CUCURU(ククル) > 美容・健康 > ファンデの原料「セリサイト」は愛知県産が世界シェア50%!?

ファンデの原料「セリサイト」は愛知県産が世界シェア50%!?

画像:野村純子

私たちが日常的にメイクで使っているファンデーション、何からできているかご存知ですか?

メーカーごとに特徴や違いはありますが、成分表示を見ると“カオリン”“セリサイト”といった粘土鉱物をパウダーにしたものがベースになっています。

この“セリサイト”で今、世界的に注目されているのが愛知県の奥三河にある東栄町です。

今回は、アロマテラピーインストラクターの筆者が主宰している手作りコスメ教室で、お客様にセリサイトを使ったファンデーション作りに挑戦していただきました。

 

■愛知県東栄町から世界へ!セリサイトの特徴とは

画像:野村純子

セリサイトは絹雲母(きぬうんも)とも呼ばれ、日本国内では愛知県東栄町にある三信鉱工だけが採掘しており、驚くことになんと世界シェア50%!

日本のみならず欧米の有名化粧品ブランドも愛知県東栄町産のセリサイトを採用しており、大注目のコスメ原料なのです。

セリサイトもカオリンも同じ粘土鉱物の仲間です。見た目はどちらも似たような白い粉なので、画像から違いをお伝えしづらいのが残念ですが、手にとって比べると違いは一目瞭然!

セリサイトは軽く肌になじみ、カオリンはカバー力があるような、白く粉っぽさが残ります。トレンドの素肌風メイクを好まれる方は、セリサイトが主原料となっているファンデーションを選ぶといいですね。

画像:野村純子

画像:野村純子

 

■着色料を加えてオリジナルファンデーションに

赤や黄色の酸化鉄を加えて、自分の肌に合うよう着色したり、酸化チタン酸化亜鉛などの日焼け止めにも含まれる顔料を加えて、自分だけのオリジナルファンデーションができあがります。

お肌につけた感触にはご参加の皆さんも驚かれていましたよ。

画像:野村純子

画像:野村純子

画像:野村純子

画像:野村純子

 

いかがでしたか?手作りする、しないに関わらず、普段何気なく使っている化粧品でさえ、さまざまな技術や素材の魅力が集結しています。

化粧品の表示成分にセリサイトと書いてあったら、愛知県東栄町を思い出してくださいね。

 

<開催情報>

アロマ&エステSalon de Shuna〈手作りコスメ講座〉

所在地:愛知県尾張旭市狩宿町2-25-2
ブログ:http://ameblo.jp/salon-shuna/
※要予約

 

【参考】

三信鉱工株式会社〈化粧品用絹雲母〉

 

【画像】

※ 野村 純子