CUCURU(ククル) > エンタメ > 渡辺直美も大絶賛!愛知県岡崎市の「ホタル米」を使ったジビエ丼とは

渡辺直美も大絶賛!愛知県岡崎市の「ホタル米」を使ったジビエ丼とは

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

2018年6月16日(土)に放送された、CBCテレビ『花咲かタイムズ』。

人気企画『週末ジャーニー 推しタビ』では、アジアン馬場園さんと渡辺直美さんが“愛知県岡崎市”を巡りました!

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

ホタルの見ごろを迎え、今月30日まで山間部にある『鳥川ホタルの里』では、ホタル祭が開催中! ゲンジボタルがおりなす光は、まさに幻想的です。

そんな岡崎市で、ホタルにまつわるグルメや、産みたての卵を使ったお菓子作りを楽しんだそうですよ。

 

■「ホタル米」を使ったジビエ丼

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

清流“乙川(おとがわ)”のほとりに建つ『ウッドデザインパーク』。

川のせせらぎを感じながらカフェやバーべキュー、グランピングでの宿泊が楽しめるアウトドア施設です。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

『BBQ食材セット』(1人前、2,138円 ※ BBQスペース使用料は別途)や、『グランピングサイト』(4名、42,000円~)など、充実したメニューが揃っています。

今の季節は夜になるとホタルが見られるという事で、なんと限定でホタルにまつわる料理が食べられるんですよ!

特別なテラスがあるということで行ってみると……

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

なんと川の真上でカフェが楽しめる “スカイテラス”が登場! 夜にはホタルの光に包まれるという絶景ポイントなんです。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

そして、こちらがホタルにまつわるグルメ、一日20食限定の『ローストジビエ丼』(1,500円、要予約)です。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

ご飯は『鳥川ホタルの米(まい)』。鳥川町のホタルが生息するキレイな水で栽培された、“ミネアサヒ”という品種のお米です。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

お肉は、近くの山で獲ったイノシシのロースト肉。岡崎名物の八丁味噌を使ったゴボウソースがかかっており、山の幸満点のメニューです。

イノシシ肉は臭みがまったくなく、やわらかくてとってもジューシー!

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

あまりの美味しさに直美さんも大絶賛!

こちらの施設、元々はリフォーム会社の研修施設として使われていたところ、一般のお客さんにも使っていただけるよう生まれ変わったんだとか。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

今も完成形ではなく、まだまだ進化していく木のテーマパーク。今年の冬にはお茶を楽しめる“茶室”が完成する予定です。

条件が良ければ、20:00ごろにスカイテラスからホタルを見ることができます。ぜひみなさんも、ホタルとホタルにまつわる絶品グルメを堪能してみてくださいね!

 

■「岡崎おうはん」の卵を使ったプリン作り体験

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

続いて訪れたのは、岡崎市の東部にある“額田(ぬかた)地区”。こちらには、柚子農家さんが去年10月に始めた体験施設『ぬかた体験村』があります。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

こちらで飼育されている“岡崎おうはん”は、お肉・卵の味が共に全国で最優秀賞に輝く、数少ない純国産の鶏。

そんな貴重な“岡崎おうはん”の産みたての卵を使った『岡崎おうはんプリン作り体験』(1,800円、要予約)ができちゃいます。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

さっそく2人もプリン作りを体験させてもらいました!

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

産みたてで新鮮な卵に砂糖を加えて混ぜ、アーモンドミルクと混ぜたら竹の器に注ぎます。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

オーブンに入れて30分焼いている間に、水と砂糖でカラメル作り。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

焼きあがったプリンに、煮詰めたカラメルをかけたら完成! 果たしてそのお味は……?

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

優しい甘さなのにとっても濃厚! あまりの美味しさに2人とも感動。

とっても簡単に作れる絶品プリンなので、ぜひみなさんも体験してみてくださいね!

