CUCURU(ククル) > グルメ > レトロなプリンがSNSで人気!名古屋・高岳の純喫茶『ボンボン』の魅力

レトロなプリンがSNSで人気!名古屋・高岳の純喫茶『ボンボン』の魅力

画像:木村純子

名古屋市東区東片端にある『ボンボン』。来年で創業70年になる、地元では誰もが知る老舗のケーキ屋さん兼純喫茶です。

筆者のような昭和世代はもちろん、最近では若い世代の間でもSNSで評判となり、県外からわざわざ足を運ぶ方も多いんだとか。

世代を超えて愛される人気の秘密は何なのでしょう? 子ども時代ボンボンのケーキに心を躍らせいていた筆者、さっそくお店へお話を伺いに行ってきました!

 

■世代を超えて愛されるお店

画像:木村純子

お店は名古屋・東区の東片端南の交差点角にあり、地下鉄桜通線高岳駅1番出口から歩いて4分ほどの場所です。

レトロな味わいの佇まいの建造物としても人気ですが、実は昭和43年に一度焼失した店舗を先代が創業当時に似せて建て替えたんだそう。

画像:木村純子

赤いソファーにレースのカーテン、アンティークな照明など、昭和レトロな雰囲気は年配の方には懐かしく、若い世代には新鮮なお店として多くの世代を魅了しています。

画像:木村純子

店内のアンティークは先代が趣味で集めたものだそう、レトロな店内をさらに引き立たせてくれます。

 

■銀色の器のプリンがSNSで大人気!

画像:木村純子

SNSで評判になったのがこちらの『プリン』(税込300円)。今では手に入らない“銀色の器”に盛られた自家製プリンが”インスタ映え”すると大人気です。※ 数に限りがあるので予約がおすすめです。

他にも豪華な『プリンローヤル』(税込600円)や『フルーツサンデー』(税込600円)、『フルーツあんみつ』(税込550円)などもありますよ。

 

■30種類が並ぶケーキはなんと270円~!

画像:木村純子

カフェに併設されたお持ち帰りコーナーでは、ショーケースに30種類ものケーキが並び圧巻、しかもその半分ほどは1個が270円(税込)と驚きの安さなんです!

ボンボンのモットーは「おいしいものをお値打ちに」。味と質を落とさないよう企業努力を重ねてこの値段を維持しているんだそうですよ。

すべてのケーキは開店前から職人たちが手作り、その日作ったものしかお店には並びません。安いだけではなく、安心して購入できるのも人気の理由なんですよ。

筆者が伺った日は平日でしたが、次々にお客が訪れ、まとめて10個ほどを買い求める方も数人いらっしゃいました。

画像:木村純子

人気ナンバー1ははこちらの『マロン』(税込270円)。ふわふわのスポンジに生クリームを包み込んだシンプルなケーキです。

シンプルだからこそ素材のおいしさが引き立つ一品です。

画像:木村純子

こちらの『サバラン』(税込270円)は、お酒がたっぷりしみこんだ大人のケーキ。どちらも昔からずっと愛されているケーキです。

画像:木村純子

焼き菓子はギフトとしても大人気、特にバームクーヘンは看板商品です。

ロゴシールのクマさんや包装紙がレトロかわいいと、こちらも若い子たちの間でも大好評なんだそう。

 

■完売必須の1ヶ月限定ケーキとは?

画像:木村純子

今の季節の一番人気はこちらの『丸ごとピーチ』(税込550円)。職人が丁寧に皮をむき種を取り出して作っています。

桃が旬の7月中旬~8月のお盆くらいまでと、1ヶ月ほどだけしか販売しない限定ケーキで、毎年楽しみにしている常連さんも多いんだとか。

平日には240個、土日は350個を作るのが限界だそうですが、人気のため予約のみでほぼ完売してしまうこともあります。ぜひ前日までに電話で予約をしてくださいね!

筆者も子ども時代には親と、子どもが生まれてからは3世代で、今は夫婦でふらり、一人でふらりと足を運びます。

駐車場も広いため車の利用が便利なのもうれしいですね。

 

いかがですか?

レトロなカフェに自家製プリン、お値打ちでおいしいケーキなど魅力がいっぱいの『ボンボン』。ぜひみなさんも訪れてみてくださいね。

<店舗情報>
ボンボン
住所:愛知県名古屋市東区泉2-1-22
電話:052-931-0442
営業時間:洋菓子(テイクアウト)8:00~21:00、純喫茶 平日 8:00~22:00 (L.O.21:45)日祝 8:00〜21:00(L.O. 20:45)※ 天津楼泉店がお休みの日は21:00まで
定休日:無休
駐車場:有(35台)

【画像】
※ 木村 純子

※ この記事は、2018年7月時点の情報です。

Recommend今あなたにおすすめ