CUCURU(ククル) > グルメ > 晴れの日限定!? 名古屋・今池『シヤチル』のこだわりカヌレが絶品

晴れの日限定!? 名古屋・今池『シヤチル』のこだわりカヌレが絶品

画像:夏目佳代

今年の5月にオープンしたばかりの、名古屋市千種区・今池にある『シヤチル』は、おしゃれな店内とこだわりのメニューで、早くも話題沸騰、人気のカフェ。ひとつひとつのメニューにお店の代表である安井さんの想いが詰まっています。

 

■晴れの日しか食べられないカリカリカヌレ

画像:夏目佳代

日によっては、3時前には売り切れてしまうという『カヌレ』(250円)は、外はカリッカリ、中はモッチモチで程よい甘さ。

あまりに表面がカリカリなので、ナイフを入れるのも至難の業。なので、手で持ってパクッと食べるスタイルです。

そのカリッカリさを出すために、湿度の高い雨の日には焼かないという徹底したこだわりっぷり。食べてみたい方は、ぜひ晴れの日の早めに時間に訪問してみてくださいね。

画像:夏目佳代

しっとりカヌレがお好みの方におすすめなのは、3時から提供される『カヌレアラモード』(950円)。ラム酒に漬けたカヌレがブラマンジェの上に乗っています。

横にはアイスが添えられ、しるこサンドをトッピング。名古屋を愛する、お店の代表・安井さんの気持ちが表れています。

 

■名古屋名物『あんバタサンド』には秘密の隠し味が

画像:夏目佳代

食事の後にデザート感覚でつまめるようにと、少し小さめサイズの『あんバタサンド』(500円)は、滑らかなこしあんにバターと、ここまでは普通なのですが、ちょっと変わった隠し味が入っています。一体何だと思いますか?

画像:夏目佳代

「まったりとしたあんにキレを加えたくて」と考えた末に挟まれたのは、なんとフレッシュなパイナップル。爽やかな酸味が甘いあんにピッタリです。あんみつをイメージしているということでチェリーも添えられていますよ。

 

■本場ロンドンの味を再現した『ソルトビーフサンド』が人気No.1

画像:夏目佳代

ロンドンで生活していたという代表の安井さんが、そのおいしさに魅了され、ぜひ日本の方にも食べてほしいと、シェフとともに味を再現し日本人に合うようにアレンジされた『ソルトビーフサンド』(750円)は、『シヤチル』の人気ナンバーワンのメニュー。

塩漬けした肉の塊をいったん茹で、さらにオーブンで火を入れて柔らかく仕上げています。その肉をスライスし、マスタード、ピクルスとともにトーストでサンド。肉の塩気が辛いマスタード、酸っぱいピクルスと相まって何とも言えないおいしさです。

画像:夏目佳代

他にも、玉子3つを使っているふわふわな厚焼きオムレツを挟んだ『たまごサンド』(650円)や、本格的ハンバーグを挟んだ『パティメルトサンド』(中1000円、大1300円)も人気。

『たまごサンド』の厚焼きオムレツは、層になっていて、間には卵をソース状にしたものが入っているのでふわふわな中にもなめらかさがあります。

また、14時半までのランチタイムは『ホルモンカレーライス』(700円)や『デミグラスミートボールスパゲティ』(900円)などもありますよ。メニューは週替わりで変わることもあります。

 

■名古屋のシンボルから名付けた店名

画像:夏目佳代

画像:夏目佳代

名古屋出身である代表の安井さんは、東京、ロンドンで生活し、名古屋に戻ってお店をオープン。

名古屋のシンボルを背負いたいという想いから、“金のしゃちほこ”の“シャチ”より、文字数や音の響きなどを考え、動詞のように“る”を付けて『シヤチル』と命名されました。店内には、金シャチの置き物があったり、“鯱”の文字のネオンサインがあったりしますよ。

画像:夏目佳代

店内でパッと目を引く壁画は、お友達のイラストレーターに描いてもらったそうですが、こちらも鯱がモチーフになっています。

画像:夏目佳代

画像:夏目佳代

テーブル席もカウンター席もあるので、お友達とおしゃべりに、また一人でゆっくりとといろんな使い方ができるカフェ。お酒も充実しているので、どんな時間でも寛げます。

 

画像:夏目佳代

いかがですか?

こだわりのサンドイッチやスイーツを食べに、ぜひおでかけくださいね。

<店舗情報>
シヤチル
住所:愛知県名古屋市千種区今池1-5-9 オフィスイリヤビル1F
電話:052-735-3337
営業時間11:30~23:00
定休日:日曜日、第2・第4月曜日
駐車場:なし(近隣にコインパーキングあり)

【画像】
※ 夏目佳代

※この記事は、2018年8月時点の情報です。