CUCURU(ククル) > ライフスタイル > ブックカフェはなんと24時間営業!本好き必見の『ランプライトホテル名古屋』とは

ブックカフェはなんと24時間営業!本好き必見の『ランプライトホテル名古屋』とは

画像:ソラーレホテルズ

2018年2月20日に名古屋市中区・錦にオープンしたばかりの『ランプライトブックスホテル名古屋』は、物語の世界にどっぷり浸かれる新感覚のホテルと早くも話題に。

そこで今回は実際に宿泊をし、その魅力を探ってみました!

 

■1階には24時間営業のブックカフェが併設

愛知県名古屋市中区錦にあるこちらのホテルは、1階に24時間営業のブックカフェが設けられており、“旅”と“ミステリー”をテーマに3,000冊以上の本が並べられています。

『ランプライトホテル名古屋』

画像:古川諭香

ブックカフェは宿泊客以外の方でも利用ができ、各席にはコンセントも設けられているのでビジネスマンも重宝するはず。

『ランプライトホテル名古屋』

画像:古川諭香

ガラス張りの店内には陽射しがほどよく入り込み、明るい雰囲気に。

ブックカフェ内では24時間営業のカフェ(フードの販売は7:00~22:00まで)も設けられているため、コーヒーや紅茶を片手に読書を楽しむのもOK。

また、入口の付近にはインスタ映えしそうな巨大ブックも!

『ランプライトホテル名古屋』

画像:古川諭香

『ランプライトホテル名古屋』

画像:古川諭香

ブラジルの写真家セバスチャン・サルガドの作品であるこちらは、実際にページがめくれるので、ぜひ間近で確認してみてくださいね。

 

■暮らしたくなる客室

客室に行くには、チェックイン時にレセプションで貰えるカードキーが必要。

『ランプライトホテル名古屋』

画像:古川諭香

客室へのエレベーターはカードキーがないと動かないので、防犯性もばっちり。

今回、筆者が宿泊したのはバルコニー付きの“モデレートシングル”です。

『ランプライトホテル名古屋』

画像:ソラーレホテルズ

客室には、読書時に欠かせないリーディングライトがテーブルとベッド横のサイドテーブルの計2ヶ所に設けられています。

足を伸ばしてくつろげるオットマン付きソファがあったり、あらかじめ2冊の本が用意されていたりする客室は、読書好きにとってたまらない空間に。

『ランプライトホテル名古屋』

画像:古川諭香

なお、スタッフさんに頼めば1階のブックカフェから本を1冊持ち込むことも可能です。

 

■洗練されたバスルーム

バスルームにバスタブはありませんが、レインシャワーと一般的なシャワーが備え付けられています。

『ランプライトホテル名古屋』

画像:古川諭香

トイレとの間にはガラスの扉があるので、トイレが水浸しになってしまう心配がありません。

シャンプー、コンディショナー、ボディソープといったアメニティはオリジナルロゴ入りボトルに詰められており、おしゃれです。

『ランプライトホテル名古屋』

画像:古川諭香

客室には他にも、ヘアドライヤーやパジャマ、ルームスリッパが用意されており、安心して宿泊ができます。

 

いかがですか?

物語の世界にたっぷりと浸れるこちらのホテルは、憩いの場にもなるはず。気になった方は、ぜひお仕事帰りなどにも利用してみてくださいね!

<施設情報>
ランプライトブックスホテル名古屋
住所:愛知県名古屋市中区錦1-13−18
アクセス:地下鉄東山線・鶴舞線『伏見駅』下車10番出口より徒歩3分
電話:052-231-7011
営業時間:24時間営業
駐車場:なし

【画像】
※ 古川諭香
※ ソラーレホテルズ

※ この記事は、2018年8月時点の情報です。

Recommend今あなたにおすすめ