CUCURU(ククル) > グルメ > 8月は白桃、9月は黄金桃を使用!名古屋市緑区・パティスリーエスの『まるもも』

8月は白桃、9月は黄金桃を使用!名古屋市緑区・パティスリーエスの『まるもも』

名古屋・緑区『パティスリーエス』

画像:大橋千珠

夏には季節のフルーツをたっぷり使ったみずみずしいスイーツ、秋には栗を使ったスイーツ、冬はチョコレートを使った大人なスイーツと、季節によって並ぶケーキのラインナップがガラッと変わる、名古屋市緑区の洋菓子屋さん『Patisserie Es-T(パティスリーエス)ヒキダシの多い洋菓子店』。

通年販売しているスイーツより季節ごとで変わるスイーツが多いため、リピーターも多いそう。そこでさっそく筆者が魅力を聞いてきました!

 

■季節によって並ぶスイーツが変わる!

名古屋・緑区『パティスリーエス』

画像:大橋千珠

お客さんに楽しんでもらえるように、季節ごとに並ぶケーキのラインナップを変えています。2〜3ヶ月すると売り場がガラッと変わるそうですよ。

名古屋・緑区『パティスリーエス』

画像:大橋千珠

今の時期は季節のフルーツをふんだんに使った、華やかなケーキがずらっと並んでいます。人気のケーキは14時頃で売り切れてしまうこともあるので、早めに行くのがオススメ。

 

■夏のオススメスイーツ

名古屋・緑区『パティスリーエス』

画像:パティスリーエス

6月〜9月までさまざまな桃の品種をリレーしながら『まるもも』(680円)を販売しているそうです。桃の日本一の産地である山梨県や長野県の最高ランクの桃を使用しているので、桃自体も非常に美味しいのだとか。

7月は白鳳、8月は白桃、9月は黄金桃を使用するとのこと。桃の品種が変わると桃の味わいも変わるので、品種リレーと一緒に『まるもも』を食べるのもいいですね。

名古屋・緑区『パティスリーエス』

画像:パティスリーエス

夏休みや冬休みのように長い休暇があるときは、可愛い容器に入ったスイーツを販売するとのこと。『ブタさんのヨーグルトプリンマスカット入り』(460円)はマスカット、ジュレ、パッションフルーツ、下にはヨーグルトプリンが入っていて、後味すっきりな爽やかスイーツ。マスカットの甘さが引き立つ一品です。

名古屋・緑区『パティスリーエス』

画像:パティスリーエス

『ジュレシリンダー』は季節によって中身のフルーツは変わりますが、今の時期は皮ごと食べられる“長野パープル”、“シャインマスカット”が入っています。1瓶に約1房入っている贅沢な一品で、手土産にされる方も多いそうです。

名古屋・緑区『パティスリーエス』

画像:大橋千珠

『ぶどうのわらび餅』(450円)も人気のスイーツで、ぶどうジュースで作られたわらび餅、白ワインジュレ、下にはカルピスのムースが入っています。巨峰がゴロゴロ入っているのも魅力的です。

 

■「焼きたてカヌレ」も人気

名古屋・緑区『パティスリーエス』

画像:パティスリーエス

常時12種類はある焼きたてカヌレ。そのうち2種類は季節限定カヌレで今の時期は“ブルーベリー”と“ココナッツ”があります。

甘さ控えめでもっちりした食感、小ぶりなので、2個3個と食べられますよ。中でも筆者お気に入りは“レモン”。ほろ苦くさっぱりした後味なので夏にぴったりのカヌレです。

名古屋・緑区『パティスリーエス』

画像:大橋千珠

お得な12個入りの『スイーツポット』は680円。いろいろ試してみたい方はこちらがオススメ。

名古屋・緑区『パティスリーエス』

画像:大橋千珠

パティスリーエスには低糖質のクッキーもあります。

名古屋・緑区『パティスリーエス』

画像:大橋千珠

手土産にも可愛いラッピングされたスイーツもあるので、お土産に持って行くと喜ばれそうです。

名古屋・緑区『パティスリーエス』

画像:大橋千珠

お中元の時期にピッタリな詰め合わせもありますよ。

 

いかがですか?

旬のフルーツをたっぷり使ったスイーツを食べたい方、色々な焼きたてカヌレを食べたい方、ぜひ行かれてみてくださいね。

<店舗情報>
Patisserie Es-T(パティスリーエス)ヒキダシの多い洋菓子店
住所:愛知県名古屋市緑区鳴海町字三皿20-3 1F
電話:052-825-4748
営業時間:10:00~20:00
定休日:火曜日
駐車場:5台

【画像】
※ パティスリーエス
※ 大橋千珠

※ この記事は、2018年8月時点の情報です。

Recommend今あなたにおすすめ