CUCURU(ククル) > ライフスタイル > ケアレスミスも防げるかも!文章を「音読」することのメリットとは

ケアレスミスも防げるかも!文章を「音読」することのメリットとは

画像:YUMIK / PIXTA(ピクスタ)

学年が上がっていくにつれて、テストで凡ミスが目立ったり集中して黙読できなかったりするお子さんもいるかもしれません。

そんなときにオススメなのが、“音読”の練習です。というわけで今回は、一般社団法人JOSHIGOTO LINK代表で講師を務める相田彩香さんに、“音読の大切さ”について伺いました!

 

■音読ができないと黙読もできない

「小学校低学年のとき、“音読”の宿題が出ることも多いですよね。

小学生になると“黙読”をさせようと思う親御さんも多いと思いますが、しっかり音読ができていないと黙読も苦手になりがちなので、音読はとっても重要。

つまり、音読力が身についていれば黙読力もつきやすい、ともいえます」

音読をしっかり練習することで、黙読する力が身につきやすいのですね!

 

■音読練習をして凡ミスを防ごう!

画像:CUCURU編集部

音読が黙読する力を養うことはわかりましたが、ほかにどのような力を養うことができるのでしょうか?

「音読力が育つことで、心の中で確認する力が育つと思います。その結果、凡ミスを防ぐことにつながります。

また、文章を読むときの目の力を育てるために、音読するときは文章を“指差し”するようにしるとよいでしょう」

なぜ指差ししながらの音読が良いのでしょうか?

「指差しすることで、目が文章にロックオンされます。しっかり文章を集中して読まないと指差しはできません。

指差ししながら音読をすると、目・耳・手・口の4か所を同時に使うことになり、黙読に比べて脳も活性化しやすくなります」

 

いかがですか?

日々忙しいママたちですが、お子さんのさまざまな可能性を広げていくためにも、音読に耳を傾けてあげてくださいね!

また夏休み中には、小学生までを対象とした体験イベント『キッズおシゴト体験ラボ』が開催されます。気になる方は、予約の上ぜひ参加してみてくださいね。

 

『キラママ de CUCURU』は、『radiko(ラジコ)』で聴取することができます。(※放送後1週間まで聴取可能です。エリア内は無料で聴取いただけますが、エリア外はプレミアム会員登録が必要です。スマートフォンの場合はアプリダウンロードが必要です。詳細はhttp://radiko.jp/まで)

【7月31日(火)放送】

 

<今日の出演ママ情報>

相田 彩香(あいだ さいか)
一般社団法人JOSHIGOTO LINK代表。講師も務める。HP:http://joshigoto.jp/

<イベント情報>
第11回キッズおシゴト体験ラボ supported by サーラプラザ知立
日時:2018年8月26日(日)10:00~16:00
場所:サーラプラザ知立(愛知県知立市鳥居1-1-17)
対象:3才~小学生
参加費:無料
主催:サーラプラザ知立、一般社団法人JOSHIGOTO LINK
HP:http://joshigoto.jp/labo/oshigoto11th/

<番組情報>
CBCラジオ キラママ de CUCURU
東海エリア最大級のママコミュニティ『キラキラママ☆プロジェクト(通称:キラママ)』と、女性のための地域密着型情報サイト『CUCURU(ククル)』がコラボした、ママのための情報発信番組。パーソナリティは、平野裕加里さん。出演は『キラキラママ☆プロジェクト』の元気なママたち。
放送日時:毎週月曜~金曜夕方17:22頃
ラジオ公式HP:http://hicbc.com/radio/kiramama/

【画像】
※ CUCURU編集部
※ YUMIK / PIXTA(ピクスタ)