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

産みたての卵(1個、50円)は持ち帰ることもできますよ。

 

■昔話をモチーフにしたユニーク和菓子

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

続いて訪れたのは、和菓子店『おとぎの蔵 豆の樹』。週末には行列ができるほどの人気を誇る、和菓子店『和泉屋』の姉妹店です。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

『和泉屋』の名物は『みたらし団子』(1本、75円)。多い日には、なんと一日3,000本も売れるという大人気メニューです。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

また今の季節は、こちらの『くず餅バー』が一日に3,500本も売れるそう!

さっそく2人は、人気のみたらし団子をいただきました。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

馬場園さんは「めちゃくちゃ美味しい!」と大絶賛。お餅がツルツルでのど越しがよく、醤油の美味しさと香ばしさが特徴です。

お餅は機械でついた後、職人がさらに手でこねることで、きめ細やかな柔らかい食感を生み出しています。そのため、夜になっても硬くならない、柔らかいままの団子が楽しめます。

そんな人気の姉妹店『おとぎの蔵 豆の樹』では、おとぎ話をモチーフにした和菓子も販売しています。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

こちらは、最中で見立てた『一寸法師』のお椀。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

こちらは、ケーキで『かぐや姫』が帰った満月を表現。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

ヨーグルト入りの白いスポンジで、ヨーグルトの羊かんを挟んだこちらの和菓子は『鶴の恩返し』(160円)。

鶴の羽で折った反物をイメージしています。しっとり柔らか食感が絶品で美味しい!

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

こちらは、力持ちをイメージした『金太郎どら焼き』(180円)。北海道産の大粒あずきに、餅粉で作った自家製“ぎゅうひ”が入っています。

他にも、物語の一部を表現しているおとぎ話の和菓子があり、『浦島太郎』など全部で12種類あります。ぜひおとぎ話を想像しながら食べてみてくださいね!

 

■八丁味噌の「ミソスープスタンド」とは?

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

最後に訪れたのは、ショッピングセンター『岡崎シビコ』の1階にある『8830 MISO(はちはちさんまる みそ)』。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

なんと、岡崎名物“八丁味噌”を使ったミソスープがいただけるカフェなんです。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

岡崎城から昔の距離で八丁(現在の約870メートル)離れた場所で、作り続けられている岡崎名物八丁味噌。

その伝統を伝えたいと市内で衣料店を営むオーナーが、毎週日曜日限定で始めた“ミソスープスタンド”です。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

八丁味噌を入れたコップの上にフィルターをセットし、かつお節を入れてお湯を注ぎます。まるでコーヒーのように淹れるスタイルには2人もビックリ!

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

そしてこちらが、進化系味噌汁『八丁ミソスープ』(単品、350円)。

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

さらに、こちらの『岡コッペ+発酵バター』(150円)を八丁ミソスープにつけて食べると美味しいんだとか。

斬新な組み合わせに半信半疑の直美さん。果たしてそのお味は……?

画像:CBCテレビ『花咲かタイムズ』

「美味しいね~」と絶賛! 馬場園さんも感激していました。他にも、『たまごサンドセット』(600円)がいただけますよ。

ぜひみなさんも、珍しいスタイルのスタンドで美味しいミソスープを堪能してみてくださいね!

いかがですか? ホタルが見ごろで美味しいグルメが揃う“愛知県岡崎市”。ぜひみなさんも訪れてみてくださいね!

<店舗情報>
ウッドデザインパーク
住所:愛知県岡崎市鍛埜町字日面8-4
電話:080-5810-6322

ぬかた体験村
住所:愛知県岡崎市石原町字帝口38
電話:0564-83-2069

おとぎの蔵 豆の樹
住所:愛知県岡崎市竜美南2-6-11
電話:0564-77-7000

8830 MISO(はちはちさんまる みそ)
住所:愛知県岡崎市康生通西2-20-2(岡崎シビコ東1F)
電話:090-8676-5953
※ 営業は、毎週日曜9:30~11:30限定です。

『花咲かタイムズ』はTVerで見逃し配信中!

トップページから「花咲かタイムズ」で検索

【画像】
※ CBCテレビ『花咲かタイムズ』

※ 記事内の情報は、2018年6月時点のものです。

Recommend今あなたにおすすめ