CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 英語の上達に役立つ!知っておきたい「英語と日本語の違い」とは

英語の上達に役立つ!知っておきたい「英語と日本語の違い」とは

画像:Syda Productions / Shutterstock

英語は役に立つ機会も多い言語ですが、習得するまでが大変だと考えている方も多いのでは?

しかし、そんな方でも日本語と英語の違いを理解すれば、英語への苦手意識が軽減されるかもしれません。

そこで今回は、夜は歌手、昼は企業研修英語講師として、言葉と音で人の心を照らされている大塚桜さんに、“日本語と英語の違い”についてお聞きしました!

 

■留学を機に英語の楽しさに目覚める!

画像:CUCURU編集部

英語に苦手意識を持っている方は多いと思いますが、海外へ留学されていたり、英語を職業にされていたりする大塚さん自身は、昔から英語は得意だったのでしょうか?

「今でこそ英語に関する仕事をしておりますが、先生の授業が楽しくなくて英語が嫌いになってしまい、中学生の頃は赤点でした」

では、どうして海外へ留学しようと思われたのでしょうか?

「そもそも姉がすごく出来が良くて、高校生の頃に海外へ留学したいと口にしていましたが、当時は今のような留学システムがなく、なかなか実現しませんでした。

それから何年か経ち、姉が大学生、私が高校生になった頃に、親が高校生でも留学できる機関を見つけ、私に教えてくれました。それで興味を持った私は、1年間海外へ留学をしました」

1年間も留学していたら、英語がしっかりと学べそうですね!

「そうですね。しかし同じ1年間留学した子たち同士でも、英語の上達具合には個人差があったんです。私はその中でも英語力が伸びていた方だったので、この個人差はどこから来るのだろうと考えました。

私はもともと音に関することに興味があったため、英語力が伸びたのかもしれないと思いました」

やはり耳が良かったり、音への興味を持っていたりするかどうかで語学の上達スピードも異なることがあるのですね!

「人間が好きかどうか、というところでも変わってくるのかもしれないとも思いましたね。

また、留学から帰ってきてから“もっと学んでおけばよかった”と反省もしたので、その後は常に辞書を持ち歩いたり、分からない言葉は臆せず尋ねたりしていました。

言葉のおもしろさを知ることで、今まで知らなかった世界が見えてとても楽しく感じました」

 

■日本語と英語の違いとは?

留学を通して感じた、英語と日本語の違いはなんでしょうか?

「やはりまずは音が違います。そして、音が違うと重点的に使う筋肉も異なりやすいですよね。日本語ばかり話している方は英語を話す筋肉がついていない傾向にあるので、英語の発音を良くしたいのであれば“筋トレ”をするのが良いと思います」

英語と日本語では音の数も違いますしね。

「日本語は51音とよく表にあるのを見ますが(濁音、半濁音は除く)、アルファベットは26文字しかないですよね。26文字の音の組み合わせに注目することで、リスニングやスピーキングができるようになると思います」

 

いかがでしたか?

英語は、単語や文法の他に、音もしっかりトレーニングしていけば、頭にインプットされていくのかもしれませんね!

画像:大塚桜

また、今回教えてくださった大塚桜さんは、歌手としても活動されています。さまざまなライブ会場で、その歌声を聴くことができますよ!

 

『キラママ de CUCURU』は、『radiko(ラジコ)』で聴取することができます。(※放送後1週間まで聴取可能です。エリア内は無料で聴取いただけますが、エリア外はプレミアム会員登録が必要です。スマートフォンの場合はアプリダウンロードが必要です。詳細はhttp://radiko.jp/まで)

【7月18日(水)放送】

 

<今日の出演ママ情報>

大塚 桜(おおつか さくら)
言葉と音で人の心を照らします。夜は歌手、昼は企業研修英語講師。HP:https://sakuraotsuka.jimdo.com/

<番組情報>
CBCラジオ キラママ de CUCURU
東海エリア最大級のママコミュニティ『キラキラママ☆プロジェクト(通称:キラママ)』と、女性のための地域密着型情報サイト『CUCURU(ククル)』がコラボした、ママのための情報発信番組。パーソナリティは、平野裕加里さん。出演は『キラキラママ☆プロジェクト』の元気なママたち。
放送日時:毎週月曜~金曜夕方17:22頃
ラジオ公式HP:http://hicbc.com/radio/kiramama/

【画像】
※ CUCURU編集部
※ Syda Productions / Shutterstock