CUCURU(ククル) > 美容・健康 > 雨の日の頭痛がつらい!お天気痛をセルフケアする「ツボ」とは

雨の日の頭痛がつらい!お天気痛をセルフケアする「ツボ」とは

画像:Purino / Shutterstock

雨が多い時期は、湿気にうんざりしたり過ごしにくさを感じたり……と憂鬱になりがちですよね。そんな季節には、快適に過ごしやすくなる方法を試してみましょう。

そこで今回は、癒しのスぺシャリストとして、ボディケアのサロンとスクールを開催している鬼頭恵美さんに、“梅雨を楽しく過ごす方法”を教えていただきました。

 

■未病が病気にならないうちにケアしよう

「梅雨は日照不足、気圧や気温の変化、朝晩の冷え込みなどで自律神経の働きが崩れやすくなります。その結果、身体がだるくなる、足がむくむ、頭痛が起こる……といった症状に悩まされることも。

十分な睡眠をとっているにもかかわらず、昼間に眠気を感じたり、めまいに悩まされたりする方もいるでしょう」

こうした症状は、軽度だと放置してしまいやすいものですよね。

「まさにその通りです。しかしこれは、発病に至らない“未病”における症状なので、医者にかからないまでも自身でケアする方法を知っておくと便利ですよ」

 

■天気が悪くなるとやってくる「お天気痛」にはツボを

画像:CUCURU編集部

未病にはセルフケア!とのことですが、具体的にはどうしたらよいのでしょうか?

「“ツボ押し”がオススメです。手のひら(左右どちらでもOK)と腕の付け根部分にあるシワから、指3本分下がった真ん中の部分を押しましょう。

ここは“内関(ないかん)”と呼ばれるツボで、心のストレスを和らげる効果が期待できます。他にも、天気が悪くなるとやってくる“お天気痛”や“めまい”、“乗り物酔い”、“吐き気”があるときにもオススメです」

普段お天気痛で悩まされている方は、どのタイミングでツボを刺激すればよいのでしょうか?

「“頭痛がきそうだな”と思ったときに刺激しましょう。頭が痛くなってしまったら、頭や首のサイド、頸動脈のあたりを冷やすのもケアになりますよ」

なるほど、これなら自分でも気軽にできそうですね。

また、雨の日はなんとなくやる気がでないこともあるかと思うのですが、そんなときはどうしたらよいのでしょうか?

「植物由来100%の精油を使ったアロマを楽しむのがおすすめです。なかでも、“ローズマリー”は交感神経の働きが高まったり、血流の流れが良くなったりする効果が期待できます。

しかし、心臓に負担がかかってしまうこともあるので、高血圧の方は使用を控えることをオススメします」

 

いかがでしたか? 具体的な対処法が分かると、憂鬱になりがちな時期も明るく乗り切れそうですね!

 

『キラママ de CUCURU』は、『radiko(ラジコ)』で聴取することができます。(※放送後1週間まで聴取可能です。エリア内は無料で聴取いただけますが、エリア外はプレミアム会員登録が必要です。スマートフォンの場合はアプリダウンロードが必要です。詳細はhttp://radiko.jp/まで)

【7月9日(月)放送】

 

<今日の出演ママ情報>

鬼頭 恵美(きとう えみ)
ボディケアのスクールとサロンを経営。癒しのスペシャリスト。HP:http://m-loop.com/

<番組情報>
CBCラジオ キラママ de CUCURU
東海エリア最大級のママコミュニティ『キラキラママ☆プロジェクト(通称:キラママ)』と、女性のための地域密着型情報サイト『CUCURU(ククル)』がコラボした、ママのための情報発信番組。パーソナリティは、平野裕加里さん。出演は『キラキラママ☆プロジェクト』の元気なママたち。
放送日時:毎週月曜~金曜夕方17:22頃
ラジオ公式HP:http://hicbc.com/radio/kiramama/

【画像】
※ CUCURU編集部
※ Purino / Shutterstock

Recommend今あなたにおすすめ