CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 名古屋近くにも遺跡が!親子で弥生体験できる『清洲貝殻山貝塚資料館』

名古屋近くにも遺跡が!親子で弥生体験できる『清洲貝殻山貝塚資料館』

資料館
画像提供:愛知県教育委員会

日本で遺跡と言えば吉野ケ里遺跡が有名ですが、愛知県にも弥生時代有数の遺跡があったことをご存知でしょうか?

愛知県清須市から名古屋市西区にかけて、縄文時代末期から弥生時代を中心として栄えた集落がありました。出土品は、国の重要文化財に指定されており、アメリカにあるスミソニアン博物館に貸し出されるなど世界的にも注目を集めました。

今回は、清須市に住む筆者が朝日遺跡の資料館であり親子で弥生体験もできる『清洲貝殻山貝塚資料館』についてご紹介します。

 

■復元住居も見学できる!清洲貝殻山貝塚資料館

展示室
画像提供:清洲貝殻山貝塚資料館

『清洲貝殻山貝塚資料館』は、全国最大の弥生集落朝日遺跡の出土品を広く県民に公開するため、昭和50年4月に開館しました。

資料館には、朝日遺跡から出土した弥生時代を代表する考古資料が収められていて、開館中であれば無料で見学することができます。資料館の外には、復元された弥生時代の住居も展示してあり実際に住居の中に入っての見学も可能です!

復元住居
画像提供:愛知県教育委員会

また、資料館では出土品を見れるだけでなく、季節ごとに弥生時代の生活を体験できるイベントも開催されています。

 

■国の重要文化財にしていされている華麗な出土品

朝日遺跡で発掘された出土品は、弥生時代の生活を推察するうえでとても重要な資料とされています。

赤が鮮やかな赤彩土器や壺の体部に大きな丸い穴があけられた円窓付土器、農耕祭祀に用いられたと考えられる銅鐸、勾玉などの2,028点が国の重要文化財に指定されており、その一部は資料館にて見ることが可能です。

赤彩土器 
画像提供:愛知県教育委員会

円窓付土器 
画像提供:愛知県教育委員会

 

■火おこしに土器づくりも!親子で楽しめる弥生体験

清洲貝殻山貝塚資料館では、開館中であればいつでも火おこし体験、土器作りを無料で体験できます! 親子一緒も可能なので小さい幼児でも安心です。

土器づくり体験 
画像提供:愛知県教育委員会

火おこし体験 
画像提供:愛知県教育委員会

また、その他にも古代人の生活を体験できる田植えや稲刈り、稲落とし、年に1度の弥生体験ができる大きなイベントなど子ども達が気軽に体験できるイベントも多数開催されています。

田植え、稲刈り、稲落としは、古代人の服装で復元された石包丁などの道具を使ったり、参加者が火おこしして土器でご飯を焚いたりなど貴重な経験ができます。

弥生生活体験講座 
画像提供:愛知県教育委員会

弥生生活体験講座 
画像提供:愛知県教育委員会

教科書で見るだけでなく、自ら見てこうして体験できることは子ども達にとっても貴重な体験となりますね。

 

いかがだったでしょうか? 弥生時代の遺跡が名古屋からすぐのところにあると知らなかった方も多いのではないでしょうか?

子どもだけでなく歴史好きな方に是非訪れてほしい施設です。平成32年秋には、新しい資料館を開館する予定ということで、更に多くの出土品などを見ることができるようになるのではと期待されています。

週末や長期休みの際に、勉強の一環として遊びながら歴史を学んでみるのはいかがでしょうか?

 

<施設情報>

清洲貝殻山貝塚資料館

住所:愛知県清須市朝日貝塚1
電話:052-409-1467
開館日:木・金・土・日 (休館日は 月・火・水、祝日、年末年始)
開館時間:9:30~16:00
入場料:無料
HP:朝日遺跡インターネット博物館 http://www.pref.aichi.jp/kyoiku/bunka/asahi/
Facebook:あいち朝日遺跡  https://www.facebook.com/asahiiseki/

 

【取材協力】

※ 愛知県教育委員会生涯学習課 文化財保護室

 

【画像】

※ 愛知県教育委員会

※ 清洲貝殻山貝塚資料館