CUCURU(ククル) > グルメ > まるで雪山…!京都にある老舗『文の助茶屋』の上品なかき氷を名古屋駅で

まるで雪山…!京都にある老舗『文の助茶屋』の上品なかき氷を名古屋駅で

名古屋駅にある京都老舗『文の助茶屋』

画像:木村純子

名古屋駅のジェイアール名古屋タカシマヤ6Fにある『文の助茶屋』は、明治末期から京都東山で愛されてきた甘味処です。

創業以来受け継がれた手作りの伝統技法で作る看板商品の甘酒、ニッキの効いたわらび餅は京都のお土産としても人気なんですよ。

また名古屋店では、夏限定のかき氷がしゃれていると話題になっているんだそう。さっそく筆者がお店へ伺ってきました!

 

■和モダンでゆったりと明るい店内

名古屋駅にある京都老舗『文の助茶屋』

画像:木村純子

お店は木の温もりを感じる和モダンな雰囲気、奥へ進むと窓から陽射しの入る明るい空間が広がります。

窓際のカウンター席もゆったりとしており、お一人様でも買い物途中に気軽にひと休みできますね。

名古屋駅にある京都老舗『文の助茶屋』

画像:木村純子

通路もゆったりとしてるのでベビーカーや車椅子でも安心です。

 

■夏限定のかき氷がおしゃれ

お店では一年を通してみぞれ氷・いちご氷・宇治金時などの定番かき氷がいただけますが、今回は夏限定のかき氷『きながくれ』(税込1,080円)をいただきました。

名古屋駅にある京都老舗『文の助茶屋』

画像:木村純子

三重県美里町の天然水で作られた氷を使ったかき氷は、ふわふわのパウダースノウ。真っ白で上品なミルクのかき氷です。

名古屋駅にある京都老舗『文の助茶屋』

画像:木村純子

上にはつやつやの白玉が2つのっています。まるで雪山のようですね。

名古屋駅にある京都老舗『文の助茶屋』

画像:木村純子

食べ進めると中には、粒あん、寒天、わらび餅、そしてきなこソフトが隠れているんです! なんともこじゃれた演出ですね。どれもこだわりの素材を使った自家製でお店で毎日手作りしているそう。

わらび餅は南九州産の本わらび粉を使った本格派、ぷるぷる感ともっちとしたコシの両方を味わえる一品です。単品で注文する常連さんも多いんですよ。

 

■月900個も売れる!抹茶尽くしのパフェ

名古屋駅にある京都老舗『文の助茶屋』

画像:木村純子

一年を通して一番人気のメニューは、こちらの『抹茶パフェ』(税込972円)です。

抹茶のソフトクリームやわらび餅など、抹茶尽くしのパフェは多い月には900食も注文があるんだそう。

名古屋駅にある京都老舗『文の助茶屋』

画像:木村純子

またランチにのおすすめなのが、こちらの『東山』(税込1,566円)。ざる茶そばにミニサイズの甘味、ドリンクなど、あれこれ楽しめるお値打ちセットです。

 

■自慢のわらび餅や甘酒は自宅でも楽しめる

名古屋駅にある京都老舗『文の助茶屋』

画像:木村純子

お店自慢のわらび餅や甘酒は、店頭にてテイクアウト用も販売しています。

暑い夏にぴったりのニッキが香るのどごしのよいわらび餅、夏バテによいといわれる甘酒を自宅でも楽しんではいかがでしょうか。

 

定番のかき氷は通年楽しめますが、ご紹介した『きながくれ』などの夏限定メニュー、は9月中旬ごろまでの販売です。気になる方はぜひお早めに足を運んでくださいね。

<店舗情報>
京甘味 文の助茶屋 名古屋店
住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 ジェイアール名古屋タカシマヤ6階
電話:052-566-1101(代表)
営業時間:10:00~20:00(ラストオーダー19:30)
定休日:不定休
駐車場:タワーズ駐車場1,300台(30分320円)※ 5,000円以上利用で60分、20,000円以上利用で120分、50,000円以上利用で180分無料

【画像】
※ 木村 純子

※ この記事は、2018年7月時点の情報です。