CUCURU(ククル) > グルメ > お酒が飲める駄菓子屋さん!名古屋・名東区『ウェンディ・マム』が楽しい

お酒が飲める駄菓子屋さん!名古屋・名東区『ウェンディ・マム』が楽しい

名古屋・名東区『ウェンディ・マム』

画像:かねお友香

昔はよく見かけた駄菓子屋さん。最近見ないな~と思っている方も多いと思います。しかし、まだまだ現役のお店があるんです。

そのなかのひとつが、名古屋市名東区の駄菓子屋さん『ウェンディ・マム』。、喫茶店と併設しているこちらのお店で、昨年10月から“駄菓子居酒屋”をはじまったのだとか!

そういえば駄菓子の味、お酒のつまみにぴったりだったりしますよね。一体どんな駄菓子に出会えるのでしょうか?

 

■ドリンク+駄菓子3品で500円!

『ウェンディ・マム』はランチも充実している喫茶店。夕方になると“駄菓子居酒屋”に変身します。

お値段は、ドリンク(ソフトドリンクも含む)とお好みの駄菓子3品で500円とリーズナブル。実際に注文してみると、テーブルの上はこんな感じに。

名古屋・名東区『ウェンディ・マム』

画像:かねお友香

駄菓子3品にドリンクでワンコイン! アルコール類の価格も手ごろなので気軽に立ち寄れそうです。

後ろに映っているのは店主手作りの煮物や、旬の食材のおいしい料理です。

もうひとつ注目すべきは、日本酒の種類が多いということ。あまり市場に出回っていない希少なものも飲めるんですよ。

名古屋・名東区『ウェンディ・マム』

画像:かねお友香

店主が東北出身で、幅広いネットワークで仕入れているそう。そんな繋がりで、東北出身者が集う日もあります。

“東北県人会”と称して毎月第2金曜日の20時から開催しています(料理付きで飲み放題3,500円)。

名古屋・名東区『ウェンディ・マム』

画像:かねお友香

東北県人会には、世代を超えて人が集まります。ほぼ初対面でも、東北人同士だとなんだか昔からの友人のようにすぐ溶け込めるそうですよ。

仕事を終えた人が次々と集まってきて、宴は22時を過ぎても続いていました。初参加のも大歓迎とのこと。気になる方はぜひ参加してみてくださいね。

この日のテーブルの上には冬瓜の煮物や、有名店の漬物も並んでいました。

 

■放課後の時間は駄菓子屋さんに

名古屋・名東区『ウェンディ・マム』

画像:かねお友香

すぐ近くには小学校があるので、放課後の時間(15時~17時)には、お店の一部が駄菓子屋さん『水都軒(すいとけん)』になります。

喫茶店とは別の入口から入ります。小さなスペースですが、お金を握りしめた子どもたちが一生懸命に品定めをしています。

名古屋・名東区『ウェンディ・マム』

画像:かねお友香

お店は子どもたちの心のふるさとみたいな感じで、ここで自分の予算内で買うことや、消費税のことを学ぶ子も多いそうです。お店の中には、消費税計算用の貼り紙が。

名古屋・名東区『ウェンディ・マム』

画像:かねお友香

そしてなんと駄菓子屋さんのカウンターでもお酒が飲めます。駄菓子の棚(写真奥)から選んできてお酒を飲むのも、また別の味わいがあります。

■今後の新展開にも注目!

三日月の日には“ニットカフェ”に変身します。お月様が三日月になる日の13時~21時に開催されています。

若いお母さんから年配の女性まで幅広い世代が集って、和気あいあいとニットを編みます。

画像:かねお友香

東北大震災の際にも、東北出身の店主のもとにみんなが集まって一緒に編み物を楽しみ、お互いに元気になったという話も聞きました。

初心者でも素敵に仕上がる糸を使ったりしているので、気軽に参加できそうですね。

 

いかがですか?

駄菓子屋さん、喫茶店、居酒屋、東北県人会、ニットカフェと、さまざまに形を変えるウェンディ・マム。お店というより、みんなが集まってくる“コミュニティスペース”という感じでした。

今度も新展開が予定されているそうなので楽しみですね!

<店舗情報>
ウェンディ・マム
住所:愛知県名古屋市名東区西山本通2-24
アクセス:西山本通の西山口交差点を南へ700m(西山本通2丁目バス停すぐ)、地下鉄東山線星ヶ丘駅から徒歩18分
電話:052-782-6299
営業時間:11:00~21:30
定休日:不定休

【画像】
※ かねお友香

※この記事は、2018年8月時点の情報です。

Recommend今あなたにおすすめ