CUCURU(ククル) > グルメ > 名古屋で発見♡こだわりぬいた50種類の欧風無添加ジャムのお店

名古屋で発見♡こだわりぬいた50種類の欧風無添加ジャムのお店

子どもにも安心♡こだわりぬいた50種類の欧風無添加ジャム

画像:大橋千珠

朝食に食パンとジャムを食べるという方は多いのではないでしょうか?

ジャムといえば子どもが好きな食材のひとつ。我が家はパン食なので、毎朝いちごジャムは欠かせません。

しかしジャムには添加物がたくさん入っているから、毎日食べるには……とお悩みの方も少なくないはず。

そんな、安心して小さい子どもにも食べさせてあげたい、飽きずにいろんな味を楽しみたい、という希望を叶えたジャム屋さんが名古屋市名東区にありましたので、野菜ソムリエの筆者がご紹介いたします。

 

■手作り欧風無添加ジャム&瓶詰め保存食品の店

見つけたのは、『Vivace(ヴィヴァーチェ)』というお店。

真っ赤な扉の前には大きなスプーンとりんご。ワクワク感を醸し出す雰囲気に包まれながら店内に入ると……。

画像:大橋千珠

 

画像:大橋千珠

50種類以上ずらりと並ぶジャム。

少しずつ試したい方に向けて小瓶での販売もあり、手が出しやすい価格帯なのも嬉しいです。お気に入りが決まっている方には大きな瓶も販売していて自分のスタイルに合わせて購入ができます。

 

■旬と品種にまでこだわった材料たち

旬の美味しい時期に収穫された果物を、北欧仕込みの手作りで生み出されたジャムは体も喜ぶ一品。しかも皮まで食べることができるぶどうの『ナガノパープル』や黄桃の『黄美娘』など、果物の品種まで限定しているこだわりは見事です。

また“ポポー”という珍しい果物のジャムに早熟、完熟と2種類用意されているなど、幅広い果物1つ1つにこだわりつくされたジャムが用意されています。

そのまま食べても美味しい果物が贅沢なジャムとして生まれ変わり、品種でジャムを選べるのもこのお店の醍醐味ではないでしょうか。

画像:大橋千珠

 

■もちろん、体に優しい無添加

体のことを第一に考えているから余分なものは入っていなく、果物がゴロゴロ入っているので、まるで果物をそのまま食べているかのようなジャムの味わい。

「保存料が入ってないので保存は“冷凍庫”をオススメします。」と、丁寧に教えてくださる店主の心遣いもアットホームな感じで親しみやすいです。

 

添加物不使用、保存料無添加の旬の果物を使用した手作りジャムは安心して食べられますね。

お子さんに安心してジャムをあげたい方、いろんな種類のジャムを楽しみたい方にはオススメのジャム屋さんです。

 

 

<店舗概要>

手作り欧風無添加ジャムと瓶詰保存食品の店  ヴィヴァーチェ

住所:愛知県名古屋市名東区桜ケ丘1丁目 ライフメゾン瑞光園 瑞光園ビル1F
営業時間:11時~19時
定休日:木曜日(祝日の際は営業・振替休日無し)
TEL:052-734-3817
ホームページ:http://viva-vivace.com/about

 

【参考】

Vivace(ヴィヴァーチェ) - HP

 

【画像】

※ 大橋 千珠