CUCURU(ククル) > ライフスタイル > パンパン…から卒業!気持ち良い食器棚にするたった3つのポイント

パンパン…から卒業!気持ち良い食器棚にするたった3つのポイント

画像:バービースタイル マキ

食器ってどのくらい持っているか把握してますか? 食器棚はパンパンになっていませんか? ちゃんと余裕がありますか?

食器は、粗品、贈答品、キャンペーンで付いてきたものがいつの間にか増えていたり、気に入ったものがあるとついつい買ってしまったり……油断していると、どんどん増えてくるんですよね。

今回は、そんな食器棚であるあるの悩みを、整理収納アドバイザーが解決しましょう。

 

■食器棚、どんな使い方をしていますか?

ビフォー
画像:バービースタイル マキ

無意識に取り込んでいると気付かぬ間に、写真のように食器棚がパンパンになっていませんか?

これだけ詰まっていると片づけるのも、取り出すのも億劫になりますよね……。

さらに食器が入りきらないと、使った食器も洗った後のラックに入れっぱなしになり、結局普段の生活で使う食器はいつもラックから出して使うだけだったり。そんな経験ありませんか?

アフター
画像:バービースタイル マキ

でも安心してください、ちょっとの工夫と思い切りだけで、上の写真のように美しい食器棚にすることができますよ。そのポイントを3つあげてみます。

 

■ポイント1:シーンに合わせてたくさんの食器を持つのを卒業

画像:バービースタイル マキ

来客用、和食用、洋食用、子ども用など、細かく分ければ分けるほど食器の数は増えます。

特に、年に数回来るか来ないか定かではない来客のために、大量の食器を棚にしまっていませんか? 結果、普段から使いづらい食器棚になっていないか確認しましょう。

普段から使う食器を、自分のお気に入りや、お客様に出しても恥ずかしくないものにしておけば、特に来客用として分けて持つ必要もありません。

お客様には高価な食器で、自分には粗品などでもらったマグカップなどを使っていませんか? 自分自身にもいつも素敵な食器でもてなす気持ちで! 特に気に入ってるけど、高価で使うのがもったいない物ほど、どんどん前に出して使ってあげましょう。

普段から使い慣れていると、お客様をおもてなしするときも、とても自然にできますね。自分もお客様も誰もが使える物を数点に厳選すると、使いやすい食器棚に変身します。

 

■ポイント2:1年以上使っていない食器は処分する

画像:バービースタイル マキ

使っていないということは、「必要がない」「使えるシーンがない」「使い勝手が悪い」「そんなに気に入っているわけではないが、いただき物だから捨てにくい」など、使わない理由が隠れています。

しかし、使わない食器をずっと取っておくことで、今使っているものがスムーズに出し入れしにくかったり、また使わなきゃ!という思いが募ったりするばかりで、見えないストレスがかかってしまうのです。

毎日生活してる自分、家族のために、思い切って処分して、今のキッチンや食器棚をスッキリ使いやすいようにしましょう。

 

■ポイント3: 少し欠けている、ペアやセットだったものだけど片方だけ残っている場合も思い切って処分

これもあるある!ですが、少し欠けていてまだ使える食器、ペアやセットだったけれど一部だけ残ってしまった食器を取っておいたままにしていませんか? もったいないですが、これも処分するのが正解。

違う種類の食器がどんどん増えていくと、重ねてしか収納できなくなることが多く、どうしても下のお皿を使わなくなりがちです。

違う種類のお皿を重ねる時は、多くても2種類までに抑え、いつでもすぐに取り出せる状態がいいですね。それ以上になる場合は、思い切って処分しましょう。すぐに取り出せるということは、すぐにしまえるということにも繋がります。

画像:バービースタイル マキ

食器は、一度家に入って来ると、壊れない限り捨てにくいものでもあるので、いただく前に使うかどうかを意識的に確認してみるのもポイントです。

いただき物で断れない場合でも、使わないと判断したら、しまう前に誰かに譲るなどして、食器棚の中を必要以上に増やさないようにしたいですね。

 

いかがでしょうか? 毎日使うものとして、自分や家族を気持ちよくもてなし、またもてなしてくれる食器。気持ちよく棚に収められると素敵ですね。

 

【画像】

※ バービースタイル マキ