塗りしたお肌。サラサラですが、よく見るとムラになっています。

単純にしっとりした部分は“濡れ手に粟”状態! しかし、乾いてしまった部分に粉類を乗せても落ちやすい……。これを解消するために、化粧水の代わりに乳液を均一に伸ばしてみます。

画像:野村純子

乳液類はすぐには乾きにくいので、パウダーも同様に均一に密着しました。“化粧水の次にすぐパウダー”ではなく、BBクリームや下地クリームなどを乗せることが重要です。

エアコンの風や日焼けによってもお肌は乾燥するので、「夏の終わりごろから小じわが目立ってきた」とならないためにも、“化粧水+α”の保湿ケアをお忘れなく!

 

■目指すは毛穴レス肌!「リキッドファンデ」をたっぷり使おう

下地クリーム、日焼け止めクリーム、オイルコントロールなど、「毛穴が目立たないようしっかり塗り込む」という努力家さんもいることでしょう。

試しにちょっと大げさなくらい、リキッドファンデーションを厚めに塗ってみましょう。しばらくすると自然の発汗で、プツプツが目立ちはじめました。

画像:野村純子

筆者が使用しているのは“オイルフリー・皮脂コントロールしながらうるおう・24時間崩れにくい”がウリのリキッドファンデーション。

「毛穴が目立つから」と言って厚く塗っても、この暑さで“発汗”を止めることはできませんよね。例えるなら“湧水にフタをする”ようなもの。

下地クリームやファンデーションは、薄く丁寧に塗りのばしましょう。

画像:野村純子

また、リキッドファンデーションはベタつくと感じる人もいますが、実際には“オイルフリー・カラーコントロール・毛穴カバ-・うるおい’’など、さまざまな機能性があります。

仕上げに色味の少ない“フィニッシングパウダー”や“粉おしろい”などを軽くはたけば、光沢で毛穴が目立たなくなり、肌の感触がさらっとして皮脂テカ対策にもつながりますよ。

 

いかがでしたか?

崩れにくいファンデも、使い方次第ではムラになったり、崩れやすくなるものです。暑い日が続きますが、汗に負けないメイクを楽しんでくださいね!

【画像】
※ 野村純子