CUCURU(ククル) > エンタメ > ゴーヤの苦味が消える!? 尼神インターが挑む「料理の裏ワザ」に感動

ゴーヤの苦味が消える!? 尼神インターが挑む「料理の裏ワザ」に感動

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

CBCテレビ『花咲かタイムズ』の人気企画『尼神インターン』は、尼神インターが“女子力”をアップさせるために、さまざまなことにチャレンジする企画。

今回2人は“お料理企画第2弾”として、今が旬の夏野菜をおいしく食べる方法を伝授してもらったそうです!

 

■ゴーヤの苦味は砂糖で飛ばせる!?

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

今回、2人に夏野菜のおいしさを教えてくれるのは、野菜ソムリエの大橋千珠先生。

CUCURUのライターとして大活躍中の大橋先生は、前回のお料理企画“尼神インターが料理に挑戦!明日から使える「びっくり料理テク」とは”でも、2人に料理を教えてくれました。

そんな先生は今回、夏野菜がたっぷり乗った冷やしパスタを作りながら、あっという間に下ごしらえができる“裏ワザ”や、“旬の夏野菜”をもっと美味しく食べられる達人調理術を教えてくれるそう!

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

夏野菜の中でも代表的なゴーヤは独特な“苦味”があるため、苦手な方も多いはず。

通常の下ごしらえはスライスしたものを湯通しして苦みを抜きますが、実は砂糖をまぶすと苦み成分が外に出やすくなるんです。

砂糖をまぶしたゴーヤは5分ほど置いたらサッと茹で、味付けのツナとマヨネーズ加えるだけで下ごしらえは終了。

手軽にゴーヤを食べやすくするプロのテクに、2人も驚かされた様子です!

 

■トマトの皮むきが簡単になるマル秘テク

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

ゴーヤの料理テクを学んだ後、パプリカの甘みを引き出すテクも習得した2人は、最後にトマトソースを作ることに。

そして、面倒に感じてしまいがちなトマトの湯むきも、一度トマトを凍らせることで、あっという間に皮むきができるそう!

皮むきが終わった後は5分ほど煮込み、 ハーブなどのスパイスが入った塩と砂糖で味つけをします。

たくさんの時短テクが詰まった冷パスタは、果たしてどんなお味だったのでしょうか?

 

また、2人はとうもろこしをつかった“超簡単炊き込みご飯”にも挑戦したそうなので、そちらで披露される料理テクも必見です。

気になる番組の全容は、2018年6月30日(土)放送の『花咲かタイムズ』でチェックしてみてくださいね!

【画像】
※ CBCテレビ『花咲かタイムズ』

※ この記事は、2018年6月時点の情報です。

Recommend今あなたにおすすめ