CUCURU(ククル) > グルメ > SNSでも話題!名古屋市南区・ドゥドボワの「丸ごと桃パフェ」が超豪華

SNSでも話題!名古屋市南区・ドゥドボワの「丸ごと桃パフェ」が超豪華

名古屋市南区『ドゥ・ド・ボワ』

画像:大橋千珠

桃が美味しい時期になってきましたね。いろいろなお店で桃のスイーツを見る機会も増えてきました。

今回ご紹介するのは、完熟した桃を丸ごと1個使った『桃パフェ』が食べられる『DEUX DE BOIS(ドゥドボワ)』。名古屋市南区にあるお店で、最寄駅は名鉄常滑線の大江駅ですが、駐車場もあるので車でのアクセスが便利です。

桃パフェはインスタグラムでも話題で、連日桃パフェを求めてたくさんの方が訪れています。筆者もさっそく魅力を伺ってきました!

 

■ゆったり過ごせるイートインスペース

“ドゥ・ド・ボワ”とはフランス語で“2本の木”という意味。木の下に笑顔、喜び、温もりが集うお店にしたいという意味が込められているそうです。

名古屋市南区『ドゥ・ド・ボワ』

画像:大橋千珠

大きなガラス張りの店内は、太陽の光がたっぷり入るので明るく心地の良い雰囲気。お店に入って右手にテイクアウトのスイーツ、左手にイートインの席があります。イートインの場合は初めにレジで注文を済ませてくださいね。

名古屋市南区『ドゥ・ド・ボワ』

画像:大橋千珠

イートインスペースはテイクアウトの場所と区切られているので、ゆったり過ごせます。テラス席もあるので、気候の良い日はそちらで食べるのも良いですね。

 

■期間限定『桃パフェ』(税別1,200円)が超豪華!

名古屋市南区『ドゥ・ド・ボワ』

画像:大橋千珠

こちらが超人気の期間限定スイーツ『桃パフェ』(税別1,200円)。注文できるのは12:00〜18:00の間です。

名古屋市南区『ドゥ・ド・ボワ』

画像:大橋千珠

パフェの一番上には東海市『オズ果樹農園』のフランボワーズがのっています。完熟でささやかな酸味としっかりとした甘みが特徴。桃を食べる前から、フランボワーズの美味しさに感動です!

名古屋市南区『ドゥ・ド・ボワ』

画像:大橋千珠

完熟した桃の下には桃のソルベがあります。爽やかな桃の香りと風味豊かな味わいを閉じ込めているので、ソルベだけでも十分な美味しさです。

フランボワーズのソースが見た目にも華やかで目を引きますが、生クリーム、カスタード、パリパリに焼いたクレープを砕いたロイヤルティーヌなども入っておりとっても豪華。

そして、大本命である桃はジューシーでみずみずしく、ほどよい甘みがあり美味しい! 中にもカットした桃が入っており、1つの桃パフェで桃を丸ごと味わうことができました。

 

■他にもこだわりのケーキがたくさん!

名古屋市南区『ドゥ・ド・ボワ』

画像:大橋千珠

ずらっと並んでいるケーキはどれも華やかで目を惹きます。シンプルで分かりやすいケーキを作っているとのことで、どれも素材の美味しさを楽しめるものばかりです。

名古屋市南区『ドゥ・ド・ボワ』

画像:大橋千珠

中でも人気なのがシュークリームで、サクサクのクッキーシューの中は、こだわりの卵から作られたカスタードが入っています。

東海市の卵屋さんのものを使用。鶏の餌は人工肥料などを使わず、自然のものだけを使用しているとのこと、旨味がたっぷり詰まった卵なんですよ!

名古屋市南区『ドゥ・ド・ボワ』

画像:大橋千珠

旬のフルーツを味わえるケーキもあり、こちらのブルーベリータルトに使われてるブルーベリーは、東海市『オズ果樹農園』の完熟ブルーベリーです。

名古屋市南区『ドゥ・ド・ボワ』

画像:大橋千珠

今の時期は大ぶりで皮も薄く、甘いのが特徴です。ブルーベリー好きな方は、ぜひチェックしてくださいね!

名古屋市南区『ドゥ・ド・ボワ』

画像:大橋千珠

夏らしいジュレは5種類あります。彩り豊かで、手土産にももってこいのサイズです。

名古屋市南区『ドゥ・ド・ボワ』

画像:大橋千珠

名古屋市南区『ドゥ・ド・ボワ』

画像:大橋千珠

その他、焼き菓子やラッピングされたお菓子も揃っており、プレゼントに購入する方も多いそうですよ。

 

いかがですか? 旬の桃パフェを食べたい方、人気のシュークリームを食べたい方、いろんな種類のケーキを食べたい方、ぜひ行かれてみてくださいね!

<店舗情報>
DEUX DE BOIS(ドゥ・ド・ボワ)
住所:愛知県名古屋市南区加福本通1-1
電話:052-614-5507
営業時間:9:30~19:00
定休日:水曜日

【画像】
※ 大橋千珠

※ この情報は、2018年7月時点の情報です。

Recommend今あなたにおすすめ