CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 北欧発のインテリアも!涼しげで可愛い「今夏のおすすめクラフト」3選

北欧発のインテリアも!涼しげで可愛い「今夏のおすすめクラフト」3選

画像:cafeくろねこ

いよいよ暑さが増してきましまね。昨今、 さまざまな手作りブームが続いていますが、 夏を少しでも涼しげに過ごせるようなインテリアクラフトを知って いますか?

今回は、愛知県で3度目の開催になるクラフトマルシェ『P-Rhythm♪ Vol.3』の主催者に、 特に夏にぴったりのオススメクラフトを紹介してもらいました。

多くのマルシェ会場でも体験できそうなクラフトばかりなので、見かけたらぜひ作ってみてくださいね!

 

■1:夏の間は飾っておける!見た目涼しい「ジェルキャンドル」

画像:cafeくろねこ

グラスの中を自由な感性で仕上げることができるクラフトの“ジェルキャンドル”。カラーサンドを使えば、夏らしいデザインに!

また夏向きのアイテムとして、貝殻を入れるのもオススメです。 イルカなどは泳いでいるように配置するのがポイント。気泡で、 水の中をイメージして作るのも涼しげです。

火を灯す芯は、あとから刺すように持ち帰って、 夏の間のインテリアとして楽しみましょう。

 

■2:太陽の光に反射する「サンキャッチャー」

画像:cafeくろねこ

太陽の光を屈折させて、虹のように光るインテリアが“サンキャッチャー”です。 好みの色のスワロフスキーやガラスを組み合わせて作ります。

夏にオススメなのは、 爽やかなブルーや元気なオレンジを使ったサンキャッチャー。

また、例えばパープルは「 感性豊かな魅力や個性を引き出してくれる色。理想、大切なもの、 探究心」など風水的なカラーセラピー要素を調べた上で選んでみるのも面白そうです。

 

■3:北欧発のゆらゆら癒しインテリア「ヒンメリ」

画像:cafeくろねこ

フィンランドの伝統工芸で、本来は藁で作るクラフトながら、 ストローでも作ることができる“ヒンメリ”。

12本の好きな柄のストローに、 糸を通して正八面体を基本の形として、組み立てていきます。

ストローと糸と針だけで、サイズや形もアレンジでき、 立体作りを楽しめます。完成品は、ちょっとした風( エアコンの風など)でもクルクルと動き、その姿に癒されますよ!

クリップをつけて、写真などを吊るしてもオシャレになります。

 

夏に作ってみたいクラフト三選、いかがでしたか?

マルシェ会場に行かれる際は、参考にしてみてくださいね!

<イベント情報>
P-Rhythm♪ Vol.4
開催日程:2018年9月23日(日)10:00〜16:00
場所:愛知県岡崎市フタバ産業株式会社竜美ヶ丘研修センター (予定)
HP:https://ameblo.jp/craftprhythm

【参考】
※ キャンドルハウス Lintu(リントゥ)
※ WA+zikan (わたしじかん)ヒンメリのWA 愛知県知立市
※ 彩り工房 にじいろくじら*ローズウィンドウ&ワイヤークラフト&サンキャッチャー(愛知県岡崎市)

【画像】
※ cafeくろねこ

※ この記事は、2018年7月時点の情報です。