CUCURU(ククル) > グルメ > パティシエが作る超本格派!名古屋・覚王山『シェ・シバタ』のかき氷が絶品

パティシエが作る超本格派!名古屋・覚王山『シェ・シバタ』のかき氷が絶品

名古屋・覚王山『シェ・シバタ』

画像:シェ・シバタ名古屋

暑い日が多くなってきた今日この頃ですが、夏といえば冷たいものが欲しくなりますよね。

色々と思い出されるものはあると思いますが、夏に人気なのは“かき氷”ではないでしょうか?

本日は、東海で人気のパティスリーで名古屋・覚王山にある『シェ・シバタ名古屋』の、夏季限定かき氷をご紹介いたします!

 

■デザインと素材を大切にする『シェ・シバタ名古屋』

『シェ・シバタ名古屋』は、岐阜県多治見市出身のオーナーパティシエ柴田武氏のパティスリー2号店として、2006年に覚王山にOPENしました。

名古屋・覚王山『シェ・シバタ』

画像:河村弘子

柴田氏のオリジナリティーを生かし、海外から受けたインスピレーションを大切にした奇抜なデザインで知られていますが、見た目だけではわからない味わいのあるスイーツを数多く生み出しています。

名古屋・覚王山『シェ・シバタ』

画像:河村弘子

素材にこだわり、世界各地に出向いて選び抜いたものを使用しています。よく使われるカカオやチョコレートは、フランス産のものからベトナム、エクアドルのものを使い分けるなどスイーツに合わせて素材を選び抜いています。

名古屋・覚王山『シェ・シバタ』

画像:シェ・シバタ名古屋

また、店内はテイクアウトだけでなく白で統一された落ち着いたイートインスペースもあり、老若男女問わず人気のパティスリーです。

 

■まるでスイーツ!? こだわり抜かれたパティシエが作るかき氷

『シェ・シバタ名古屋』では、6年前の夏より夏季限定のかき氷を販売しています。イートインのみになりますが、ケーキを作るときと同じ材料を使い作られているそうです。

生クリームやフルーツはもちろんですが、ピューレはフランス産のものを使用し、ソースもすべてにこだわりが光ります。

それでは、『シェ・シバタ名古屋』にて食べることのできるかき氷をご紹介します!

(1)トロピック(税別960円)

名古屋・覚王山『シェ・シバタ』

画像:シェ・シバタ名古屋

パッション・マンゴーの自家製ソースにフレッシュマンゴーを加えたトロピカルなテイストになっている商品。シロップではなくフルーツソースを使用しています。

6年前の初回からのメニューで、根強い人気でリピーターも多いそうですよ。今年は、初の生クリームがトッピングされましたが、こちらの生クリームも生菓子に使用されるこだわりのクリームが使われています。

(2)フリュイ・ルージュ(税別960円)

名古屋・覚王山『シェ・シバタ』

画像:河村弘子

こちらの商品も、6年前より販売されている商品です。毎年リピーターも多く人気があります。こだわり抜かれた4種の赤い実を使用した特製ソース、フレッシュなイチゴなどのフルーツ、さらにこだわりのフランス産ピューレや生クリームがたっぷり。

すべて生菓子に使われる素材が使われ、かき氷でありながらスイーツを食べているかのような食感です。

(3)ミルクティー(税別880円)

名古屋・覚王山『シェ・シバタ』

画像:河村弘子

昨年発売され大人気だったミルクティーが今年も登場! こだわりの紅茶専門店より茶葉を取り寄せ茶葉から抽出された紅茶を使用し、香りをそのままシロップにました。

アールグレイ風味のジュレと練乳を使用することで、ミルクティー味を再現。甘すぎないので甘いものが苦手な方でも美味しくいただけます。

(4)ぺーシュ・シトロン(税別880円)

名古屋・覚王山『シェ・シバタ』

画像:河村弘子

こちらは今年の新作です。桃の特製ソースにコンポートを加え、レモンとフランボワーズのジュレで酸味をプラスしています。ジュレの酸味が、アクセントになりすっきり食べられる商品です。

こちらの商品のみ練乳がなく、すっきりとしたさわやかなテイストです。

(5)タヒチバニラの自家製アイスクリーム(税別280円)

名古屋・覚王山『シェ・シバタ』

画像:河村弘子

こちらの、かき氷の上にのっているバニラアイスは、世界最高級とされている“タヒチバニラ”を使い作られています。

夏季限定かき氷の時期のみ作られていますが、とても貴重なバニラのためかき氷にトッピングという形のみで販売されています。

アニスフレーバーとほのかなキャラメル風味が特徴で、口に入れてすぐ溶けるよう計算された固さで提供され、濃厚なバニラ味を楽しむことができます。ぜひかき氷と一緒に注文してみてくださいね!

 

いかがですか?

東海で人気の『シェ・シバタ名古屋』の夏季限定かき氷をご紹介いたしました。9月末までの期間限定ですが、材料がなくなり次第終了となりますので、気になる方はお早めに足を運んでみてくださいね。

暑くなると行列もできるそうなので、OPEN時間に行くのがおすすめですよ。

<店舗概要>
シェ・シバタ名古屋
住所:愛知県名古屋市千種区山門町2-54
アクセス:名古屋市市営地下鉄東山線覚王山駅1番出口より徒歩2分
電話:052-762-0007
営業時間:10:00~20:00
定休日:火曜日、不定休あり

【画像】
※ シェ・シバタ名古屋
※ 河村弘子

※ この記事は、2018年7月時点の情報です。

Recommend今あなたにおすすめ