CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > 喧嘩したらどうすればいい?マヤ暦が導く4日間の「恋愛・仕事・金運」占い

喧嘩したらどうすればいい?マヤ暦が導く4日間の「恋愛・仕事・金運」占い

画像:Dean Drobot / Shutterstock

マヤ暦で見ると、6月20日(水)〜6月23日(土)の4日間は、“戦い”や“指令する”、“強気”を意味するエネルギーがこの地球上に流れる期間となります。

どのように過ごしていくことで運気アップしていくのでしょうか? マヤ暦アドバイザーの筆者が過ごし方のポイントをご説明してまいります。

 

■6月20日(水)〜6月23日(土)の4日間の「恋愛運」

この時期、恋のライバル出現なんてことも起こりやすいとき! でも、気持ちで負けてはいけません。恋の成就を願うのならば、強い意志で、彼(彼女)と向き合いましょう。思いを寄せる相手に本気の心でぶつかってみてください。

「私なんて……」「どうせ……」と諦めてしまえばそこまで。強い意志と諦めずに立ち向かう姿勢こそが、恋の勝利をつかむポイントとなるのです。

すでにカップルや夫婦の場合も、この時期、互いに意見の食い違いや、喧嘩になることもあるかもしれませんが、対立しようとしたり、駆け引きしたりするのではなく、お互いの思いをちゃんと腹を割って話し合ってみてください。

お互い向き合おうと努めることで、今までよりもさらに深く理解し合えることでしょう。

 

■6月20日(水)〜6月23日(土)の4日間の「仕事運」

もしも今、仕事で勝負のタイミングが来ているなら、逃げたり見過ごしたりするのではなく、「いざ進め!」と向かっていくことが大切。強いエネルギーが流れているからです。積極的に事を動かしていきましょう。

でも、何か迷ったり困ったりしたときは、独りでなんとかしようとするのではなく、周囲にいる指導者や先輩に助言を求めること。弱気になる必要はありません。どうしたら物事を成功に導くことができるか?前向きに積極的に考えて行動していくのです。そのために目上の知恵を借りましょう。

もちろん仕事を進めるときは、助言を大切にしながらも自らが責任者のつもりで、目の前の問題や取り組むべき仕事に真正面から向き合っていきましょう。

自分勝手な尺度を捨てて、天に仕えるような気持ちでことに当たることで、成功を手にすることができるでしょう。

 

■6月20日(水)〜6月23日(土)の4日間の「金運」

この時期、待っていても収入アップは見込めないとき。積極的に自らお金を動かしていくような動きが求められます。例えば、投資などお金を積極的に増やしていく動き。

ただし、大きなお金を動かしてくときは、有識者の意見を仰いでいきましょうね。

 

■6月20日(水)〜6月23日(土)の4日間の「1日ごとの運気」

6月20日(水)の運気

“広げる”エネルギーにのって物事が広がるとき。

開店・広告宣伝活動など、今後広げていきたいことがあるならば、この日にスタートさせることがオススメです。

6月21日(木)の運気

自分を肯定的に捉えてくれる人の意見ばかりじゃなく、時に苦言や進言をしてくれる人に耳を傾けましょう。

そうすることで自らの思考の幅を広げることができることでしょう。

6月22日(金)の運気

どなたも“カン”が鋭くなるときですが、過信したり、カンに頼り過ぎたりすると失敗のもと。

気をつけていきましょう。

6月23日(土)の運気

自分が言葉を発するとき、“公益”を意識していますか?

自らの思いを実直に語ることは素晴らしいですが、相手を尊重したり、思いやったりする気持ちを忘れずに発言しましょう。

 

いかがですか?

宇宙のエネルギーを味方につけて、今日もご機嫌な一日を過ごしましょうね!

【画像】
※ Dean Drobot / Shutterstock