CUCURU(ククル) > 美容・健康 > 仕上がりに差が出る!「脱毛シート」使用前にチェックしたい3つの準備

仕上がりに差が出る!「脱毛シート」使用前にチェックしたい3つの準備

画像:野村純子

ムダ毛のお手入れに、ベリッと剥がすタイプの“脱毛シート”を使われる方も多いですよね。100円ショップでも買えるので、試してみようという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

“貼ってはがすだけ”といたって使い方はシンプルなのですが、一気にはがして毛を引っこ抜くことになるので、肌に無駄な負担をかけないようにしたいものです。

そこで今回は、筆者がエステティシャンとして脱毛を扱う際に、気をつけていることをご紹介します。脱毛シートの使用前に参考にしてくださいね。

 

■1:シートは使用面積に合わせて切ればOK

画像:野村純子

まずは、1パックに含まれる脱毛シートの大きさや枚数をよく確認して買いましょう。筆者が試しに購入したものは、大6面、小4面のセットで、ひざ下なら両脚に間に合いそうです。

画像:野村純子

ですが毛量は、シートに合わせて都合よく密集していないことがほとんど。もしも毛の群集があちこちまばらなときは、ハサミで適当な大きさに切って使えば、毛のないところまで貼らなくて済みますよ。

それだけでなく、1枚のシートは1発勝負! まるっと大きいままのシートを、キレイにはがす“勢いに自信のない方”は、あえて分割して使うのもいいでしょう。

 

■2:毛量を適度に減らしておく

毛量が多かったり、毛足が長い方は特に注意です。毛が重なり合っていると、粘着シートがキャッチしきれない可能性があります。毛が残ったとしても、立て続けに何度もはがすのは肌への負担が増えるので避けたいところ。

皮膚上に5mmくらい出ているのがちょうど扱いやすいでしょう。

 

■3:傷跡や虫刺されにはクリームを

画像:野村純子

使用上の注意として「傷、はれ、湿疹、皮膚炎があるときは使用しない」と書いてありますが、スネにかさぶたが1つあるだけで脱毛できないとしたらちょっと不便ですよね。

そんなときは、手持ちのクリームやオイルを塗っておきましょう。油分の上からはシートが粘着しにくくなります。

反対に、日頃保湿クリームを塗っていると、シートの粘着性が悪いことがあります。油分は洗い流し、水分は拭き取った状態で使用しましょう。

 

いかがですか? “貼ってはがすだけ”という手軽さから、買ってきたらすぐ試してみたくなりそうですが、お肌を傷めないためにも、ひと手間かけることをオススメします。

もちろん各商品の説明はよく読んでから行ってくださいね。

【画像】
※野村純子